倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
BAR TAKEMOTO 〜 ウイスキーボトルに埋めつくされた大人の酒場

BAR TAKEMOTO 〜 ウイスキーボトルに埋めつくされた大人の酒場

食べとこ / 2022.08.31

BAR TAKEMOTO(バータケモト)に訪れて最初に目に留まるのは、バーカウンターを埋め尽くす数えきれないほどの酒瓶。

ほの暗い明かりの下に並ぶ酒瓶からは、大人の酒場という雰囲気が漂ってきます。

倉敷市水島にあるBAR TAKEMOTOのバーテンダーは竹本明生(たけもと あきお)さん。

竹本さんが取りそろえた約700種類のお酒がバーカウンターに隙間なく並んでいます。

圧倒される数の酒瓶が、どのようにしてBAR TAKEMOTOに置かれることになったのかを竹本さんに聞いてきました。

水島にある大人の酒場 BAR TAKEMOTOの歴史を紹介します。

倉敷とことこのLINE始まりました!

記載されている内容は、2022年8月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

BAR TAKEMOTOのデータ

BAR TAKEMOTOの外観2
名前BAR TAKEMOTO
住所岡山県倉敷市水島西栄町1-17
電話番号086-445-0037
駐車場なし
営業時間午後7時~翌午前1時
定休日
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否
座席20席(カウンター席:10、テーブル:2)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー

道順を確認

BAR TAKEMOTOの紹介

入り口への階段

BAR TAKEMOTOは、倉敷市水島にあるオーセンティックバーです。

BAR TAKEMOTOが、どのようなお店なのかを紹介していきます。

BAR TAKEMOTOとは?

入り口の扉の窓

BAR TAKEMOTOは、水島臨海鉄道 栄駅から徒歩およそ5分のところにあるビルの2階あります。

時代の移り変わりを感じさせる階段を登り、踊り場にある丸いのぞき窓がついた木製の扉がBAR TAKEMOTOの入り口。

扉を開けて店舗に足を踏み入れると、落ち着いた雰囲気の照明のなかに、ずらりと並んだ酒瓶が目に留まります。

スコッチウイスキーを中心に、約700種類のお酒を取り揃えているのがBAR TAKEMOTOの特徴です。

バーテンダー 竹本明生さん

竹本明生

BAR TAKEMOTOのバーテンダーは竹本明生さん。

生まれは大阪で、竹本さんが10歳のときに父親の事業の関係で水島に移り住みました。

母親が始めた喫茶店の手伝いがきっかけで飲食業に興味を持ち、1984年に竹本さんも水島でバーを始めます。

1988年に現在の店舗に移り、これまでBAR TAKEMOTOでお酒を提供してきました。

バーカウンター

母親の喫茶店で働いていたときに、バーテンダーとしての技術や知識を身につけるために、日本バーテンダー協会に入会。

1997年には、全国のバーテンダー仲間とともに、ウイスキーの聖地であるスコットランドのアイラ島に足を運び、アイラ島にあるすべての蒸溜所を訪れています。

また、アイラ島にあるボウモア蒸留所の所長からアンバサダー・オブ・アイラに任命されて、アイラ島のウイスキーの素晴らしさを日本に伝える活動をしてきました。

北海道から九州まで、日本各地のバーテンダーと親しくしており、2018年から2020年には、日本バーテンダー協会の理事も務めています。

BAR TAKEMOTOの店内

BAR TAKEMOTOの内装

バーと聞くと格式高い印象を持つ人もいるかと思いますが、BAR TAKEMOTOは気軽に足を運べるお店です。

バーテンダーの竹本さんの大らかな人柄もあり、落ち着いた雰囲気のある居心地の良い空間となっています。

店内の座席はカウンターが10席と、テーブルが2つ。

カウンター席に座り竹本さんと話してもいいし、たまたま居合わせた常連のお客さんと他愛ない話題で盛り上がれます。

バーに集う人たちと一緒にお酒を飲みながら、ゆっくりと過ごせる酒場です。

水島にある酒場BAR TAKEMOTOには、どのようにして無数の酒瓶が置かれていったのでしょうか?

バーテンダーの竹本明生さんに、BAR TAKEMOTOの歴史について聞いてきました。

インタビューを読む

BAR TAKEMOTOのデータ

BAR TAKEMOTOの外観2
名前BAR TAKEMOTO
住所岡山県倉敷市水島西栄町1-17
電話番号086-445-0037
駐車場なし
営業時間午後7時~翌午前1時
定休日
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否
座席20席(カウンター席:10、テーブル:2)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
Ads by Google
ぱずう(後藤寛人)

ぱずう(後藤寛人)

87年生まれの埼玉育ち。倉敷に転勤でやってきて6年目。メーカーの研究員として働きつつ、週末はゴミ拾いボランティア団体の代表として活動しています。ひとりも知り合いもいなかった倉敷の街。ゴミ拾いを通じてたくさんの出会いがあり、倉敷の魅力を教えてもらいました。余所者から見える倉敷の景色を伝えていきたいです!

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 倉敷市民レポーター教室
  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集
BAR TAKEMOTOの内装5

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • BAR TAKEMOTO 〜 ウイスキーボトルに埋めつくされた大人の酒場