倉敷とことこ
倉敷民藝館

倉敷民藝館 ~ 暮らしの中で使われる、丈夫で美しい古今東西の民藝品

観光 / 2019.05.28

倉敷は「民藝(みんげい)」にゆかりが深い街であることを知っていますか?

日本で2番目の民藝館である「倉敷民藝館」を取材しました。

世界各地の民藝品を観るだけでなく、売店で民藝品を買うこともできます。

また、窓から見る景色は詩人が絶賛したほど素敵なんですよ。

倉敷民藝館について、民藝の歴史と魅力も合わせて紹介します。

倉敷民藝館内は通常、撮影禁止です。今回は特別に撮影許可をいただいています。
展示品は2019年5月時のものです。

倉敷民藝館のデータ

倉敷民藝館
名前倉敷民藝館
地域
施設の分類
所要時間
所在地岡山県倉敷市中央1-4-11
電話番号086-422-1637
駐車場なし
開館時間3月~11月 午前9:00~午後5:00(入館受付は午後4:45まで)
12月~2月 午前9:00~午後4:15(入館受付は午後4:00まで)
休館日
月曜が祝日の場合は開館、8月は無休
年末年始(12/29~1/1)
入館料(税込)大人:700円
高校・大学生:400円
小学・中学生:300円
※30名以上の団体料金あり
支払い方法現金
予約の可否
団体のみ予約可
タバコ
トイレ
子育てももっこカード提示割引あり
バリアフリー
ホームページ倉敷民藝館公式ホームページ

倉敷民藝館とは

倉敷民藝館

倉敷民藝館は、日本で2番目にできた民藝館です

江戸時代後期に建てられた米倉を活用して、1948年(昭和23年)に開館しました。

暮らしの中で使われる丈夫で美しい品である民藝品を、多数展示しています。

売店は入場無料で、展示室に入館しない人も自由に見て購入することができますよ。

倉敷駅から倉敷民藝館へのアクセス

道順を確認

民藝とは

倉敷民藝館 かご

民藝品とは、どんなものでしょうか。

「民藝品=お土産品」というイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

民藝は「民衆的工芸」という意味です

殿様に献上されるような鑑賞のための美術工芸品ではなく、職人が作った湯呑・茶碗・ざる・ほうき・風呂敷・椅子など、暮らしの中で使われる丈夫で美しい品々を指します

大正末期、哲学者の柳宗悦(やなぎ むねよし)は「民藝」という言葉を生み出し、日常生活の中で使うものには、用途に直接結びついた美しさ「用の美」があると考えました。

民藝の価値と「用の美」という考え方を広めるための活動が、民藝運動です。柳宗悦・富本憲吉(とみもと けんきち)・河井寛次郎(かわい かんじろう)・濱田庄司(はまだ しょうじ)らによって提唱されました。

なお、民藝運動を推進した人のうち5人の作品を、大原美術館の工芸館で観ることができます。

大原美術館 ~ 見どころは?モネ、エル・グレコなど有名作品だけじゃない、常に進化し続ける美術館

倉敷と民藝

倉敷民藝館

大原美術館の創立者としても知られる倉敷出身の実業家・大原孫三郎(おおはら まごさぶろう)は、地域の工芸品の良さを多くの人に広めようと活動していました。活動の中で柳宗悦に出会い、民藝運動に賛同し支援します。

孫三郎は、日本初の民藝館である日本民藝館(東京・駒場)の建設費の多くを寄付しました。民藝運動の発展に大原家は重要な役割を果たしています

孫三郎の息子の總一郎(そういちろう)も父の意志を継ぎ、民藝運動を支援しました。

總一郎は戦後まもない時代に、「正しく強く美しい平和日本の生活基調を再建する」ため、岡山県民藝協会を設立。そして倉敷の地にも民藝館を建てたいと考え、外村吉之介(とのむら きちのすけ)を館長に招きました。

大原家の活動と実績については、「語らい座 大原本邸」で詳しく知ることができます。

語らい座 大原本邸(旧大原家住宅) 〜 倉敷の美しさがギュッと詰まった邸宅

初代館長の外村は、民藝の普及に尽力しただけでなく、倉敷美観地区の景観保護にも貢献しました。

いま倉敷美観地区で古い町並みを眺められるのは、外村初代館長のおかげでもあるんですね。

倉敷美観地区

倉敷の民藝を支え育てた、倉敷民藝館のおすすめポイントを紹介しましょう。

民藝である建物を満喫しよう

倉敷民藝館 中庭

倉敷民藝館の建物は、江戸時代後期に建てられた米倉を改装しています。倉敷美観地区の中で、古い建物を再生して公開した第1号が、倉敷民藝館なんです。

倉敷民藝館ができたのは、倉敷川一帯が伝統的建造物群保存地区に指定される前のこと。

米倉は、火事や風雨・盗難・湿気などから貯蔵物を守るために、大工など多くの職人が作った一大民藝品といえます。

まだ「町並みを守る」という意識が一般的ではなかった時代に、外村初代館長は米倉に用の美を見出しました。

倉敷の典型的な蔵白壁と瓦の外観が美しい建物を、外から中から堪能しましょう。

倉敷民藝館

吹き抜けの空間が素敵。

倉敷民藝館 窓ガラス

古いガラスも趣があるので、じっくり見てみてください。

詩人が絶賛した景色を見よう

倉敷民藝館 窓からの景色

イギリスの詩人エドモンド・ブランデンは、1950年に倉敷民藝館を訪れて、窓から見る中庭の光景を絶賛して歌に残しました

実際に覗いてみると、歌にしたくなるのが納得の美しさ!

