倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
第15回くらしき未来K塾/第2回高梁川流域未来キャリア教育セミナー ~ キーワードから読み解くSDGs

第15回くらしき未来K塾/第2回高梁川流域未来キャリア教育セミナー ~ キーワードから読み解くSDGs

イベント情報 / 2020.08.11

倉敷美観地区にある国指定重要文化財の「語らい座 大原本邸」。

観光施設としての役割だけでなく、新たな交流・ビジネスのきっかけとなる「触媒」として、教育プログラムにも力を入れています

くらしき未来K塾」はそのひとつ。
2020年度は倉敷市委託の「高梁川流域未来キャリア教育セミナー」としても開催されています。

そして、第15回のテーマは「キーワードから読み解くSDGs」。

倉敷市が、令和2年度「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定された直後の開催となりました。

2020年7月25日(土)に開催された、「第15回くらしき未来K塾 ~キーワードから読み解くSDGs~」のようすをレポートします。

Ads by Yahoo! JAPAN

「高梁川流域未来キャリア教育セミナー」とは

高梁川流域未来キャリア教育セミナー

2020年度の「くらしき未来K塾」は、「高梁川流域未来キャリア教育セミナー」としても開催されています。

「高梁川流域未来キャリア教育セミナー」とは、倉敷市の事業と連携し、教師・企業・地域のつながり作りを応援する月1回のセミナーです。

全5回のセミナーで、今回は2回目の開催。

第1回のレポートは、以下の記事を見てください。

第15回くらしき未来K塾 ~キーワードから読み解くSDGs~の概要

キーワードから読み解くSDGs

今回のテーマは「キーワードから読み解くSDGs」です。

セミナーの流れは以下のとおりでした。

形式内容登壇者
講演キーワードから読み解くSDGs吉川幸氏
シェアタイム皆さんの「!」や「?」をシェア 
分科会セッション学びを変革するために「わたし」にできること 
発表参加者による発表と講師の総評 

この回まで、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、基本的にはオンラインセミナーの形式で参加者を募集。

会場での参加は10名程度で、現地参加のかたも自身のパソコン・スマホからアクセスし、セミナーを聞いたり、交流を行ったりしていました

セミナー冒頭にアンケートが行われ、リアルタイムで関心のある内容を共有します。

チャット機能を使って、参加者同士が交流しているのはオンラインセミナーならではかもしれません。

吉川幸(よしかわ みゆき)さんによる講演

講師の吉川幸さん
講師の吉川幸さん

吉川幸(よしかわ みゆき)さんの講演では、「SDGs」に関して、歴史や考え方を説明してくれました。

タイトルにもある「キーワード」は、以下の4つです。

SDGsのキーワード
  • No One is Left Behind(誰も取り残されない)
  • 見える化
  • 連鎖
  • バックキャスティング(目標から逆算して考える)

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年を年限とする17の国際目標です

SDGsの前には、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)がありましたが、どちらかといえば「開発途上国の課題解決」を目的としていたため、先進国には焦点をあてていませんでした。

MDGsの成果と課題

特に発展の代償として増えた「気候変動と環境悪化」を改善するには、先進国の積極的な姿勢が不可欠です。SDGsではこれらも対象に含めています。

「17の目標」とは、以下のとおりです。

SDGs 17の目標

ひとつひとつの目標は、なんとなく理解できると思います。では、日本の現状はどうなのでしょう。

2019年の達成状況は、以下のとおり。

2020年の日本における達成状況
引用元:Sustainable Development Report 2020
  • 4、9、16が達成
  • 5、13、14、15、17が未達成

という傾向が読みとれ、「誰の目にも分かりやすく」することで、やるべきことは見えてきます。

では、目標を「ひとつひとつ」達成していけばよいのでしょうか?

SDGsは「すべて達成できるか、すべて達成できないかのいずれか」

SDGsは全部できるか、全部できないか

吉川幸さんは、SDGsは「すべて達成できるか、すべて達成できないかのいずれか」と話しました

その理由として、分かりやすかった事例を紹介します。

「6:安全な水とトイレを世界中に」はなぜ必要なのか?

水不足を起因に、さまざまな問題が発生します。

  1. 気温上昇により、砂漠化が進み、農業が衰退する
  2. 農業では収入が得にくくなり、農村から都市部へ人が流出する
  3. 都市は人口の急増により、住居が不足してスラムが生じ、衛生環境が悪化する
  4. 仕事に就けない若者を勧誘する、過激派組織が増加する

1つの問題が解決できなかったことで、他の問題にも「連鎖」していく

この視点が重要です。

バックキャスティングが重要

このため、SDGsは現状から何をするか(フォアキャスティング)ではなく、到達点から逆算して何をするか(バックキャスティング)で考える必要がある、と吉川さんは話していました。

分科会セッション

分科会セッション

ここまでの説明をもとにSDGsに関しての質疑応答があり、休憩を挟んで分科会セッションが行われました。

くらしき未来K塾は、「セミナー」として話を聞くだけでなく、参加者同士が交流する時間を重視しています

分科会セッションのテーマは、学びを変革するために「わたし」にできること

会場に参加しているかたもオンライン参加のかたも、全員がオンライン上で議論をします。

会場参加もオンラインで分科会に参加

会場にいながら、それぞれ別の場所でスマホ片手に話しているのは、「コロナ禍」らしいシーンですね。

約40分ほどそれぞれのグループで話し合ったあと、どんな意見が出たかを、グループごとに発表しました。

「SDGs」という大きなテーマですが、「自分ごと」として話していたのが印象的です

吉川幸さんが、発表ごとにコメントをし総括をしましたが、まだまだ話し足りないという雰囲気のなか、終了となりました。

おわりに

くらしきみらいK塾

くらしき未来K塾は、「教育」をテーマにしたセミナーです。

今回のテーマは「SDGs」でしたが、どちらかといえば壮大なテーマが多くなりがち。

ですが、大学生くらいの若者から、学校の先生・会社経営者などさまざまな属性のかたが参加し、活発に議論をしています

特に「オンラインは若者の参加が多い」というのが特徴でしょう。

終了後、「近所に住んでるんで、そっち行っていいですか?」といい、会場で話の続きをしていた大学生は印象的でした。

くらしき未来K塾は「第4土曜日」に開催されています。

最新情報は、「高梁川流域未来教育セミナー」のWebサイトを確認してみてください。

第15回くらしき未来K塾/第2回高梁川流域未来キャリア教育セミナーのデータ

語らい座大原本邸
名前第15回くらしき未来K塾/第2回高梁川流域未来キャリア教育セミナー
地域
季節
期日2020年7月25日(土) 午後1時~3時
場所岡山県倉敷市中央1丁目2-1
参加費用(税込)無料
ホームページ高梁川流域未来キャリア教育セミナー
Ads by Yahoo! JAPAN
戸井健吾

戸井健吾

1979年生まれ、倉敷市在住
2児の父親

システムエンジニアの仕事に携わりながら、ブログ・イベント運営など様々な仕事を行っています。
2018年からはフリーランスです。

このサイトでは自分自身が美観地区を楽しみながら、「行ってみたい」と思える情報を発信することをモットーにしています。

信頼できるWEBメディアになれるように、メンバーが一丸となって運営しています。

第15回くらしき未来K塾/第2回高梁川流域未来キャリア教育セミナー ~ キーワードから読み解くSDGs

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。