倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
梅雨の季節を彩る紫陽花 ~ 倉敷の紫陽花名所を散策

梅雨の季節を彩る紫陽花 ~ 倉敷の紫陽花名所を散策

エリア情報 / 2020.06.27

雨がしとしと降る梅雨の時期は、家にこもりがち。ちょっぴり気分も沈んでしまいますよね。

そんな時こそ、気分転換に散策するのはいかがでしょうか。

梅雨の時期だからこそ楽しめるのが、紫陽花(あじさい)の観賞です!

鮮やかな色や淡い色、赤や青や紫色などの紫陽花を見ると癒やされること間違いないですよ。

2020年6月20日に、筆者が倉敷の紫陽花スポットを巡ったようすを紹介します。

紫陽花について

紫陽花 住心院

紫陽花(あじさい)は、5月から7月に見ごろをむかえる、初夏の花です。

花のように見える部分は、萼(がく)と呼ばれる葉っぱが変化したもの。根から吸収される養分によって花色が変化します。

酸性ならば青色、アルカリ性ならピンク色に変わるんです。

最終的には、花の老化ともいえる現象によって、どの花色も赤やピンク色へと近づいていきます。

酸性の土にはアルミニウムが含まれており、このアルミニウムがアジサイの中のアントシアニンという物質とくっつくことで、花色が青へと変わるんです。

ヤマアジサイ 住心院

紫陽花の種類は、大きくわけると3種類。

日本の海岸部で自生する「ガクアジサイ」や日本の山間部で自生する「ヤマアジサイ」は、中心部分の両性花が玉のようになっています

そして、手毬(てまり)咲きの「本アジサイ」。これは、日本の固有種の「ガクアジサイ」や「ヤマアジサイ」が、明治時代に欧米に持ち出されて園芸用に品種改良され、逆輸入されたものといわれています。

住心院(じゅうしんいん)では、花菖蒲と約150種類の紫陽花を楽しめる

住心院 駐車場

倉敷市木見(きみ)にある住心院(じゅうしんいん)は、瀬戸大橋線木見駅より徒歩約10分に位置するお寺です。

倉敷駅から車では約25分。

倉敷駅方面からは、県道22号線から県道165号線まで南下し、「林」の交差点で斜め右へ曲がり、県道21号線へ。「第一農協前」の交差点を左折し、しばらく南東へ進みます。

▼「山田商店はりまや」さんを過ぎてすぐの角を左折です。

住心院 アクセス

細い道を少し登るので、運転には注意してくださいね。

住心院 駐車場

▲住心院の駐車場は約20台です。

住心院 花菖蒲

児島霊場51番札所の住心院は、住職が丁寧(ていねい)に育てた花菖蒲(はなしょうぶ)で知られています。

花菖蒲は、5月中旬から6月中旬までが見ごろです。

住心院 紫陽花

奥へ進むと、住職が大切に育てたあじさい園が広がっています。

住心院 紫陽花

住心院の紫陽花は、なんと約150種類!

珍しい紫陽花もたくさん植えられていて、時間を忘れて魅入ってしまいました。

住心院 紫陽花 泉鳥

▲筆者が一番気に入った紫陽花は、「泉鳥(いずみどり)」。

少し先端がとがった花弁で、白色と薄ピンク色のグラデーションが涼し気で可憐です。

住心院 紫陽花

「脱藩の暁(だっぱんのあかつき)」や「藍姫(あいひめ)」、「マジカルプリンセス」に「アナベル」など、さまざまな紫陽花の名前が手書きで札に書かれています。

愛情をかけて育てているのが伝わってくる、素敵なあじさい園でした。

住心院 夏椿

駐車場までもどると、夏椿(サラの花)が咲いているとのことだったので、裏庭へ。

住心院 夏椿

朝に咲いた花が夕方には落ちることから、世の無常を象徴する花として「平家物語」に登場する可憐な白い花、夏椿。

つぼみがまだたくさんついていたので、6月中は楽しめそうです。

次は、倉敷市街地の南に位置する種松山の山頂付近にある、総合公園・種松山公園西園地へ向かいました。

水島コンビナートを一望できる、種松山公園の約10,000株の紫陽花

種松山公園案内図

住心院から車で約20分の場所に位置する、種松山公園西園地。

県道21号線から県道62号線へ西方面に進み、「広江六丁目」の交差点を右折し、道なりに山道を登ります。

カーブの多い道が続くので、対向車に注意しながら運転してくださいね。

種松山公園 第三駐車場

種松山公園 第三駐車場

種松山公園の駐車場は4か所。

合計約300台停められますが、時期や時間によっては混み合うので注意してください。

種松山公園から見る水島コンビナート

標高258メートルの種松山公園から、水島コンビナートを一望できます。いい眺めですね!

種松山公園 ローラーコースター

種松山公園といえば、ローラーコースター。筆者も子どものころに、何度も滑った記憶があります。

遊具も設置されているので、小さなお子さん連れの家族も来られていましたよ。

種松山公園 紫陽花

種松山公園の紫陽花は、約10,000株!

