倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
cafe 2MUG(カフェニマグ) ~ 散策のお供に米粉のふわふわオムレットはいかが?岡山県産の食材を使った隠れ家カフェ

cafe 2MUG(カフェニマグ) ~ 散策のお供に米粉のふわふわオムレットはいかが?岡山県産の食材を使った隠れ家カフェ

食べとこ , カフェ , グルメ / 2020.06.20

岡山の美味しさをオムレットで味わって。cafe2MUG 店長、早川翼(はやかわ つばさ)さんインタビュー

cafe2MUG 店内

お店はアパレルショップの奥、ちょっと珍しい場所にありますね。カフェをオープンした経緯をお話しください。

早川
もともと、カフェの建物と「このいと紡 tsumugu」(以下、このいと紡)は同じオーナーさんの持ち物です。
cafe 2MUGと、このいと紡は、言うならば姉妹店のようなものでしょうか。

これまでカフェのスペースは(倉敷ジャズストリートなどの)イベント限定で解放されていたのですが、「美観地区に来る人が休める場所を作りたい」とカフェに改装されました。

このいと紡の店前にカフェの看板を出しているので、お洋服を見つつ、カフェにも来てもらえたらと思います。

カフェの店名「2MUG」ですが、ニマグと読むのでしょうか。名前の由来は何かありますか。

早川
はい、「ニマグ」と読みます。2つの意味から2MUG(ニマグ)とオーナーが名付けました。

1つ目は「マグカップ」のマグから、2つ目は「つむぐ」とも読めるところから来ています。2はツー、MUGはそのままムグですね。

マグカップのマグには、「」という意味もあるんです。「cafe2MUG」と「このいと紡」で、姉妹店のようにこの地域を盛り上げていけたらという気持ちです。

cafe2MUG オムレット

カフェのメインメニュー「オムレット」について、何か思い入れがあるのですか。

早川
オーナーさんから「カフェをやってみないか」と声をかけてもらったとき、何か他にはないもの、他のお店がやっていないものをメインにしたいと考えました。

それと、岡山県には美味しいフルーツがたくさんあるし、フルーツも使いたかったんです。

せっかく美観地区でカフェを出すのなら、お客さんに岡山のものを食べて、岡山の食材の魅力を知っていただきたいと思ってメニューを作りました。

オムレットの魅力は、どんなところにあると思いますか。

早川
卵をたっぷりと使っているので、ふわふわとした軽い口当たりだと思います。果物でもナッツでもなんでもトッピングできるし、メニューの幅がとても広いんです。

2MUGのオムレットは、100%米粉を使ったグルテンフリーのオムレットです。カスタードも米粉を使い、お腹に重たくならないよう、甘さも控えめにしています。

2MUGのオムレットなら、気軽にテイクアウトもできて良いですね。

早川
そうですね。もともとテイクアウト込みでオープンする予定だったので、そのつもりでメニューも考えていました。

オープン早々に新型コロナウイルスでどうなるかと思いましたが、2020年5月中はテイクアウトのみで販売できたこともあり、準備をしておいて良かったです。

2020年3月20日にオープン、すぐにコロナウイルスで緊急事態宣言と、大変だったのではないですか。

早川
4月から1ヶ月お店をお休みさせてもらって、5月からはテイクアウトのみ、6月から店内飲食もできるようにしました。

お休み中はかき氷のシロップを作ったり、通販サイトで焼菓子販売の準備をしたり、なんだかんだのんきにしていましたね(笑)。
じっくりとメニュー開発の時間が持てた、と前向きにとらえています。

2MUG 店内

今後のお店のこと、「こんなふうにしていけたら良いな」と考えていることはありますか。

早川
そうですね、まずは中庭を活用できたら良いなぁと思っています。小さなお子さんが遊べるスペースになったらいいなって。

ここは静かだし、道路もないし、大人がのんびりお茶を飲んで、子どもたちが安全に遊べるようなスペースが理想ですね。

あと、近隣の店舗とコラボレーションも企画しています。フラワーアレンジメント講習と2MUGのランチなど、いろいろ計画中です。

カフェで使っている果物や卵の直売もやってみたいし…、せっかく美観地区でカフェを開いたので、この地域を盛り上げていきたいですね。

cafe2MUG 中庭

みんなが安らぐ憩いのスポットに

cafe 2MUG オムレット

静かなカフェで、美味しいオムレットとコーヒーをいただく至福の時間。

これからは、美観地区でそんな時間が過ごせるのだなぁ、と思うと嬉しくなりますね。

ふわふわのオムレットは、2つ、いや3つでも(!)ぺろりと食べてしまいそうな美味しさです。

大人も子供も、みんなに優しい、美観地区の憩いの場「cafe 2MUG」。

大事な人を招待したくなる、そして岡山県をもっと好きになる、とっておきのカフェになりそうです。

cafe 2MUGのデータ

cafe2MUG 外観
名前cafe 2MUG
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市本町10ー3
電話番号080-4558ー0076
駐車場なし
営業時間午前11時~午後5時(ラストオーダー午後4時30分)
※2020年6月現在、短縮営業中。通常は午前11時~午後6時まで。
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • Suicaなど交通系ICカード・iD・QUICPay・PayPay
予約の可否
座席12席 テーブル3×3 カウンター1×1
※2020年6月現在、座席を減らしています。通常は20席。
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページcafe 2MUG(Instagram)
あまむらみちえ

あまむらみちえ

甘味、辛味、お肉が大好きな食いしん坊ライター。チーズケーキと担々麺に目がありません。2児の母でもありますが、子どもと争って食べている大人げないアラフォーです。
大好きな倉敷美観地区の、美しくて美味しい魅力をお届けいたします!

cafe2MUG オムレット

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • カフェ
  • cafe 2MUG(カフェニマグ) ~ 散策のお供に米粉のふわふわオムレットはいかが?岡山県産の食材を使った隠れ家カフェ