倉敷カレー (倉敷カレー)

倉敷カレー 〜 野菜ソムリエの店主がバーを間借りして作るこだわりのカレー

グルメ

別のお店を間借りして運営されているカレー店の形態を通称「ヤドカリカレー」といいます。

大阪で発祥したカレー店のスタイルですが、2018年(平成30年)6月に倉敷の地にも登場して話題となりました。

その話題のお店が「倉敷カレー」。

JR倉敷駅のすぐ南西にある雑居ビルの中にあるバーを、昼間だけ借りて運営されている間借り店舗のカレー店です。

経営しているのは若い女性店主。しかも店主は野菜ソムリエで、元はフランス料理が専門なんですよ。

間借り店舗についてのことや店主についてのこと、提供されているカレーの特徴はどうなのかなど、いろいろ気になることがいっぱいですよね。

注目の倉敷カレーについて紹介します。

JR倉敷駅から倉敷カレーへの行き方

倉敷カレーはJR倉敷駅から徒歩約2分のところにあります。

また、国道429号線(旧国道2号線)の約50メートル北側です。

駅前の店舗のため駐車場がないので、公共交通機関を使っての来店がおすすめ。

そこで、JR倉敷駅から倉敷カレーへの行き方を紹介しますね。

JR倉敷駅 改札前 道案内

JR倉敷駅の改札は駅の2階です。

改札を出たら、すぐに南(左)方向へ直進します。

JR倉敷駅 南出口付近 道案内

駅から表に出る手前で、右方向へ進みます。

右の柱にある「水島臨海鉄道」への案内標識が目印です。

JR倉敷駅 南出口付近 道案内

右に進むとすぐに階段とエスカレーターがあります。

エスカレーターは上り専用なので階段を使って1階へ下りましょう。

JR倉敷駅 南出口1階 セブンイレブン前 道案内

1階に下りると目の前にセブンイレブンとキャンドゥーがあります。

セブンイレブンとキャンドゥーの左側をななめ左方向へ直進してくださいね。

倉敷駅西ビル北側

セブンイレブンとキャンドゥーの左側をななめ左方向に行くと、レンガ敷きの歩道に出ます。

左手の建物は倉敷駅西ビルです。

西ビル沿いに「水島臨海鉄道のりば」に向かって直進します。

倉敷カレー前 道案内

レンガ敷きの歩道を直進すると、水島臨海鉄道のりば前で道路に出ます。

道路に出たら、すぐに南(左)方向に進みましょう。

約50メートル直進すると道路の右側に倉敷カレーが入店しているビルがありますよ。

倉敷カレー前 道案内

1階の道沿いに倉敷カレーの立て看板、2階に倉敷カレーの紺色ののぼりがあるのが目印です。

ちなみに倉敷カレーが休業の場合は、立て看板とのぼりは出ていません。

倉敷カレー 第2シード館 外観

倉敷カレーがあるのは「第2シード館」というビルの2階です。

市営倉敷駅前駐車場の西隣にあたります。

自動車で来た場合は、市営倉敷駅前駐車場が一番近い有料駐車場となるので市営倉敷駅前駐車場を利用するとよいでしょう。

倉敷カレーのある第2シード館はスナックやバーがたくさん入居しています。

倉敷カレーは「BiBi」というバーを間借りして運営している、珍しい形態なんですよ。

倉敷カレー 第2シード館 外観 のぼり

のぼりが立てられているのは、ちょうど2階の倉敷カレーの入口前です。

倉敷カレー 立て看板

道沿いの立て看板には、倉敷カレーのメインメニュー3つが紹介されていました。

ソフトドリンク飲み放題」や「野菜ソムリエが作るオリジナルブレンドスパイスカレー」の文言が気になりますね。

倉敷カレー 立て看板 裏面

立て看板の裏側には、帰る人に向けてのお店からのメッセージがありました。

倉敷カレーを食べると、その日にラッキーなことがおきるというジンクスがあるそうですよ。

倉敷カレー 第2シード館 エレベーター

立て看板の左後ろにエレベータがありますので、2階へ行きます。

エレベーターの左側には階段もありますよ。

倉敷カレー 店舗入口

エレベーターを降りると、奥に倉敷カレーの入口が見えます。

下から見えたのぼりと、ドアにかかる「倉敷咖喱」と書かれた紺色の暖簾が目印なので、ひとめでわかりますよ。

倉敷カレー 看板

