倉敷とことこ
おうどん いおり きつねうどん

おうどん いおり 〜 災害を乗り越え、師から継承した味を守り続けるうどん店

グルメ / 2019.06.10

岡山県の備中地方は、古くからの麺処って知っていますか?

かつては小麦の生産が盛んで、天候もよい地域なので、麺処になりました。
その歴史は9世紀頃までさかのぼり、朝廷に献上した記録も。

現在も岡山県南西部では手延べ麺の生産が盛んですし、倉敷のぶっかけうどん、笠岡ラーメンなど個性的な麺料理があります。

そして、江戸時代の宿場町の風情が残る矢掛町(やかげちょう)も、古くから小麦栽培が盛んで、歴史ある麺処。
今も町内には、多くのうどん店があるほどです。

そんな矢掛町に、こだわりのうどんを作るお店があります。
そのお店は、「おうどん いおり」。

おうどん いおりを運営する妹尾 竜郎(せのお たつろう)さんは、地元でうどんの名人として名を馳せたうどん職人・守屋さんに、必死のお願いをして弟子入り。

最後の弟子として技術を教わりました。

しかし、「平成30年7月豪雨」で店舗は被災してしまいます。
被災後、仲間の支えやクラウドファンディングでの支援を通じ、お店を再開。

うどん処である矢掛の地で、師匠から受け継いだうどんの味を守り続けている「おうどん いおり」を紹介いたします。

おうどん いおり(旧店名 手打ちうどん 庵)のデータ

おうどん いおり 「きらり」の外観
名前おうどん いおり(旧店名 手打ちうどん 庵)
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県小田郡矢掛町本堀1109-1 (倉敷かさや農協 矢掛宿場の青空市 きらり内)
電話番号0866-82-1221
駐車場あり
「きらり」と共用
営業時間午前11時〜午後2時
夜間営業
定休日なし
年末年始は休業
支払い方法現金
事前に食券を券売機で購入
予約の可否不可
体験教室は予約のみ受付
座席36席
・壁側カウンター席:10脚
・窓側カウンター席:6脚
・4人掛けテーブル席:3卓
・8人掛けテーブル席:1卓
タバコ
トイレ
子育て
「きらり」と共用
バリアフリー
トイレは「きらり」と共用
店内は段差なしのため、車椅子での入店可能
ホームページおうどん いおり 公式Facebook

