TANE マスキングテープデコレーション体験

TANE(タネ)~選ぶ時間も楽しんで!倉敷発祥「mt」専門店でマスキングテープデコレーション体験

体験

美観地区のお土産として定番になりつつあるマスキングテープ。

なかでも圧倒的シェアを誇るKAMOI(カモ井加工紙)のブランド「mt(エムティ)」。

「mt」は倉敷発祥のマスキングテープブランド、ということを知っていますか?

TANE(タネ)」は、mtのマスキングテープ専門店です。

レトロなクラシックカーが置いてある店内で、筆者の娘(取材当時小学2年生)がmt収納箱のデコレーション体験に挑戦!

オーナーさんやスタッフさんとおしゃべりを楽しみ、壁一面のマスキングテープを眺め、オルゴールに耳をすませ…。

滞在時間も思い出にしてほしい

オーナーさんの思いが至るところに詰まった「TANE」の紹介です。

クラシックカーが目印!倉敷川の東通りにある「TANE」。

TANEと桃太郎博物館

倉敷川の裏手、アイビースクエアを南北に走る通り沿いの東通り。

マスキングテープ専門店「TANE」は、東通りのほぼ中央、桃太郎博物館のとなりにあります。

TANE 外観

もともとこの建物はTANEのオーナー、種ヶ嶋(たねがしま)さんの生まれ育った家。

オーナーさんは3軒となりにある地酒井筒屋を30年営み、6年前に生家を改装、5年前にお店を開きました。
なんと、ご自身で3ヶ月かけて改装したそうですよ。

TANE 外観

目印は、お店の中央に置かれたイギリス製のクラシックカー「ミニクーパー」。

オーナーさんの「みんなに楽しんでもらいたい」との思いから、ドーンと真ん中に置いてあるんだそうです。

町屋とラシックカーの組み合わせ。不思議と違和感なく、何よりインパクトがありますね。

壁一面のマスキングテープは壮観!1,000種類の品揃え

TANE 店内のマスキングテープ

壁一面、すべてmtのマスキングテープ!この棚ももちろんオーナー手作りで、品揃えは約1,000種類。

窓のサッシ以外はすべて手作り

とオーナーさんは笑いますが、これが圧倒的迫力!マスキングテープが迫ってくるようです。

TANE 店内のマスキングテープ

いろいろなタイプのマスキングテープがあり、黒板のようにチョークで書いたり消したりできるものや、定規として使えるモノも。

お店では、ちょっとレトロでシンプルなものがよく売れるそうです。

TANE マスキングテープ

季節のもの、キャラクターもの、幅、サイズなど種類が多く、じっくり眺めているとあっという間に時間が経ってしまいます。

値段も140円(税別)~1,600円(税別)くらいまで、幅広く取りそろえているのも嬉しいですね。

TANE 店内のマスキングテープ

mtの魅力はなんといっても使い心地の良さ。1周回ってやっぱりmtに戻ってくる安心感がありますね

と語ってくれたのは、マスキングテープが大好きなお店のスタッフさん。

色々なメーカーのマスキングテープがあるけれど、粘着力や品質の良さ、飽きの来ないデザインのmtはリピーターが多いのだとか。

手に馴染む安心感がmtの魅力でしょうね、とmtファンの私も一緒に盛り上がりました。

このはな マスキングテープ

また、知る人ぞ知るマスキングテープ専門店「このはな」の商品も置いています。

「このはな」のマスキングテープは主にネット販売が中心なので、常時店頭で購入できるのはとても珍しいそうですよ。

オルゴールを聞きながら…mt収納箱デコレーション体験!

TANE 収納ボックスとカッター

マスキングテープデコレーション体験は以下の2種類があります。

  • mt収納箱(税別:200円)
  • mtたくさんカッター(税別:1,200円)

合計300円(税別)以上のマスキングテープと一緒に購入すれば、無料でデコレーションが体験できますよ(予約優先)。

箱、カッターはどちらもオーナーさん考案のTANEオリジナル商品。通販でも購入可能です。

TANE マスキングテープデコレーション体験

お店の奥にある体験コーナー。

中央に用意されたマスキングテープが自由に使えるので、いろいろなテープを試すことが出来るチャンス!

お店のオーナーやスタッフさんが丁寧に教えてくれるので、工作が苦手なひとや小学校低学年でも安心です。

TANE マスキングテープデコレーション体験

まずはお持ち帰り用のマスキングテープ探し。どれにしようかな…。

迷いに迷うので、ここで1番時間を使ったようですね。かわいいテープがいっぱい!

TANE マスキングテープデコレーション体験

オーナーさんの熱いご指導のもと、さっそく箱にマスキングテープを貼り付けていきます。ドキドキ!