夏場や冬場などは冷暖房を効かせているので、ドアが閉まっています。

その時は、ドアに倉敷カレーのロゴマークが張られていますので、ロゴマークを目印にしてくださいね。

バーの間借り店舗なので店内はバーそのもの

倉敷カレー 店内

バーの間借り店舗なので、店内はバーの雰囲気そのもの。

カウンター席は7席ありますが、イスがバーを思わせますね。

倉敷カレー 店内

照明や飾りなどもバーらしいものでした。

倉敷カレー 店内

カウンターの向こう側にある棚にはたくさんのアルコール類が並んでいます。

もちろん、これは夜に営業するバーのもので、倉敷カレーでは注文することはできませんよ。

倉敷カレー 店内

カウンターのななめ後方にテーブル席があります。

倉敷カレー 店内 テーブル席

テーブル席は1席ですが、ソファー席なのでゆっくりと座ることができます。

小さなお子様連れでも安心ですね。

ベビーカーの持ち込みも問題ありません

メインのメニューはカレー3種類

倉敷カレー メニュー

メインとなるカレーは以下の4種。

メニュー 価格(税込)
倉敷カレー(1日20食限定) 1,000円
チキンカレー 800円
日替わりカレー 800円
プチお子様カレー 300円

チキンカレーはインド風とスリランカ風をミックスしたもので、ココナッツミルクが入ったエスニックな感じのルーです。

一方、日替わりカレーは日本でおなじみの洋風のカレーがベースで、フルーツなのどの甘さが感じられるルー

名前の通り、日替わりカレーは中の具材が毎日変わるのが特徴ですよ。

 

倉敷カレーはチキンカレーと日替わりカレーを半分ずつかけている合いがけのカレー

両方味わえるお得なカレーで、迷ったら倉敷カレーがおすすめです。

本来+200円の「副菜全部のせ」も付いていますよ。

ただし1日20食限定です。

カレーのほかには、各種トッピングとごはんの増量、ドリンクではラッシーとビールがありました。

倉敷カレー ドリンクバー

また、カレーを注文すると「ドリンク飲み放題」が付いてきますよ。

おもなドリンクの種類は以下の通り。

  • ホットコーヒー
  • アイスコーヒー
  • 緑茶
  • 麦茶
  • りんごジュース
  • オレンジジュース

なお、種類は変わることがあります。

ドリンク置き場はカウンター席の後ろ側にあり、セルフサービス方式です。

野菜ソムリエが作るこだわりカレー。食器にもこだわる

倉敷カレー (日替わりカレー)

店主の小田 眞奈美(おだ まなみ)さんは野菜ソムリエの資格をもっており、野菜を中心とした食材にこだわったカレーが倉敷カレーの特徴です。

また、ルーはいずれも辛さは控えめで作られていますよ。

さらに、味や食材だけでなく見た目にもこだわっています。

運ばれてきたカレーは、思わず写真におさめてしまいそうな美しい盛り付けです。

そして、このカレーの味や盛り付けが生かされるように食器選びにこだわっていて、お皿は美濃焼(みのやき)のものでスプーンは木製

小田店主いわく、この組み合わせが倉敷カレーのカレーと相性がいいそうです。

紹介しますね。

倉敷カレーは2種類のルーの合いがけ

倉敷カレー (倉敷カレー)

まずは、おすすめの「倉敷カレー (1,000円)」。

「チキンカレー」と「日替わりカレー」の2種類のルーの合いがけです。

チキンと日替わりどっちにしようか決められないときは、倉敷カレーがおすすめですね。

倉敷カレー (倉敷カレー)

写真左側が日替わりカレー、右側がチキンカレーです。

盛り付けは、中央にターメリックライスがドーム状に盛られていて、それを囲むようにカレールーが盛り付けられています。

副菜は一箇所にまとめて盛り付けられていました。

まるで芸術品のような美しい盛り付けですね。

食欲もそそられます。

倉敷カレー 倉敷カレーのインドカレールー

チキンカレーのルーは、日替わりカレーのルーと比べると、やや赤みがかっていました。

詳細は、このあとの項で説明します。

倉敷カレー 日替わりカレーのルー(挽肉とコンニャクのカレー)

