倉敷とことこ
お肉バー ま、いっか 〜 希少部位を使ったオリジナル肉珍味が名物!老舗肉屋の姉妹店の居酒屋

お肉バー ま、いっか 〜 希少部位を使ったオリジナル肉珍味が名物!老舗肉屋の姉妹店の居酒屋

グルメ / 2019.12.08

肉といえばいろいろな部位がありますよね。
カルビ・ロース・ハラミ・タン…。

では「カッパ」や「ネジ」という部位は知っていますか?

実は、これらの部位は知る人ぞ知る珍味で、希少な部位なんですよ。
そんな希少な珍味を使ったメニューが食べられる居酒屋が、倉敷市堀南(ほりなん)地区にあります。

それが「お肉バー ま、いっか」。
変わった店名ですが、老舗の精肉店の姉妹店となる、肉珍味をメインとした店なんです。

店主は、30年以上家業である精肉店で仕事をしてきました。
だからこそ、おいしく希少な部位を使った料理がつくれるんですよ。

そんな肉を知り尽くした、店主自慢のオリジナル肉珍味が楽しめる店「お肉バー ま、いっか」を紹介します。

お肉バー ま、いっかのデータ

お肉バー ま、いっか:外観
名前お肉バー ま、いっか
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
お通し代なし
住所岡山県倉敷市 堀南6914
電話番号070-4076-0161
駐車場あり
営業時間午後5時〜午後11時
夜間営業
定休日
支払い方法現金
予約の可否
電話にて予約可能
座席11席

・カウンター:3脚
・4人がけテーブル:2卓

上記に加えて屋外に席あり(4人がけテーブル:1卓)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページお肉バー ま、いっか【公式】肉屋直営!倉敷市の肉珍味の店