TANE マスキングテープデコレーション体験

真剣な表情!間違えてもすぐにはがせるので、気楽に貼っていきましょう。

箱の側面、中の仕切りなどに好みのマスキングテープを貼っていきます。

TANE オルゴール

貫禄のあるオルゴール

作業途中には、オーナーさんの計らいで店内にあるオルゴールを聞かせてもらいました。

ドイツ製、120年もののオルゴール。その音は大きさ、響き、美しさと桁違いの素晴らしい音色!とても贅沢な時間です。

TANE マスキングテープデコレーション体験

だんだんと完成に近づいてきました。小学生なら1人でできますよ。

それにしても賑やかな箱になりそう~。

TANE マスキングテープデコレーション体験

30分ほどで完成!!さっそく感想を聞いてみましょう。

いろんなマスキングテープが使えて嬉しかった!
仕切りのところをはるのに切り込みを入れるのがちょっと難しかったけど、またやってみたいです

楽しく体験ができたようですね。無事に完成して一安心です。

TANE マスキングテープデコレーション体験

収納ボックスは、mtのマスキングテープを約48個収められるすぐれもの。

簡単で手軽にできるので、美観地区の思い出にオススメですよ。

他にはアイアン家具の塗装やデニム座面作りなども体験できます。家具好きな方はぜひチャレンジしてみてください。

お店を全部ご自身で改装したり、ミニクーパーを持ってきたり、いつもお客さんを楽しませることを考えているオーナーの種ヶ嶋さん。

そのパワーの源はどこからくるのか、インタビューさせていただきました。

自分が楽しんで、お客さんにも楽しんでもらいたい。オーナー種ヶ嶋弘さんにインタビュー

TANEオーナー種子嶋さん

まずはこのお店を作った経緯を教えてください。

種ヶ嶋
5年前くらいに、本町通りのほうにお店がたくさん出来たでしょ。それで人の流れが変わったんですよね。

それでもう一度こちら(お店のほう)に人を呼ぼうと思ったことがきっかけです。

同時期に「café BISCUIT(カフェビスキュイ)」などがオープンして、みんなで動いた感じでしたね。

TANE マスキングテープ

なぜマスキングテープを扱おうと思ったのですか?

種ヶ嶋
やっぱり倉敷といえば、マスキングテープかジーンズという考えがありました。

お店を作る当時はまだ、mtのマスキングテープが倉敷発祥という認知度が低かったんですよ。

mtのマスキングテープは倉敷のものだから、知名度を上げたいと思ったんです。

わたしはテープのことはまったく分からないけど(笑)。

おかげさまで3年ほど前からテープの売り上げが上がってきました。

TANE クラシックカー

お店の中は大きな棚があったりクラシックカーがあったりと、他では見られないお店の造りになっていますね。

種ヶ嶋
もともとここは私の生まれた家でね、酒屋の倉庫だったんです。

それを3ヶ月かけて改装して、窓のサッシ以外は私の手作り。あの棚も作りましたよ。

棚も手作り!それはすごいですね。あの車はどうして置いたのですか?

種ヶ嶋
お店の真ん中に車があったら面白いでしょ?子どもや外国の人にも喜んでもらっています。インパクトを出したかったんだよね。

あれはイギリス製のミニクーパーで、車屋さんの隅にあったのを買ってきました。

左ハンドル(イギリスは右ハンドル)で珍しいから外国の人がよく写真を撮っていくんです。

TANE クラシックカー

確かにあのクラシックカーは目立ちますね!私も車のお店として認識していました。

種ヶ嶋
そうでしょ!とにかく私は人と違うことをして楽しみたいんですよ。それでお客さんにも楽しんでもらいたい。車もそう、オルゴールやワークショップもそう。

とにかく来た人にここにいることを楽しんでもらいたくて毎日を積み重ねています。

TANE 種子嶋オーナー

それではこれからのことをお聞かせください。

種ヶ嶋
とりあえずオリンピックまであと2年(2018年現在)。それまでに、倉敷の人にも海外の人にも、mtが倉敷発祥ということをもっと知ってもらいたいですね。

そしてとにかく楽しんでやること。どこで買っても商品は同じですよ。それをいかに楽しく買ってもらうか、そこをこれからも大事にしていきたいです。

このお店にいることを楽しんでもらいたい、という気持ちですね。

種ヶ嶋
やっぱりお金じゃない部分がありますよね。

お客さんの笑顔、それが楽しませたい源というか、笑顔が見られるとこちらも嬉しいので、そのためにやっているようなところはありますね。

 

お客さんの笑顔がパワーの源、だからこそ自然と人が集まってくるお店になるのだなぁと感じます。お話ありがとうございました。

ワクワクやパワーが溢れる、mt専門店「TANE」

TANE 看板

マスキングテープひとつを選ぶのに、こんなに楽しいお店があるでしょうか。

上から下、右から左までズラッと並んだマスキングテープの棚。

お店のシンボルとなったかわいいミニクーパー。

オルゴールを聞きながら作るマスキングテープ体験。

「TANE」には、何気ないところにもお客さんを楽しませたい、というオーナーの思いが詰まっていました。

言葉が溢れ出るようなオーナーさんのインタビューは、こちらがたくさんのエネルギーをもらったような気がします。

これからのマスキングテープの発展と、TANEの挑戦にますます目が離せません。

写真撮影:アルテオ

TANEのデータ

TANE 外観
名前TANE
地域
お店の分類
ジャンル
住所岡山県倉敷市本町5-12
電話番号086-486-3618
駐車場あり
軽四輪1台
営業時間午前10時~午後6時
(体験受付は午前10時~午後5時最終受付)
定休日
支払い方法現金
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ-TANE-倉敷美観地区 マスキングテープ”mt”専門店
あまむらみちえ

甘味、辛味、お肉が大好きな食いしん坊ライター。チーズケーキと担々麺に目がありません。2児の母でもありますが、子どもと争って食べている大人げないアラフォーです。
大好きな倉敷美観地区の、美しくて美味しい魅力をお届けいたします!

あまむらみちえをフォローする
この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。
体験
倉敷とことこ