おうどん いおりへの行き方

道順を確認

おうどん いおりとは?国道486号沿いのJA農産物直売所「きらり」内にあるうどん店

おうどん いおりの入口

おうどん いおり(以下 いおり)は、矢掛町のほぼ中央にあります。

所在地は、矢掛を東西に貫く国道486号線沿いにある、JA(農協)倉敷かさやが運営する農産物直売所「矢掛宿場の青空市 きらり」の中。

約300メートル東には「食工房つお」もあります。

▼いおりの店舗があるおは、建物の向かって右側です。

おうどん いおり 「きらり」の外観

▼店の前には、店名の書かれた幟(のぼり)が建てられているので、目印にしてください。

おうどん いおり 幟

いおりは、きらりから西へ約2kmの小田地区にある「小田ずし」という寿司店が運営しています。

平成22年(2010年)に、いおりは開店しました。
それ以来、地元住民を中心に、多くのお客さんが訪れている人気のうどん店です。

▼店内はとても広くなっています。

おうどん いおりの店内のようす

▼カウンター席からテーブル席まであって、テーブルのテーブルのあいだも広く、1人でも家族連れでも利用しやすいと思いました。子供用のイスもあります。

おうどん いおりの店内のようす

▼いおりは、セルフ式のうどん店です。事前に食券を券売機で購入しましょう。券売機は入口のそばにあります。

おうどん いおりの券売機

▼食券を購入したら、店員に見せてください。

おうどん いおりの店内のようす

食べ終わったら、食器を返却口に戻します。

なお、いおりの駐車場は「きらり」と共同です。
国道沿いで台数の多い広い駐車場をそなえているので、気軽に寄れるのも魅力ではないでしょうか。

おうどん いおりの人気メニュー・おすすめメニュー

おうどん いおりのメニュー

いおりには、たくさんのメニューがあります。
そのなかで、人気のメニューやおすすめのメニューを紹介します。

ちなみに、うどん類はプラス100円(税込)で大盛り(2玉)に、プラス150円(税込)で超大盛り(3玉)にすることも。

なお、メニューと価格は令和元年(2019年)6月現在のものです。

いおり名物の「きつねうどん」

おうどん いおり きつねうどん

きつねうどん」は、いおりを代表する名物うどんです。
入口の幟(のぼり)にも写真がありました。

きつねうどんの価格は、500円(税込)です。

▼うどんの上に乗っている揚げは、丼を覆い尽くすほどの大きさで、厚みもあり、インパクト抜群。

おうどん いおり きつねうどんの揚げ

やはり、まずはこのインパクトある分厚い巨大揚げから。
大きいだけでなく、味がよく染みこんでいるので、重量感があります。

大きな揚げを懸命に口にほおばり、歯を力を入れていくのと同時進行で、揚げから甘い汁がジワッと染み出てきて、口内に拡散。

甘みのある味がよく染みこんでいて、揚げだけでも十分おいしいです。

さらに、揚げをうどんのつゆにしっかり浸してから頬張ると、甘い汁とダシのコラボレーション。
これぞ、きつねうどんの醍醐味!

実は、いおりは揚げにもこだわりがあります。
もともとは、矢掛の老舗豆腐店に依頼して作ってもらっていましたが、豆腐店が閉鎖に。

なかなか厚みのある揚げを作ってもらえる店がなく、やっと現在のお店にお願いすることができたそうです。

▼麺は太めで適度なコシがあります。

おうどん いおり きつねうどんの麺

麺をすすり噛みしめてみると、とてもモッチリとした塩梅。

これは、ツルッとした讃岐うどんとは少し違う感じ。
つゆと絡むとさらにおいしい。

▼師・守屋さん直伝のダシを楽しめるつゆ。

おうどん いおり きつねうどんの汁

つゆを口に含むと、意外と醤油っぽい感じがありません。
とても優しさを感じる味が広がっていきます。

甘みを感じるような、独特の味が魅力のつゆです。

3種類ある「ぶっかけうどん」

おうどん いおり 肉ぶっかけ(冷)

お店の話では、ぶっかけうどんには冷たいものと温かいものがありますが、冷たいぶっかけうどんは夏場の人気メニューとなっているそうです。

いおりのぶっかけうどんは、以下の3種があります。

メニュー 価格(税込)
とろろぶっかけ (冷/温) 600円
おろしぶっかけ (冷/温) 600円
肉ぶっかけ (冷/温) 700円

▼取材のときは、肉ぶっかけ(冷)を大盛りで注文しました。

おうどん いおり 肉ぶっかけ(冷)

数々の具材が美しく盛られ、食欲をそそります。

▼たくさんの具材がありますが、どうしても中央に盛られた肉に注目してしまいます。

おうどん いおり 肉ぶっかけ(冷)の肉

肉を食べてみると、まず甘みを感じます。
噛み進めていくと、肉からうま味がジワジワと出てくる感じ。

▼いおりのぶっかけは、自分でつゆをかけてから食べるスタイルです。

おうどん いおり 肉ぶっかけ(冷)につゆを掛けるところ

つゆをぶっかける一手間も、楽しい瞬間。

▼きつねうどんと同じく、麺は太めでもっちりとした食感ですが、温かいきつねうどんとは違った、やや締まった印象です。

おうどん いおり 肉ぶっかけ(冷)の麺

冷たい肉ぶっかけのつゆを口に含むと、甘みと同時にほのかな酸味が。
とても爽やかな印象です。

暑い夏に食べやすいうどんではないでしょうか。

また、大盛りは2玉分ですが、とてもボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。
肉ぶっかけは食べやすくておいしかったので、私は大盛りでもアッという間に平らげたのです。

緑茶を練り込んだオリジナル麺「ちゃちゃめん」

うどん いおりのちゃちゃめん(画像提供:いおり)

ざるちゃちゃめん(提供:いおり)