「お肉バー ま、いっか」への行き方

道順を確認

「お肉バー ま、いっか」とは?老舗精肉店の姉妹店の居酒屋

お肉バー ま、いっか:外観

「お肉バー ま、いっか」は、倉敷市堀南にある居酒屋です。
JR倉敷駅より南東に約3kmの場所で、大通りの県道274号線に面しています。

「お肉バー」という名前のとおり、肉を使った料理がメインです

しかも、看板メニューはただの肉料理ではありません。
希少な部位を使った「珍味」メニューなんです。

実は「お肉バー ま、いっか」の店主・中村 健二(なかむら けんじ)さんの実家は、すぐ近くにある精肉店「中村さんちのうまいもの工房 (株式会社 マルヤス)」。

中村さんちのうまいもの工房 〜 本場ドイツが認めたソーセージ・ベーコンなどが充実したこだわりの精肉店

中村さんちのうまいもの工房は、国産中心の上級肉を注文ごとにカットするスタイルの老舗精肉店。

さらに食肉加工品も人気で、2019年(令和元年)には、ドイツ食肉協会主催コンテストでフランクフルトとベーコンが金賞に。

中村さん自身も30年以上にわたり、中村さんちのうまいもの工房で働いてきました。

▼「お肉バー ま、いっか」の名物は、オリジナルの肉珍味

お肉バー ま、いっか:お勧めメニュー

実家が精肉店であり、精肉店で長年働いてきたからこそ提供できるメニューなんです。

▼「お肉バー ま、いっか」の建物は、まるでログハウスのような雰囲気。

お肉バー ま、いっか:外観

幹線道路沿いに突如として現れる一風変わった外観は、どうしても気になってしまいます。

▼看板もユニークです。

お肉バー ま、いっか:看板

▼駐車場は広いので安心。

お肉バー ま、いっか:駐車場

▼店内はこぢんまりとしています。

お肉バー ま、いっか:店内 お肉バー ま、いっか:店内

少人数で和気あいあいと楽しむのに向いています。

▼壁には、お客さんの書き残した感想がたくさん。

お肉バー ま、いっか:お客さんからのメッセージ お肉バー ま、いっか:お客さんからのメッセージ

▼店の入口には、テラス席もあります。

お肉バー ま、いっか:テラス席

▼天気のいい日は、テラス席で料理を楽しむのもおすすめです。

お肉バー ま、いっか:テラス席

夏には、友達同士でミニビアガーデンを開催するのもいいかもしれません。

「お肉バー ま、いっか」の名物は希少部位を使ったオリジナル肉料理

さきほど紹介したとおり「お肉バー ま、いっか」の名物は、希少部位を使ったオリジナル肉料理です。

どれも「お肉バー ま、いっか」でしか味わえないものばかり。

価格はすべて消費税別。2019年(令和元年)12月現在のもの

「ポン酢カッパ」は一番人気のメニュー

▼「ポン酢カッパ (350円)」は、カッパという部位を使ったメニューです。

お肉バー ま、いっか:ポン酢カッパ

「ポン酢カッパ」は、当店の一番人気です!

カッパは、ウシのバラという部位の外側にまとわりつくようにある、薄い膜のような部分です。
そのようすが、雨具の合羽(かっぱ)のように見えることが由来。

▼切断する前のカッパを見せてもらいました。

お肉バー ま、いっか:カッパ

思ったより大きかったので、驚きました。

そのカッパを焼いて、冷やして細切れにし、刻みネギとともにポン酢をかけて食べるのがポン酢カッパです。

▼ポン酢風味なので、とてもサッパリとした味わい。

お肉バー ま、いっか:ポン酢カッパ

さらに噛み応えがあるので、噛めば噛むほど肉のうまみがチュルチュルとしみ出してきました。

これはクセになるのもうなずけます!

「モーカッパ」は一口サイズにカットしたカッパの焼肉

▼同じカッパを使った「モーカッパ」も人気のあるメニューです。

お肉バー ま、いっか:モーカッパ

モーカッパは、カッパを焼き、食べやすいサイズにカットしたもの。

▼モーカッパを焼いているところ。

お肉バー ま、いっか:モーカッパ

ウシのカッパということで、中村さんが「モーカッパ」と名付けました。

▼モーカッパは、お店のマスコットキャラクターの名前でもあります。

お肉バー ま、いっか:マスコットのモーカッパ君

▼焼かれているのでとても香ばしく、噛めば噛むほど肉のうまみを感じる、カッパ独特の味わいが最高。

お肉バー ま、いっか:モーカッパ

和牛のカッパは霜降りなので、おいしいですよ!

▼モーカッパは、S・M・Lの3種類の量が選べます。

価格(消費税別)
Sサイズ 400円
Mサイズ 700円
Lサイズ 1,000円

「すねっかじり」はブタのスネのから揚げ

▼「すねっかじり」は二番人気のメニュー。

お肉バー ま、いっか:すねっかじり

すねっかじりは、ブタのスネをから揚げにしたもの。

▼コリコリとした独特の食感と、香ばしい衣がクセになります。

お肉バー ま、いっか:すねっかじり

居酒屋によくある鶏軟骨のから揚げに似た印象でした。
しかし鶏軟骨よりも、もっと肉のうまみが凝縮したような味わいです。

酒のつまみに最適ですよ!

▼すねっかじりは、S・M・Lの3種類の量が選べます。

価格(消費税別)
Sサイズ 300円
Mサイズ 500円
Lサイズ 800円

「ネジ焼き」はウシの首の肉を一口サイズにした焼肉

▼「ネジ焼き」は、ウシのネジ(ネック)という部分の肉を焼いたもの。

お肉バー ま、いっか:ネジ焼き

ネジとは、ウシの首の部分です。
グネグネとした感じなので、ネジと呼ばれています。

▼一級品と同じような、深い味わいの肉でした。

お肉バー ま、いっか:ネジ焼き

ネジは、肩ロースに近い部位になので、とてもおいしいのです!