日替わりカレーのルーですが、取材日の日替わりは「牛ひき肉とコンニャクのカレー」。

日替わりカレーの詳細も、このあとの項で説明しますね。

チキンカレーはほのかな酸味のルーとパリパリのチキンが魅力

倉敷カレー チキンカレー

そして「チキンカレー (800円)」をご紹介します。

今回、200円を追加して「副菜全部のせ」にしてみましたよ。

倉敷カレー チキンカレー

チキンカレーの盛り付けは倉敷カレーと同じです。

また「副菜全部のせ」も倉敷カレーと同じもので、ライスも同じでした。

倉敷カレー チキンカレーのルー

チキンカレーのルーは、日替わりカレーのルーと比べると、やや赤みがかっているのが印象的。

白いヨーグルトソースがきれいにかけられていて、アクセントになっています。

チキンカレーは、インド風とスリランカ風をミックスして日本風にアレンジしたカレーです。

トマトやココナッツを使ったエスニックなルーでした。

ルーのとろみはやや弱めですが、ほどよいとろみです。

酸味が印象的なルーだと思いました。

倉敷カレー チキンカレーのチキン

チキンカレーの目玉は、名前の通りトッピングされているチキンです。

チキンは単品だと3切れ入っていますが、今回は副菜を追加したので、副菜のチキンが2切れ付きましたので、合計5切れのチキンが入っていました。

チキンカレーのチキンと副菜のチキンは同じものです。

倉敷カレーのチキンは、パリパリの衣とジューシーな肉が特徴。

このチキンは、コーンスターチの衣を鶏肉に付けて焼いたものだそうですよ。

日替わりカレーは毎日変わる具材が楽しみ

倉敷カレー (日替わりカレー 挽肉とコンニャク)

つづいて「日替わりカレー (800円)」をご紹介。

取材した日の具材は「牛ひき肉とコンニャクのカレー」でした。

日替わりカレーも、200円追加して「副菜全部のせ」にしてみましたよ。

倉敷カレー (日替わりカレー 挽肉とコンニャク)

盛り付けは倉敷カレーと同じです。

チキンカレーと同様に「副菜全部のせ」は倉敷カレーと同じものが乗せられていました。

ライスも同じです。

倉敷カレー 日替わりカレーのルー(挽肉とコンニャクのカレー)

日替わりカレー(牛ひき肉とコンニャクのカレー)のルーです。

こげ茶色のルーの中に、ひき肉とサイコロ状に刻まれたコンニャクが見えます。

黄色い羽根状のものは、食用菊の花びらです。

倉敷カレー 日替わりカレーのルー(挽肉とコンニャクのカレー)

日替わりカレーのルーは、日本人になじみのある洋風の煮込みカレーがベースです。

タマネギやフルーツなどをじっくりと煮込んでいてコクがあります

チキンカレーのルーに比べると、甘さが印象的でした。

ルーのとろみは、チキンカレーと同じくやや控えめですが、ほどよいとろみ加減です。

ライスはターメリックライスで倉敷産のお米を使用

倉敷カレー ライス

ライスはどのカレーも同じです。

お皿の中央にドーム状に盛られていますよ。

ライスは、ターメリックライスのため黄色です。

なお、使っているお米は、倉敷産の「にこまる」という品種。

倉敷カレー フライキノコ

ライスの上には、フライキノコが乗っていました。

これは珍しいと思います。

じつはこのフライキノコは店で作っているんですよ。

シメジとエノキダケの2種類を使っています。

豊富な副菜がお得!

豊富な副菜も倉敷カレーのポイントです。

「倉敷カレー」では最初から副菜が乗せられています。

「チキンカレー」と「日替わりカレー」は200円を追加することで、副菜を全部乗せることができますよ。

倉敷カレー ゆで玉子

ゆで玉子(半玉)は、黄味がほどよい半熟具合です。

倉敷カレー オクラ

こちらはオクラです。

倉敷カレー 枝豆・ニンジン・ダイコン等

枝豆・ニンジン・ダイコンなどがたっぷり。

倉敷カレー 長イモ・サツマイモ・ナンキン等

長イモ・サツマイモ・ナンキンも入っていました。

これだけ豊富や野菜がてんこ盛りってお得じゃないでしょうか?

