倉敷とことこ
高梁川マルシェ2019(10月19日・20日開催) ~ 生活文化を豊かにするマルシェ

高梁川マルシェ2019(10月19日・20日開催) ~ 生活文化を豊かにするマルシェ

イベント情報 / 2019.10.09

秋の倉敷はイベントがたくさん。

2019年10月19日(土)・20日(日)には、健康でオーガニックな「食」と「暮らしの品」を一堂に集めた市場「高梁川マルシェ2019」が開催されます。

主会場は、国指定重要文化財の「大橋家住宅です。
2019年は、近隣の商店も舞台に加わりパワーアップ。

買いものやワークショップを楽しみながら、地域の生活文化を感じられる「高梁川マルシェ」を紹介します。

高梁川マルシェへのアクセス

道順を確認

高梁川マルシェとは

高梁川マルシェ パンフレット表紙

高梁川マルシェは、高梁川流域の各所で生産した健康でオーガニックな食べ物と、暮らしに潤いをもたらす雑器や家具・アクセサリー・アート作品などを一堂に集めたマルシェです。

2012年にスタートし、2019年で14回目を迎えました。(※初期は年に複数回開催、現在は年1回)

高梁川マルシェ 高梁川

高梁川は、岡山県西部を流れる一級河川です。
倉敷市・新見市・高梁市・総社市・早島町・矢掛町・井原市・浅口市・里庄町・笠岡市の7市3町を高梁川流域圏と呼びます。

マルシェとは、フランス語で「市場」のこと。

高梁川マルシェは、なんでもありな雑多な市場ではありません。
リピーターも楽しめるように出店者は毎回変わるのですが、一貫したライフスタイルが感じられます。

主会場である「大橋家住宅」に集った多様な店舗で、暮らしを豊かにする買いものができます。

大橋家住宅 ~ 江戸時代の生活に思いを馳せる、倉敷町屋の重要文化財

ワークショップも開催されますよ。

高梁川マルシェ 2016年

2016年の高梁川マルシェで著者が買ったもの

過去に著者が訪れたときには、コーヒー屋さんのお菓子・ケークサレ・多肉植物の寄植え・鹿の角でできた指輪・素朴な風合いのお皿・おしゃれなせっけんなどを購入しました。

知らなかったお店や作家さんとの出会いが楽しみなんです。

高梁川マルシェ2019の出店店舗

高梁川マルシェ 2015年のようす

高梁川マルシェ 2015年のようす

2019年の高梁川マルシェには、大橋家住宅に8の食品店舗と、22の工芸店舗が出店します。

店舗名 概要
デザートタイム・クラシキ オーガニックなカレーとドリンク
株式会社丸菱 プチ小町シリーズより、なた豆茶・ルイボス×はと麦茶・たんぽぽ茶他
菓子工房小町 お洒落でカワイイ焼き菓子
倉敷珈琲館 オリジナルブレンド珈琲
七草農園 オーガニックなハイレベルな野菜
倉敷中島屋 作家作品とオーガニックな料理
旅農人ふぁーむ 備中の伝統炙り番茶
Boulangerie MaiMai 米粉パン
Glass studio MIGAKI ガラスの鏡餅など
内山 直人 真鍮や銀を素材とした装身具
HiFuMi 天然染料を用いた日々の生活衣や小物、染め直しオーダー+WS
SIRUHA 手帳、バッグ、小物
CLAY STUDIO GENN 普段使い出来る淘器
蜻蛉玉工房・MABO とんぼ玉、手作りビーズの髪留め+WS
BARREL FINE CLOTHING BLENHEIM
坂本織物有限会社 真田紐とその関連商品+WS
la luce dolce キャンドルアート+WS
花好 ドライフラワーのガーランド、ハーバリウム+WS
KKD Labo 宇宙人こけし、掛け時計等
KOHUG オリジナル織物と革を使用したバッグ
Tackle wood design スタイリッシュな木の小物
陶工房 よし野 陶芸
灯Glass ポリシリケイトガラスのアクセサリー、カップ+WS
氏峯 麻里(イラストレーター) イラスト作品展示
武 才(銅版画家) 銅版画作品展示
井上 準三(画家) 絵画作品展示
bolly 木工房 箸、木工小物
工房 川月 木工品+WS
仁城 逸景(漆器作家) 漆器
forutuna(フォルトゥーナ) 端切れワークショップ※町内会会場に出店

高梁川マルシェ 2019年の特徴は?