ちゃちゃめん」は、いおりオリジナルの麺です。

岡山県の美作市(みまさか し)海田(かいた)産の茶葉を練り込んだ麺で、茶葉の自然な緑色をしています。

小麦粉は岡山県産の「ぼっけぇ粉」、麺の仕込み水には矢掛の良質な地下水を使ったこだわりの麺です。

緑茶のさわやかな風味やのどごしが楽しめます。

▼ちゃちゃめんを使ったメニューは以下のとおりです。

メニュー 価格(税込)
ざるちゃちゃめん 550円
天ざるちゃちゃめん 1,000円

夏に人気の「ざるうどん」と冬に人気の「釜揚げうどん」

お店の話では、暑い夏には冷たいぶっかけうどんのほかにも、「ざるうどん」も人気があるそうです。

また、寒い冬には「釜揚げうどん」がよく注文されます。

ざるうどんも釜揚げうどんも、天ぷらとセットになった「天ざるうどん」「釜揚げ天ぷら」を注文するお客さんも多いとのこと。

メニュー 価格(税込)
ざるうどん 450円
小さいざるうどん 390円
天ざるうどん 900円
釜揚げうどん 450円
小さい釜揚げうどん 390円
釜揚げ天ぷら 900円

ざるうどんと釜揚げうどんには、小さいサイズもあるのもポイントではないでしょうか。

寿司屋の味が楽しめる稲荷寿司や天ぷらなどのサイドメニュー

うどん いおりの稲荷寿司(画像提供:いおり)

小田ずしのおいなりさん(提供:いおり)

サイドメニューでは、「小田ずしのおいなりさん」や天ぷらがおすすめです。

おいなりさんや天ぷらは、いおりを運営する寿司屋の小田ずしの魅力が詰まった商品。
お寿司屋さんの味が楽しめるので、人気です。

天ぷら盛り合わせ」のほかにも「かき揚げ」や「天丼」もありました。

うどん いおりの天丼(画像提供:いおり)

天丼(提供:いおり)

メニュー 価格(税込)
小田ずしのおいなりさん 80円
天ぷら盛り合わせ 500円
かき揚げ 180円
天丼 700円

小田ずしという寿司店が運営しているということで、ついつい天ぷらやおいなりさんも欲しくなってしまいます。

取材時、おいなりさんは売り切れてしまったので、次回は必ず食べます。

うどん・寿司・天ぷらを作って味わう、和食体験教室も実施

うどん いおりの和食体験教室(画像提供:いおり)

(画像提供:いおり)

いおりでは、うどん・寿司・天ぷらの3種類の和食を作って食べる体験教室もおこなっています。

体験の時間は1時間半〜2時間。
予約のみ対応していますので、事前に電話で予約が必要です。

▼料金は、以下のとおり。

大人1人 3,500円(税込)
小人1人(小学生以下) 2,500円(税込)

うどんも寿司も、子供が大好きな食べ物です。

また、天ぷらは自分で作るとき、おいしく揚げるのが難しいもの。
大人にとっても、体験教室はためになると思います。

うどんだけでなく、寿司や仕出し料理もやっている「おうどん いおり」ならではの体験教室です。

ぜひ、親子で体験教室を利用してみてください。

 

魅力的なうどんがたくさんある、いおり。
そんないおりを運営する、有限会社 小田ずしの代表取締役・妹尾 竜郎(せのお たつろう)さんにインタビューをおこないました。

インタビュー記事を読む

おうどん いおり(旧店名 手打ちうどん 庵)のデータ

おうどん いおり 「きらり」の外観
名前おうどん いおり(旧店名 手打ちうどん 庵)
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県小田郡矢掛町本堀1109-1 (倉敷かさや農協 矢掛宿場の青空市 きらり内)
電話番号0866-82-1221
駐車場あり
「きらり」と共用
営業時間午前11時〜午後2時
夜間営業
定休日なし
年末年始は休業
支払い方法現金
事前に食券を券売機で購入
予約の可否不可
体験教室は予約のみ受付
座席36席
・壁側カウンター席:10脚
・窓側カウンター席:6脚
・4人掛けテーブル席:3卓
・8人掛けテーブル席:1卓
タバコ
トイレ
子育て
「きらり」と共用
バリアフリー
トイレは「きらり」と共用
店内は段差なしのため、車椅子での入店可能
ホームページおうどん いおり 公式Facebook
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。倉敷観光に深みとコクをあたえます!

おうどん いおり きつねうどん

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。