▼ネジ焼きは、S・M・Lの3種類の量が選べます。

価格(消費税別)
Sサイズ 400円
Mサイズ 700円
Lサイズ 1,000円

「ネジ揚げ」は一口サイズにしたウシの首のから揚げ

▼「ネジ揚げ」も、ネジを使ったメニューです。

お肉バー ま、いっか:ネジ揚げ

▼揚げているので、ネジ焼きとは違った味わいを楽しめます。

お肉バー ま、いっか:ネジ揚げ

肉の深い味わいに加えて、衣のサクッとした食感や香ばしさが感じられました。

▼ネジ揚げは、S・M・Lの3種類の量が選べます。

価格(消費税別)
Sサイズ 400円
Mサイズ 700円
Lサイズ 1,000円

「ネジクレトマト」はウシの首のローストビーフとトマトのサラダ

▼「ネジクレトマト (450円)」は、中村さんちのうまいもの工房の人気珍味「ネジクレもん」とトマト・レタスを盛り合わせたサラダです。

お肉バー ま、いっか:ネジクレトマト

▼ネジクレもんは、ネジをローストビーフのようにしたものです。

お肉バー ま、いっか:ネジクレトマトのネジクレもん

そのネジクレもんをスライスして、トマトやレタスとともに食べます。
お好みでドレッシングをかけてもOK。

サッパリとしているので、前菜代わりや、口直しにおすすめです!

ちなみに、中村さんちのうまいもの工房の商品「ネジクレもん」は、中村 健二さんが考案したものです。

ほかにも人気のメニューがたくさん!

「お肉バー ま、いっか」では、名物のオリジナル肉珍味のほかにも、たくさんメニューがあります。

もちろん、肉料理が多いのですが、それ以外の料理もあります。

価格はすべて消費税別。2019年(令和元年)12月現在のもの

「中村さんちのソーセージ」各種も楽しめる

▼中村さんちのうまいもの工房で販売している、自家製ソーセージ (各1本 150円)を食べられます。

お肉バー ま、いっか:自家製ソーセージ

実家が中村さんちのうまいもの工房である、「お肉バー ま、いっか」ならではのメニューです。

1種類1個ずつの注文なので、気になるものを盛り合わせて注文してもOK!