2019年は、これまでとは一味違います。
特徴は以下のとおり。

  • アートに関わる人も加えて、会場をギャラリーに
  • 阿知(あち)町界隈の町内会と協力、会場が広がる

少し詳しく紹介しましょう。

2人のアーティストにより、会場がギャラリーに

高梁川マルシェ 氏峯さん

氏峯麻里さんの作品(パンフレットより)

会場には、倉敷にゆかりの深い若い2人のアーティストの作品が飾られます。

  • 真備町のイラストレーター 氏峯麻里(うじみね まり)さん
  • 銅版画家 武才(たけ たえ)さん

大橋家住宅では、おふたりによるインスタレーション(空間をひとつのアート作品として表現する手法)も開催予定です。

阿知町界隈の参加店にも、作品がお目見え。

ポスターに使われているのは、武さんが高梁川マルシェをテーマに制作した新作です。

阿知町界隈を会場に、作品展示やガレージセールを開催

高梁川マルシェ 阿知町界隈

阿知町界隈の10店舗でも、氏峯さんと武さんの作品が飾られます。

また、民家である3軒も会場になり、ワークショップを開催。

阿知町界隈の参加店舗や家は、以下のとおりです。

店舗名など 概要
加嶌屋 白神源次郎商店跡 カフェ・ガレージセール・阿知町の古い写真の展示
林邸前 カブトムシの幼虫プレゼント
四十瀬屋 小河原呉服店 屏風展示。和のカード又はポチ袋手作り体験
内田邸 古民家で煎茶の茶会の雰囲気を楽しんでください
キャンドルフェアリー 古民家で世界で一つの手作りキャンドル感動体験
毛糸のミヤケ「廣田屋」 手作りハンガーワークショップ
倉敷ジーンズ シルクスクリーンプリント体験
たい焼本舗 10月19・20日営業
中桐邸駐車場 休憩所 ちょっと一休み
トラットリア自家製蕎麦 武野屋 16:30より営業
蔵Pura 和膳 風 16:30より営業
trattoria MUSICA 16:30より営業
我が家 16:30より営業

特に注目してほしいのが、「加嶌屋 白神源次郎(しらが げんじろう)商店跡」です。

昔は金物屋さんだった場所で、今はガレージだけ残っています。
ここに町内会の人の蔵出し品を集めて、ガレージセールを開催。

たとえば内田邸では、古い糸巻きなどが蔵に眠っていたそうです。
糸巻きはガレージセールで販売されるだけでなく、オブジェ作品に生まれ変わり、会場に展示されます。

阿知町の古い写真も展示されるので、昔の暮らしに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

環境への配慮

高梁川マルシェは、3つのエコ活動に取り組んでいます。

  1. 人と環境、地域にやさしいイベン卜にします。
  2. ごみの削減、できるだけリサイクルします。
  3. 公共交通機関や自転車等の利用を促します。

出店物もオーガニックなものがコンセプト。
環境に優しいマルシェなんです。

高梁川マルシェの特徴や思いについて、実行委員会代表の岡野 智博(おかの ちひろ)さんにお話を聞きました。

インタビューを読む

高梁川マルシェ2019のデータ

高梁川マルシェ 2018年
名前高梁川マルシェ2019
地域
季節
期日2019年10月19日(土)・20日(日) 午前10時~午後5時
場所岡山県倉敷市阿知3-21-31
参加費用(税込)入館料無料
ホームページ高梁川マルシェ2019|Takahashigawa marche 2019
吉野なこ

吉野なこ

写真と旅を愛する、倉敷そだちのデザイナー。
倉敷のときめくものや素敵なところをお届けします!

高梁川マルシェ 2015年のようす

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。