倉敷とことこ
大衆割烹 たご作 〜 瀬戸内の鮮魚やこだわりの手づくり料理が魅力!冬はあんこう鍋・ぼたん鍋が名物

大衆割烹 たご作 〜 瀬戸内の鮮魚やこだわりの手づくり料理が魅力!冬はあんこう鍋・ぼたん鍋が名物

グルメ / 2019.10.16

割烹(かっぽう)料理店といったらどんな印象があるでしょうか。

「ちょっと高めの和食店」
「ハードルが高そう」

そんなイメージがありますよね。

倉敷駅前の鶴形にある「大衆割烹 たご作」は「大衆」と名前にあるとおり、気軽に入れるお店です。

しかも、たご作の大将・千地岩(ちじいわ)さんは、長年にわたって和食を中心に料理人として働いてきた本格派。

たご作では、そんな本格派の料理人がつくる、地元の鮮魚などの魅力的な食材を使った家庭的な料理を楽しめるんですよ。

しかも割烹の域を越え、中華や洋食までと、メニューが豊富。
さらに、冬には「あんこう鍋」や「ぼたん鍋」も人気で、お店の名物です。

そんな大衆割烹 たご作を紹介します。

大衆割烹 たご作のデータ

たご作;外観
名前大衆割烹 たご作
地域
お店の分類
ジャンル


今回の費用
お通し代あり:200円(税別)
住所岡山県倉敷市鶴形1丁目2-5 坂本ビル 1階
電話番号086-425-0182
駐車場なし
営業時間午前11時〜午後2時 (ラストオーダーは午後1時30分)
午後5時〜午後11時 (ラストオーダーは午後10時30分)

※ ランチ営業は月〜金曜日(祝日除く)のみ
夜間営業
定休日
支払い方法現金
予約の可否
電話にて受付
座席全25席

・カウンター:7脚
・2人掛け座敷:3卓
・4人掛け座敷:3卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカー入店可能
・子供用食器あり
バリアフリー車椅子入店可能だが、入口に段差あり。トイレは車椅子非対応

たご作への行き方

道順を確認

たご作は地元のお客さんでにぎわう、いろいろな料理が楽しめる大衆的な店

たご作;外観

たご作は、割烹料理店です。

割烹というとハードルが高い印象ですが、たご作は「大衆割烹」。
庶民的な料理を楽しめます。

平日の昼にはランチもしていて、家庭的でバランスのよいメニューが人気です。
夜は、居酒屋のようにいろいろな料理を楽しみながら、お酒を呑めます。

たご作:店内

店内の雰囲気も落ち着いていて、気兼ねなく入店できます。

たご作:店内

カウンター席は7脚。
目の前で、大将が調理します。

たご作:店内

2人がけの座敷は、3卓ありました。

たご作:店内

奥には、4人がけの座敷も。
全部で3卓あります。

和・洋2種類が選べる!たご作のランチ

たご作:とある日のランチメニュー事例

とある日のランチメニュー

たご作は、平日に限りお昼の営業をしています。
メニューは和と洋2種類のランチ

和か洋のメイン料理に、小鉢2品漬けもの味噌汁白米がついて、食後にはコーヒーも。

メイン料理はもちろん、小鉢・汁・漬物まで、ほぼすべて当店の手づくりですよ。

このボリュームと内容、しかも手づくりで、なんと税込800円は安い!

なお、毎日メイン・小鉢・味噌汁の具材の内容は変わります。

たご作のメニューは消費税別ですが、ランチメニューのみ消費税込になります(2019年(令和元年)10月現在)。

▼取材時のランチ(和)

たご作:ランチ(和)

▼メインは「タイのあら煮」でした。

たご作:ランチ(和)のタイのあら煮

▼小鉢のひとつは「きんぴらゴボウ」。

たご作:ランチ(和)の小鉢(きんぴらゴボウ)

▼もうひとつの小鉢は「切り干しダイコンの煮物」でした。

たご作:ランチ(和)の小鉢(切り干しダイコンの煮物)

▼お漬物は、大将自身が漬けたものだそう。

たご作:ランチ(和)の小鉢(漬物)

▼家庭的な落ち着く味の「味噌汁」。

たご作:ランチ(和)の小鉢(味噌汁)

バランスがよく、とても家庭的なやさしい味わいのランチでした。
しかも、ボリュームも満点です。

たご作のランチは、毎日お昼ごはんに通いたいほど。
コスト・パフォーマンスは抜群です!

