倉敷とことこOGP画像

美観地区ブログ「倉敷とことこ」の立ち上げの経緯と想いについて

運営からのお知らせ

美観地区ブログ「倉敷とことこ」の運営をしている、チーこと戸井健吾と申します。

この記事では当サイト「倉敷とことこ」に関して、

  • 立ち上げた経緯と理由
  • 倉敷に対する想い

などを、僕自身の過去を振り返りながら紹介しようと思います。

倉敷市在住のブロガーです

チーこと戸井健吾です
僕はインターネット上では長年「チー」というハンドルネームを使い、ブログやイベントを通じて情報発信をしてきました。

アナザーディメンション - 岡山からガジェット・アイドルの話題を発信するブログ
岡山からガジェット・アイドルの話題を発信するブログ

ブログは僕が好きな、iPhoneなどガジェット・アイドルの話が中心です。

倉敷の話題はほとんどありません。

2018年9月時点で39歳ですが、生まれも育ちも倉敷市で、大学4年間と仕事で3年程度離れた以外、ずっと倉敷で暮らしています。

ですが、「倉敷愛」が強かったかといえば、そうでもないと思います。

2017年4月から月に1回開催している、ブログコミュニティ「岡山ブログカレッジ(岡ブロ)」は美観地区のお店を会場として利用することが多いので、

いつか、岡ブロメンバーと美観地区ブログを作りたいな

とは思っていましたが、「いつか」の話で、具体的な構想はありませんでした。

そんな時に、災害が発生します。

平成30年7月豪雨で岡山県倉敷市も被災

平成30年7月豪雨で岡山県倉敷市も被災

平成30年7月豪雨で、岡山県倉敷市を含む、西日本の広範囲が被災しました。

特に、市街地の大半が冠水した、倉敷市真備町の状況は全国的にも大きく報じられました。

岡山県は長年災害と無縁で、災害に対する意識は僕も含め低かったと思います。

そんな時に、すぐ近くで発生した災害は衝撃でした。僕自身は被災していませんが、友人・会社の同僚など、身近な方もたくさん被災しています。

何でもいいから、できることはないか……

そんなことを思っていましたが、とある方に声をかけていただき、倉敷市災害ボランティアセンターに関わることになりました。

倉敷市災害ボランティアセンター

僕の仕事はシステムエンジニアでしたが、2018年7月で10年勤めた会社を退職予定でした。

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由 | アナザーディメンション
岡山県倉敷市が本社のシステム会社「ピープルソフトウェア株式会社」の退職エントリーです。10年間勤務して感じた会社の魅力、退職する理由などを通じて、これから就職する方や中の人に伝えたいことをまとめました。

たまたまですが、時間が多くとれたこともあり、ボランティア受入のシステム導入や、ボランティアセンターの「IT化」のサポートを行うことになりました。

倉敷市災害ボランティアセンターの、Peatix WEB事前申込手順と当日の受付方法について(iPhone・Android対応) | アナザーディメンション
倉敷市災害ボランティアセンターの一般ボランティア受入で導入された、Peatixを利用したWEB事前申込みの方法と、当日ボランティアセンターでの受付方法についての解説記事です。iPhone・Android毎に全手順を詳細に解説します。

ボランティアセンターを運営する倉敷市社会福祉協議会の方々だけではなく、今回の被災にあたり、本当にたくさんの方が、被災地の復興や被災者のサポートのために活動をしています。

倉敷美観地区の観光客が激減

閑散とした美観地区

そんな時に、美観地区の観光客が激減していると聞きました。

写真は2018年7月中旬に撮影したものですが、これほど閑散とした美観地区を見たことがありません。

被災地の真備町、美観地区の現状を見て、自分でも驚くくらい悲しい気持ちになりました。

強くないと思っていた、「倉敷愛」を初めて実感したんです。

倉敷市は観光の街です。

倉敷のためにできることをしたい

そう考えた時、長年運営してきたブログの知識を活かして、「美観地区の情報を発信するWEBメディア」を作ろうと思いました。

「倉敷とことこ」のコンセプト

このような経緯で、美観地区ブログ「倉敷とことこ」は誕生しました。

カテゴリーとしてはいわゆる「地域ブログ」に分類されると思いますが、前述のような経緯があるため、美観地区の情報に特化するつもりはありません。

観光情報を中心とした、「倉敷の今」を伝えるWEBメディア

と位置付けました。

このため、

  • 観光情報として、美観地区を中心とした観光施設・飲食店情報
  • 真備町の状況

を同時に発信します。

特に被災地の状況は、時間の経過と共に報道されなくなり、風化していくでしょう。

ですが、真備町の復興と被災者の皆さんが元の暮らしを取り戻すには、年単位の月日がかかるんです。

倉敷市は観光の街なので、情報としてのニーズは観光情報が多いと思います。

真備町の状況も同時に発信することで、岡山県外の方にも知ってもらえるのではないかという『想い』で、「倉敷とことこ」を作りました。

終わりに

倉敷とことこOGP画像

豪雨災害が2018年7月から3ヶ月弱経過した、2018年9月に倉敷とことこはオープンしました。

色々想いはありますし、長期的に運営していくつもりなので、続ける中でかわって行くことも多いと思います。

ですが、設立時の想いはこの記事に掲載したものということで、書き記しておこうと思いました。

「倉敷とことこ」の応援をよろしくお願いいたします。

戸井健吾

1979年生まれ、倉敷市在住
2児の父親

システムエンジニアの仕事に携わりながら、ブログ・イベント運営など様々な仕事を行っています。
2018年からはフリーランスです。

このサイトでは自分自身が美観地区を楽しみながら、「行ってみたい」と思える情報を発信することをモットーにしています。

信頼できるWEBメディアになれるように、メンバーが一丸となって運営しています。

戸井健吾をフォローする
この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。
運営からのお知らせ
倉敷とことこ