▼チョリソー

お肉バー ま、いっか:チョリソー

▼ポリッシュ

お肉バー ま、いっか:ポリッシュ

▼粗挽きウィンナー

お肉バー ま、いっか:粗挽きウィンナー

▼チューリンガー

お肉バー ま、いっか:チューリンガー

実際に食べてみて、気に入ったものがあれば、中村さんちのうまいもの工房でそのソーセージを買ってみるのもおすすめです。

「中村さんちのハム盛り合わせ」は3種類のハムが味わえる

▼「中村さんちのハム盛り合わせ (550円)」は、中村さんちのうまいもの工房の自家製ハムを数種類盛り合わせたもの。

中村さんちのうまいもの工房:ハム

ハムは個別での注文はなく、盛り合わせのみの販売となります。

▼ソフトサラミ

お肉バー ま、いっか:ソフトサラミ

▼パストラミ黒コショウ

お肉バー ま、いっか:パストラミ黒コショウ

▼黒ゴマのロースハム

お肉バー ま、いっか:黒ゴマのロースハム

ソーセージと同じく、気に入ったハムがあったら、ぜひ中村さんちのうまいもの工房で買ってみてください。

「牛トロ煮込み」

▼「牛トロ煮込み (400円)」は牛スジやネジなど、複数の部位を煮込んだもの。

お肉バー ま、いっか:牛トロ煮込み

▼甘辛い味付けで、とても家庭的な味です。

お肉バー ま、いっか:牛トロ煮込み

しっかりと煮込まれていて、肉に味がしっかりと染みこんでいました。

お肉バー ま、いっか:牛トロ煮込み

数量限定なので、売り切れの際はご容赦ください。

「はかり売りステーキ」は和牛の霜降り肉

▼珍味ではない肉料理としてラインナップしているのが、「はかり売りステーキ (100グラム 1,000円)」。

お肉バー ま、いっか:はかり売りステーキ

▼うまみたっぷりでジューシーな霜降りの肉。

お肉バー ま、いっか:はかり売りステーキ

中村さんちのうまいもの工房の国産上級肉なので、頬が落ちそうなおいしさでした。

その他のメニュー

ほかにも「お肉バー ま、いっか」にはメニューがたくさん。

▼子供が大好きな「揚げ手羽先 (1本 150円)」。

お肉バー ま、いっか:揚げ手羽先

いわゆる「チューリップ」です。

▼こちらも子供が好物「鶏モモから揚げ (300円)」。

お肉バー ま、いっか:鶏モモから揚げ

▼「チキンナゲット (300円)」

お肉バー ま、いっか:チキンナゲット

▼「フライドポテト (300円)」

お肉バー ま、いっか:フライドポテト

▼中村さんちのうまいもの工房でも売っている「ミンチカツ (400円)」。

お肉バー ま、いっか:ミンチカツ お肉バー ま、いっか:ミンチカツ

▼こちらも中村さんちのうまいもの工房で売っている「コロッケ (300円)」。

お肉バー ま、いっか:コロッケ お肉バー ま、いっか:コロッケ

▼肉料理以外で隠れた人気者なのが「エリンギのから揚げ (300円)」。

お肉バー ま、いっか:エリンギのから揚げ

▼カットしたエリンギをから揚げにしたものですが、はじめて食べました。

お肉バー ま、いっか:エリンギのから揚げ

まるでエリンギとは思えない味で、うまい!

ほかにも野菜メニューがあります。

▼「枝豆炒め (300円)」

お肉バー ま、いっか:枝豆炒め

▼「豆苗ベーコン炒め (300円)」

お肉バー ま、いっか:豆苗ベーコン炒め

▼「塩キャベツ (300円)」

お肉バー ま、いっか:塩キャベツ

ほかにもたくさんのメニューがそろっています。

「お肉バー ま、いっか」のメニュー

「お肉バー ま、いっか」のメニュー一覧を紹介します。

価格は消費税別。2019年(令和元年)12月時点のもの。
内容は変更になる可能性があります。

▼焼き物のメニュー

お肉バー ま、いっか:メニュー 焼き物

▼揚げ物・汁物のメニュー

お肉バー ま、いっか:メニュー 揚げ物・汁物

▼サラダ系・その他のメニュー

お肉バー ま、いっか:メニュー サラダほか

▼ドリンクメニュー

お肉バー ま、いっか:ドリンクメニュー

▼持ち帰りメニュー

お肉バー ま、いっか:持ち帰りメニュー

「お肉バー ま、いっか」では、一部メニューの持ち帰りもできます
混雑時など、受け取りまでに時間がかかるときもあるので、事前に電話予約しておくのおすすめです。

▼なお「お肉バー ま、いっか」での注文は、卓上のメモに名前と個数を書いて、中村さんに渡すというシステム。

お肉バー ま、いっか:注文用メモ

「お肉バー ま、いっか」は私1人で切り盛りしているため、ご理解とご協力をお願いします!

 

「お肉バー ま、いっか」は、実家が精肉店ならではの個性的な肉料理が楽しめるのが魅力。

そんな「お肉バー ま、いっか」の店主・中村 健二(なかむら けんじ)さんにインタビューをおこないました。

インタビューを読む

お肉バー ま、いっかのデータ

お肉バー ま、いっか:外観
名前お肉バー ま、いっか
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
お通し代なし
住所岡山県倉敷市 堀南6914
電話番号070-4076-0161
駐車場あり
営業時間午後5時〜午後11時
夜間営業
定休日
支払い方法現金
予約の可否
電話にて予約可能
座席11席

・カウンター:3脚
・4人がけテーブル:2卓

上記に加えて屋外に席あり(4人がけテーブル:1卓)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページお肉バー ま、いっか【公式】肉屋直営!倉敷市の肉珍味の店
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。倉敷観光に深みとコクをあたえます!岡山県から広島県東部までの"吉備エリア"の情報サイト『きびナビ』を運営。

お肉バー ま、いっか:モーカッパ

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • お肉バー ま、いっか 〜 希少部位を使ったオリジナル肉珍味が名物!老舗肉屋の姉妹店の居酒屋