たご作自慢の瀬戸内の鮮魚料理

たご作の一番の自慢は、瀬戸内の鮮魚をつかった料理です!

鮮魚料理は、メニューに載っているもののほか、その日に仕入れた材料で毎日変わる、日替わりのメニューもあります。

刺身の盛り合わせ

鮮魚料理で、一番のおすすめは「刺身の盛り合わせ(刺盛)」!

刺身の盛り合わせは、1人前で1,000円(消費税別)です。

▼新鮮なお魚が、何種類も味わえます(写真は2人前)。

たご作:刺身盛り合わせ

▼取材時の盛り合わせは、写真中央下部より時計回りに、サーモン・サワラ・カツオ・シマアジ・カンパチ。

たご作:刺身盛り合わせ

盛り合わせされる魚の種類は、季節はもちろん、その日の入荷によって変わります。

▼握り寿司のネタでもおなじみの「サーモン」。

たご作:刺身盛り合わせのサーモン

▼とろけるような舌触りと甘さがたまりません。

たご作:刺身盛り合わせのサーモン

▼岡山周辺では定番の「サワラ」の刺身。

たご作:刺身盛り合わせのサワラ

▼トロッとした身の食感となめらかな舌触り、上品な甘さはサワラならではです。

たご作:刺身盛り合わせのサワラ

▼ほんのり紅色の「カツオ」の刺身。

たご作:刺身盛り合わせのカツオ

▼プリッとした食感と、カツオの奥深い味わいが楽しめます。

たご作:刺身盛り合わせのカツオ

▼見た目も美しい「シマアジ」。

たご作:刺身盛り合わせのシマアジ

▼コリコリとした食感、やさしい甘みやうま味で、私もシマアジの刺身は大好物。

たご作:刺身盛り合わせのシマアジ

▼シマアジとともに私の好物でもある「カンパチ」。

たご作:刺身盛り合わせのカンパチ腹

しかも、カンパチのなかでも特においしいとされる腹の部分の身です。

▼コリッとした歯ごたえがあり、脂がのっていて甘みがあっておいしい!

たご作:刺身盛り合わせのカンパチ腹

刺身の切り身自体も、盛り付けも美しく、おいしさを演出しています。

ビングシの煮つけ

日替わりメニューの中にも、鮮魚料理がたくさんありました。

▼その中で、取材時に食べたのが「ビングシの煮つけ」。

たご作:ビングシの煮つけ

ビングシは「タモリ」「セトダイ」とも呼ばれていて、瀬戸内近辺ではよく食べられている魚ですよ。

▼ビングシは茶色くなって、しっかりと煮込まれて味が染みこんでいるのがわかります。

たご作:ビングシの煮つけ

▼甘い味をしっかりと吸い込んだビングシの身は、フワッと柔らかく、やさしい舌触り。

たご作:ビングシの煮つけ

ごはんが進む、家庭的な懐かしい味わいでした。

ちなみに、ビングシといっしょに煮込まれていたのは、豆腐とナガイモ。
ナガイモはホクホクとしていて、いい意味でナガイモっぽさがなく、おいしかったです。

たご作の夜のメニュー

価格はすべて消費税別です。

▼夜のメニュー。こちらはレギュラーメニューです。

たご作:夜のメニュー

▼日替わりの「本日のおすすめ」メニューは、店内の黒板に書いてあります。

たご作:夜の日替わりメニュー

▼本日のおすすめメニューは店頭にも。

たご作:夜の日替わりメニュー

内容・価格は2019年(令和元年)10月のもの。

冬季限定・たご作名物「あんこう鍋」「ぼたん鍋」は1人から楽しめる!

たご作には、冬季しか食べられない名物料理があります。
それが「あんこう鍋」と「ぼたん鍋」。

あんこう鍋・ぼたん鍋のどちらも一人鍋に対応しています!