取材当日はとてもよい天気で、鮮やかな新緑と爽やかな風がとても気持ち良く、いつまでも眺めていたくなりました。

多様な民藝品を観よう

倉敷民藝館 いろりの部屋

倉敷民藝館は、中世~現代の世界各地の陶磁器・ガラス・漆器・染織品・木工品・紙工品などを約15,000点所蔵し、そのうち約600点を展示しています。

館内の3分の1は常設展示、3分の2は企画展示で、年に2~3回展示替えが行われているため、再訪でも新しい民藝品との出会いがあるのではないでしょうか。

所蔵品で最も有名なのは、「民画 四瞳猛虎鵲図(みんが しどうもうこかささぎず)」。「民画」とは名もない絵描きさんが庶民の家に飾るために描いたもの。「四瞳猛虎鵲図」では、瞳が4つある虎が描かれています。

椅子や腰掛けは、一部を除いて実際に座ることができます。使ってみて、「日常の暮らしの道具」としての魅力を体感してみましょう。

さて、展示品の一部をご紹介します。

倉敷民藝館 ゲートレッグテーブル

ゲートレッグテーブル

「いろりの間」にあるイギリスのテーブルは、「ゲートレッグテーブル」と呼ばれるもの。スペースに応じて、天板を折りたたんで収納できます。

倉敷民藝館

水滴

硯(すずり)に水を一滴ずつ注ぐための「水滴」。

倉敷民藝館 風呂敷

風呂敷と着物

沖縄の風呂敷と着物。青色がさわやかですね。

倉敷民藝館 つりがね火鉢

つりがね火鉢

隠岐のイカ釣り船の上で、漁師が手焙りに使っていた火鉢です。

倉敷民藝館 器

イランの器

イランの器は、描かれた魚がゆるくて愛らしい!

たくさんのかごを比べてみよう

倉敷民藝館 かご

かごだけで1つの常設展示室が作られているのも、倉敷民藝館の特徴です。

外村は、かごの収集にも力を入れていました。

鳥かご・果物かご・豆腐かご・天秤棒にぶらさげるかごなど、国も用途もさまざま。何を入れてどうやって持つものなのかで、形や編み方が異なるのがわかります。

倉敷民藝館 かご

目籠

食器を洗ったあとに伏せる目籠(めかご)は、外村が「用の美」を説明する際によく使っていました。

隙間の多い底の編み目は水を切るため、上げ底になっているのは水がたまらないようにするため。

便利に使うための構造が、美しい造形になっています。

倉敷ガラスを観よう

倉敷民藝館 倉敷ガラス

「倉敷ガラス」とは、小谷眞三(こだに しんぞう)さんと息子の栄次(えいじ)さんが作る、吹きガラスを指します。

眞三さんは元々クリスマスツリーのガラス玉を吹いていました。

コップを制作するにあたり、外村初代館長の指導を受け、倉敷民藝館の所蔵品の形状を参考にしながら、食器を作ります。

当時、吹きガラスは、複数の職人の共同作業により制作されていました。

道具や工程を工夫し、自身の工房にてすべてをひとりで仕上げるという形式を倉敷で確立したのが、眞三さん。

日本のスタジオ・グラスの流れにおいて先駆け的な存在なのです。

倉敷民藝館 倉敷ガラス

ガラスなのにどこかぬくもりを感じる作風、「生活のための道具」の持つ美しさが感じられます。

栄次さんの作品は売店で販売しているので、チェックしてくださいね。

民藝品を持ち帰ろう

倉敷民藝館 売店

売店では、全国各地の民藝品を販売しています。

倉敷・岡山の民藝も取り扱っているので、お土産にもおすすめです。

地元のものには、以下のような商品があります。

  • 倉敷ガラスのコップ
  • 備中和紙のはがき
  • 倉敷てまりの針さしやオリジナルアクセサリー
  • 倉敷堤窯のマグカップ
  • 倉敷遊楽窯のカップ&ソーサー
  • 酒津榎窯のお皿
  • 倉敷本染手織のテーブルセンター
  • 三宅松三郎商店の花むしろのコースター
  • 倉敷手織緞通(だんつう)のマット
  • 倉敷はりこの虎

たとえば花むしろのコースターは360円~、倉敷てまりのストラップは950円~(ともに税込)。

個人的には、手軽に買えるものも多いと感じました。

倉敷民藝館 売店

続いて、倉敷民藝館の学芸員のかたにお話を伺いました。

インタビュー記事を読む

倉敷民藝館のデータ

倉敷民藝館
名前倉敷民藝館
地域
施設の分類
所要時間
所在地岡山県倉敷市中央1-4-11
電話番号086-422-1637
駐車場なし
開館時間3月~11月 午前9:00~午後5:00(入館受付は午後4:45まで)
12月~2月 午前9:00~午後4:15(入館受付は午後4:00まで)
休館日
月曜が祝日の場合は開館、8月は無休
年末年始(12/29~1/1)
入館料(税込)大人:700円
高校・大学生:400円
小学・中学生:300円
※30名以上の団体料金あり
支払い方法現金
予約の可否
団体のみ予約可
タバコ
トイレ
子育てももっこカード提示割引あり
バリアフリー
ホームページ倉敷民藝館公式ホームページ
吉野なこ

吉野なこ

写真と旅を愛する、倉敷そだちのデザイナー。
倉敷のときめくものや素敵なところをお届けします!

倉敷民藝館

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 観とこ
  • 観光
  • 倉敷民藝館 ~ 暮らしの中で使われる、丈夫で美しい古今東西の民藝品