テニスコート周辺が紫陽花スポットなので、その近くの駐車場に停めることをおすすめします。

種松山公園 紫陽花

駐車場のすぐ近くにも、ピンクや青、紫の紫陽花がたくさん。淡い色から鮮やかな色が、山道を彩っています。

取材した2020年の6月20日は、まさに紫陽花の見ごろのようでした。

種松山公園 バラ園

例年5月中旬から6月中旬までが見ごろのバラ園もあります。

ピンク色や赤色、オレンジ色などの多品種で美しいバラも見られますよ。

種松山公園  紫陽花

バラ園のすぐ東側に紫陽花が広がっていました。

種松山公園 紫陽花

▲物語のワンシーンで出てきそうな道ですね。

種松山公園 紫陽花

太陽の光を浴びてキラキラ輝く紫陽花と、緑の葉っぱがとってもきれいです!

坂道が多いので、運動も兼ねて種松山公園を散策するのはいかがでしょうか。

阿知の藤を意匠とした「花纏守(はなまきまもり)」と阿智神社の手水鉢に浮かんだ紫陽花

阿智神社

最後に倉敷美観地区、北の鶴形山の上に鎮座する阿智神社へお参りに向かいました。

阿智神社 〜 山の上から倉敷を見守る総鎮守。祭るのは航海の神様

森田酒造の北側、焼鳥の高田屋の横にある南参道から登ります。

手水舎(ちょうずや)まで登りきると、しっとりと汗をかきました。いい運動にもなりますね。

阿智神社 手水舎(ちょうずや)

両手と口を清めるために、手水舎(ちょうずや)へ。

新型コロナウイルス感染予防のため柄杓(ひしゃく)がなくなっており、竹から落ちる水で両手と口内を清めるようになっています。

手水鉢には、グラデーションが美しい紫陽花が浮かべられていました。

阿智神社 手水舎

左が青色、真ん中が紫や白、右がピンクの色とりどりの紫陽花。

雨あがりの虹を思わせる美しいグラデーションに癒されます。

手水舎で口と手を清め、新型コロナウイルスの収束を願い参拝しました。

阿智神社 授与品

参拝後は、「花纏守(はなまきまもり)」を授かるために社務所へ寄りました。

花纏守(はなまきまもり)とは、阿智神社と岡山レース株式会社のご縁によって生まれた授与品。2020年(令和2年)より授与されています。

阿知の藤

阿知の藤 2020年5月撮影

阿智神社の境内地に生息する県指定天然記念物「阿知の藤」のツルのように、太く長いご縁を結んでいただくよう縁結びの祈念が込められているそうです。

阿知神社 花纏守(はなまきまもり)

▼2020年6月に授与されている花纏守(はなまきまもり)は、以下の5種類。

  • あかねさす
  • こひ
  • ふじなみ
  • さわらび(春限定・3月~5月)
  • わたつみ(夏限定・6月~8月)

通常3色(あかねさす、こひ、ふじなみ)+季節限定1色で常時合計4色を頒布(はんぷ)。お守り各色の名前は、日本最古の和歌集『万葉集』より名付けています。

さわらびは春限定色となりますが、新型コロナウイルスの影響で頒布期間が延長されたとのこと。

阿智神社の花纏守をいただくには、1,200円の初穂料を納めましょう。

阿知神社 花纏守(はなまきまもり)

手首に纏(まと)う、髪に纏う、御朱印帳やカバンに纏うなど、纏い方もいろいろ。

「花纏守(はなまきまもり)」

「花纏守(はなまきまもり)」 わたつみ(夏限定・6月~8月)

藤の花をレースで編んだ倉敷らしいお守りは、身に着けているだけで心が華やかになります。

阿智神社 駐車場

参拝を終えて階段を少し降りると、阿智神社の駐車場の花壇で紫陽花を見つけました。

阿智神社 紫陽花

日陰の紫陽花は、梅雨の時期らしい涼し気な色合いです。

気づけば日も少し傾いて、夕方になっていました。

おわりに

美観地区

雨露に濡れてしっとりと咲く紫陽花や、太陽の光を浴びて鮮やかに輝く紫陽花、どれも見応えがあって素敵です。

倉敷市内の紫陽花を楽しめるスポットを巡ってみて、倉敷の魅力を再発見できた1日でした。

梅雨の時期が見ごろの紫陽花を探しに、お出かけしてみるのはいかがでしょうか。

初夏の空気を感じながら歩く倉敷の町並みに、きっと癒されるはずですよ。

まつこ

まつこ

生まれも育ちも倉敷、結婚を機に現在は真備町在住。
食べ歩きと美観地区散策が大好きなのんびり屋の30代。
豪雨災害で自宅は浸水から免れ、真備町の復興へ少しでも貢献したいと猫好きな夫に支えられつつ奮闘中。
竹の子の里・真備町の「今」をお届けいたします!

阿智神社 手水舎

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。