一人でも鍋料理が楽しめるのは、うれしいサービスではないでしょうか。

あんこう鍋は、魚の「あんこう」を使った鍋料理です。

たご作の大将は、下関の和食料理店で修業していました。
下関といえばフグ料理が有名ですが、あんこうも名物なんです。

なんと下関はあんこうの水揚げ量が日本一
そんな、あんこう料理の本場の味がたご作で楽しめるんです。

また、あんこう鍋のほかにも「あん肝」などのあんこう料理も楽しめます。

たご作のあんこう鍋で使うあんこうは、おもに境港で水揚げされたものです。

たご作であんこうが楽しめるのは、だいたい12月上旬〜3月ごろ
早ければ11月下旬から食べられるときもあります。

ぼたん鍋は、イノシシの肉が入った鍋料理です。
備前市で獲れたイノシシ肉を直接仕入れています。

たご作でぼたん鍋が楽しめるのは、だいたい11月下旬〜4月くらいまで。

本場下関の味のあんこう鍋、地元で獲れたイノシシ肉のぼたん鍋を、ぜひ楽しんでください!

あんこう鍋・ぼたん鍋とも、1人前で1,000円2人前以上で3,000円〜となります(消費税別)。
あんこう鍋・ぼたん鍋が食べたいときは、必ず事前に予約しましょう。

価格は2019年(令和元年)10月のもの。

ハレノミーノくらしき2019ではぼたん鍋が食べられる!

ハレノミーノくらしき2019では、たご作ではぼたん鍋を提供します。

この機会にぜひ、ぼたん鍋を食べてみてください。

なお、ハレノミーノくらしき2019ではぼたん鍋のほかにも、刺盛・ぶり大根・たこ天などの料理、焼酎・冷酒・梅酒などのドリンクもたくさんそろえています。

各地の日本酒や焼酎もそろう

▼たご作では、アルコールやソフトドリンクなどの飲み物も豊富にそろえています。

たご作:飲み物メニュー

価格は消費税別 (2019年(令和元年)10月現在)

▼特に日本酒には、こだわりがあります。

たご作:日本酒

▼意外と地酒は少なく、国内各地の銘柄がたくさん。

たご作:酒類

たご作:酒類

たご作は、お客さんの各地のいろいろなお酒を飲みたいというリクエストに応えたことが、地酒が少ない理由です。

▼取材時は、秋田県の酒蔵・新政酒造(あらまさ しゅぞう)の人気銘柄「No.6(ナンバー・シックス)」を吞みました。

たご作:新政酒造 No.6

▼スッキリとした口あたりで、芳醇な香り。
吞みやすいお酒です。

たご作:新政酒造 No.6

 

家庭的な味わいの瀬戸内の鮮魚料理、本場下関の味が楽しめるあんこう鍋、地元で獲れたイノシシ肉を使うぼたん鍋など、魅力がいっぱいのたご作。

そんな、たご作の大将・千地岩 昌(ちじいわ あきら)さんにインタビューをしました。

インタビューを読む

大衆割烹 たご作のデータ

たご作;外観
名前大衆割烹 たご作
地域
お店の分類
ジャンル


今回の費用
お通し代あり:200円(税別)
住所岡山県倉敷市鶴形1丁目2-5 坂本ビル 1階
電話番号086-425-0182
駐車場なし
営業時間午前11時〜午後2時 (ラストオーダーは午後1時30分)
午後5時〜午後11時 (ラストオーダーは午後10時30分)

※ ランチ営業は月〜金曜日(祝日除く)のみ
夜間営業
定休日
支払い方法現金
予約の可否
電話にて受付
座席全25席

・カウンター:7脚
・2人掛け座敷:3卓
・4人掛け座敷:3卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカー入店可能
・子供用食器あり
バリアフリー車椅子入店可能だが、入口に段差あり。トイレは車椅子非対応
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。倉敷観光に深みとコクをあたえます!岡山県から広島県東部までの"吉備エリア"の情報サイト『きびナビ』を運営。

たご作:刺身盛り合わせと日本酒(新政酒造 NO.6)

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • 大衆割烹 たご作 〜 瀬戸内の鮮魚やこだわりの手づくり料理が魅力!冬はあんこう鍋・ぼたん鍋が名物