倉敷とことこ
DENIM HOSTEL float ~ 瀬戸内海の絶景を眺める、「いいもの」が詰まったカフェ&ホステル

DENIM HOSTEL float ~ 瀬戸内海の絶景を眺める、「いいもの」が詰まったカフェ&ホステル

グルメ , 泊まっとこ , ホテル・旅館 / 2019.11.30

デニムがコンセプト 全室オーシャンビューホステル

DENIM HOSTEL float

著者はオープンしてすぐに、旅好きな友人たちと貸切で宿泊しました。
到着時から歓声の嵐。
とても盛り上がりました!

デニムにちなんだ内装

「できるところは自分たちで」と作り上げてきた内装には、随所にデニム素材が使われています。

DENIM HOSTEL float

壁の一部やふすまがデニム生地。

DENIM HOSTEL float

カフェカウンターや木椅子は、デニムの染料に使うインディゴで木を染めたもの。

DENIM HOSTEL float

畳縁・クッション・ざぶとん・スリッパもデニムです。

DENIM HOSTEL float

床材には、西粟倉村(にしあわくらそん)の木が使われています。

個室とドミトリーが選べる部屋

DENIM HOSTEL float

部屋の名前は、デニムや場所にちなんだ日本の伝統色から名付けられました。

部屋名 タイプ 価格/1人(税込)
Hanada 個室 6,000円
Asagi 個室 6,000円
Tokiwa 男女混合ドミトリー 4,000円
Akane 女性専用ドミトリー 4,000円

どの部屋も最大4名までで、上記は素泊まり価格です。
オプションで朝食を依頼できます。

DENIM HOSTEL float

畳の部屋なので、ごろんと転がって過ごせました。

お花や照明もかっこいい。
古い建物をリノベーションしているので、懐かしさとおしゃれさのハイブリッドだなと感じました。

DENIM HOSTEL float

全室オーシャンビューで、朝起きたら美しい景色が広がっているので、とても気持ちよく目覚められました。

DENIM HOSTEL float

バス・トイレは共用です。

DENIM HOSTEL float

時間予約制のシャワーは、個室ではありません。

1つの浴室に3つシャワーが付いているので、家族で宿泊する際に一緒に使えるのが嬉しいポイントです。

極上のタオルやアメニティ

DENIM HOSTEL float

タオルは、理念と品質にファンの多いIKEUCHI ORGANIC(イケウチオーガニック)さんのもの。
オーガニックコットンと風力発電の風で織っている、ふわふわのタオルです。

著者にとっては、ずっと使ってみたかった憧れの品。
実際に使用して、想像以上の心地よさに感動しました。

宿泊料金1泊10,000円以下のホテルで、アメニティにIKEUCHI ORGANICを使うのは、floatが初めてだそうです。

DENIM HOSTEL float

シャンプー・リンスは、富士山の湧き水を利用して丁寧にものづくりしている松山油脂さんのもの。
ボディーソープ・ハンドソープは、環境に優しい木村石鹸さん。

友人間でも、使い心地が大好評でした。

BBQ・SUP・インディゴ染めもできる

宿泊以外にも、楽しめることがあります。

DENIM HOSTEL float

海を見ながらプライベートスペースでBBQ

DENIM HOSTEL float

人の少ない浜辺で、波に揺られるSUP(サップ/スタンドアップパドル)

開放感と、穏やかなゆらぎが気持ちいい!
優しく乗りかたを教えてもらい、スポーツが苦手な筆者でも楽しめました。

DENIM HOSTEL float

デニムを染めるのに使われるインディゴで服や小物を染める、インディゴ染体験(事前予約制)。

気分が変わったり、シミができて着られなくなった服も、蘇ります。

下の写真は、持ち主と一緒に世界を1周した、白いワンピース。

DENIM HOSTEL float

きれいな藍色に染まりました。

DENIM HOSTEL float

左から、Tシャツ・ワンピース・パンツがインディゴ染めしたもの

予約方法・料金など詳しくは、floatにお問い合わせください。

どうして、デニム屋さんがfloatをはじめたのでしょうか。

デニム兄弟の兄・山脇耀平(やまわき ようへい)さんと、弟・島田舜介(しまだ しゅんすけ)さん、地域おこし協力隊でfloatスタッフの池上慶行(いけがみ よしゆき)さんに話を聞きました。

インタビューを読む

DENIM HOSTEL floatのデータ

名前DENIM HOSTEL float
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市児島唐琴町1421-26
電話番号
駐車場あり
坂の下に40台ほど停められる無料市営駐車場あり
営業時間カフェ:午前11:30〜午後10:30(ラストオーダー午後10時)

ホステル:
 チェックイン 午後4時~午後10時
 チェックアウト 午前10時
夜間営業
定休日
ホステルは定休日なし
支払い方法現金
予約の可否
座席テーブル席:12
タバコ
トイレ
子育て授乳室はないが、空いているスペースが使える。スタッフに声かけが必要
バリアフリー
ホームページDENIM HOSTEL float Instgaram
吉野なこ

吉野なこ

写真と旅を愛する、倉敷そだちのデザイナー。
倉敷のときめくものや素敵なところをお届けします!

DENIM HOSTEL float

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • DENIM HOSTEL float ~ 瀬戸内海の絶景を眺める、「いいもの」が詰まったカフェ&ホステル