チキンカレーや日替わりカレーは、200円プラスするだけで、これだけの野菜が付いてくるんですよ。

なお、使っている野菜は、基本的に地元産

また、野菜の種類は日や時季によって変わりますよ。

倉敷カレー チキン

副菜にはチキンも2切れ付いています。

チキンカレーの説明でも述べましたが、副菜のチキンは倉敷カレーのオリジナル。

このチキンは、隠れた主役のような印象でした。

倉敷カレー チキンカレーの副菜

なおチキンカレーは取材日とは別の日にいただきました。

そのため、上記画像のように副菜が倉敷カレー・日替わりカレーとちがっています。

すべてのカレーはサラダ付き

倉敷カレー サラダ

すべてのカレーには、ミニサラダが付いていますよ。

カレーを注文すると、はじめにサラダが出てくるので、サラダを食べながらカレーを待ちます。

なお、サラダに使っている野菜は地元産が中心です。

サラダの具材は、日や時季によって異なりますよ。

プチお子様カレーは量も食器も子どもにピッタリ

倉敷カレー お子様カレー

「プチお子様カレー(300円)」も紹介しますね。

倉敷カレー お子様カレー

お皿は小さめで、やや深めの樹脂製

小さなお子様でも食べやすいように考えられている食器ですね。

倉敷カレー お子様カレーのルー

プチお子様カレーのルーは洋風のルーがベースとなっています。

甘さと程よい塩味で、とろみも適度にありました。

倉敷カレー お子様カレーのルー

プチお子様カレーのルーに入っている具は、コーン・ニンジン・枝豆・チキンが入っていますよ。

倉敷カレー お子様カレーのチキン

チキンは副菜やチキンカレーのと同じものを、小さめにカットしています。

倉敷カレー お子様カレーのルー

枝豆も半分にカットしていましたよ。

倉敷カレー お子様カレーのごはん

ライスは他のカレーと同じものを小盛りにしています。

ただしフライキノコは付いていませんでした。

倉敷カレー お子様カレーのスプーン

ちなみに、スプーンはほかのカレーと同じく木製のものですが、お子様でも使いやすい小さなサイズのスプーンです。

インド人直伝のラッシー

倉敷カレー インド人のラッシー

「インド人のラッシー(300円)」も注文しましたよ。

店主の友人にインド人の方がおり、その友人から直接教わったラッシーなので「インド人のラッシー」という名前にしているそうです。

倉敷カレー インド人のラッシー

インド人のラッシーは、飲むと甘さとさわやかな酸味が口に広がりました。

ノド越しもよくて飲みやすかったです。

卓上の辛味スパイスで好みの辛さに調整可能

倉敷カレー 辛みスパイス

倉敷カレーのカレーは、いずれも辛さは控えめに作られています。

また、小田店主の話では、ルーに使っているスパイスにはトウガラシ系のスパイスは一切使っていないとのこと。

辛さが足りない場合や、トウガラシ系のスパイスが欲しい場合は、卓上にある辛みスパイスを振りかけましょう。

倉敷カレー 辛みスパイス

辛みスパイスは、トウガラシ系のスパイスです。

好みに合わせて振りかける量を調整しましょう。

なお、ルーは辛さ控えめに作られていると説明しましたが、多少の辛さはありますので、辛いのが苦手な方は、通常のルーでも辛めと感じるかもしれません。

 

ここまでは、倉敷カレーの店舗やメニューについて紹介してきました。

倉敷カレーは、間借り形式というユニークな店舗運営、そしてこだわりのあるカレーが印象的ではないでしょうか。

そんな倉敷カレーの小田眞奈美 店主にインタビューをさせていただきました。

「店主・小田眞奈美さん」に聞くカレー店開業理由と今後の展望

倉敷カレー (KURASHIKI CURRY)のデータ

倉敷カレー 店舗入口
名前倉敷カレー (KURASHIKI CURRY)
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市阿知1-14-5 第2シード館 2階 BIBI内
電話番号086-427-1274
駐車場なし
営業時間午前11時〜午後3時
夜間営業
定休日
第1日曜
支払い方法現金
予約の可否不可
座席11席 (カウンター:7、4人掛けテーブル:1)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ倉敷カレー公式Instagram