倉敷とことこ
まるみ麹本店の外観

まるみ麹本店 〜 素材本来の力を引き出す。材料や製法にこだわった自然に学ぶ麹・味噌づくり

グルメ / 2019.05.17

まるみ麹本店(こうじ ほんてん)は、総社市の北部にある麹・味噌などを製造・販売する店です。

およそ70年前に地域に根ざした麹屋から始まり、いまでは麹だけでなく、味噌や甘酒など麹を使ったさまざまな商品をつくっています。

創業以来、「自然に学ぶ」をコンセプトに素材や製法にこだわり、健康づくりのお手伝いできる商品づくりをしてきました。

現在では、岡山県内外にたくさんのファンがいるまるみ麹本店。
伝統食を今もつくるだけでなく、安心で手軽に食べられるように工夫も続けています。

実際にまるみ麹本店の商品「糀(こうじ)パウダー」を使ってみましたが、とても手軽で便利だと思いました。
またストレートタイプの甘酒も、適度な濃さで簡単に飲めるのがうれしいです。

しかし、まるみ麹本店は平成30年7月豪雨で被災し、多大な被害を受けてしまいました。
2019年5月現在は、災害という苦難を乗り越え、営業を再開しています。

災害を経験するも、再び立ち上がり日本の伝統的食文化である麹を製造・販売しているまるみ麹本店を紹介します。

まるみ麹本店への行き方

道順を確認

まるみ麹本店は創業70年の老舗麹屋

まるみ麹本店の外観

まるみ麹本店は、総社市北部の昭和地区にあります。

場所は、JR美袋駅(みなぎえき)のすぐ近くです。
敷地内には、工場と直営店舗があり、製造と販売をおこなっています。

創業約70年の老舗で、麹を中心に、味噌(みそ)・甘酒・加工品など麹を使った商品が主力です。

地元・総社界隈では古くからおなじみのお店ですが、近年はオンラインショップも運営しており、今では全国各地の人が商品を購入するようになりました。

まるみ麹本店のおすすめ商品

まるみ麹本店では、たくさんの商品を扱っています。

そこで、まるみ麹本店の平田さんにおすすめの商品を教えてもらいました。

素材にこだわった味噌

まるみ麹本店の味噌各種

まるみ麹本店で、一番商品の種類が多く、人気があるのが味噌です。

まるみ麹本店の味噌は、素材にこだわっています。

塩はミネラルバランスが整った天日自然結晶塩(てんぴ しぜん けっしょうえん)を使用。
また、大豆・米・麦は、岡山県などの国産品を使っています。

さらに、味噌づくりには備長炭電子イオン水を使用して、不純物の除去をおこなっているのもこだわりです。

まるみ麹本店の味噌は、おもに以下の4種類に大別されます。

  • 糀(こうじ)味噌
  • 麦味噌
  • 赤味噌
  • 白味噌

▼中でも、「美袋乃唄(みなぎのうた) 」糀味噌と「まるみそ」糀味噌が人気です。

まるみ麹本店の味噌 美袋乃唄 糀・まろみそ 糀

商品 内容量 価格(税込)
美袋乃唄(みなぎのうた) 糀味噌 500g 762円
美袋乃唄(みなぎのうた) 糀味噌 1kg 1,086円
まるみそ 糀味噌 500g 600円
まるみそ 糀味噌 1kg 870円

ほかにも、もろみなどの味噌加工品もあります。

▼さらに、味噌づくりセットも人気。

まるみ麹本店の味噌づくりセット

豆や生麹・塩のほか、専用の桶までついて、価格2,710円(税込)です。
本格的な木桶つきのものもあります。

味噌づくり・漬物づくりなどに「生麹」

まるみ麹本店の生麹

生麹」も、まるみ麹本店の人気商品です。

生麹は、味噌や漬物・甘酒などをつくるときに使います。

平田さんの話では、意外にも購入する客層は若い人が多いとのこと。
食に興味を持ち、手づくりの良さにこだわる人が購入しているそうです。

生麹は、1.3kg入りで価格1,402円(税込)。

手軽に酵素が取れる「糀パウダー」

まるみ麹本店の糀パウダー(瓶入りと袋入り)

(こうじ)パウダー」は、まるみ麹本店が、手軽に麹(糀)を取ってほしいという思いで開発した商品です。

パウダータイプの麹なので、振りかけるだけで簡単に使えるのがポイント。
食事の上に振りかけてもいいし、料理の下ごしらえにも使えます。

まるみ麹本店の糀パウダー

▼糀パウダーは、米の風味のみで味自体はありませんので、料理の味を邪魔しません

まるみ麹本店の糀パウダーのようす

また、糀には酵素が豊富に含まれています。
糀パウダーは、手軽に酵素が摂取できるのも魅力です。

商品 内容量 価格(税込)
糀パウダー 瓶入り 50g 924円
糀パウダー 袋入り 200g 1,965円

飲む点滴といわれる「甘酒」

まるみ麹本店の甘酒各種

甘酒も人気があります。

甘酒は非常に栄養価が高く、「飲む点滴」といわれています。

まるみ麹本店の甘酒各種まるみ麹本店の甘酒各種

まるみ麹本店では、種類や内容量によって数種類の甘酒を販売。

商品 内容量 価格(税込)
麹屋のあまざけ 170g 312円
麹屋のあまざけ 500g 582円
麹屋のあまざけ ストレート 500ml 592円
奇跡の甘酒(白米) 300g 550円
奇跡の甘酒(玄米) 300g 648円
甘糀フローズン 300g 452円

▼中でも、水を入れなくてもそのままで飲めるストレートタイプが手軽でおすすめです。

まるみ麹本店 麹屋の甘酒ストレートタイプ

▼自分で水を入れなくてもよいので、濃度も濃すぎず薄すぎず、甘さもちょうどよい印象でした。

まるみ麹本店の甘酒ストレートタイプ

なお、倉敷市の大橋家住宅の長屋門にある飲食店「倉敷中島屋」では、まるみ麹本店の甘酒を提供しています。

倉敷中島屋 〜 高梁川流域の食と工芸が集まるギャラリーカフェ。大橋家の長屋門に所在

大橋家住宅 ~ 江戸時代の生活に思いを馳せる、倉敷町屋の重要文化財

奇跡のりんごで知られる木村氏監修の素材を使用「奇跡の味噌・甘酒」

まるみ麹本店 奇跡の味噌・甘酒シリーズ

まるみ麹本店の商品の中でも、注目なのが「奇跡の味噌・甘酒」シリーズ。

奇跡のりんご」で知られている青森県のりんご農家の木村 秋則(きむら あきのり)氏が指導した「木村式自然栽培」で栽培した岡山県産の米や大豆を使っているこだわりの商品です。

木村式自然栽培では、農薬や化学肥料・有機肥料も使用していません
自然の力のみで育った作物は、自然本来の生命力があり、おいしくて安心です。

奇跡の甘酒には、白米の甘酒と玄米の甘酒もありました。
白米の甘酒の方が、甘みが強いのが特徴です。

商品 内容量 価格(税込)
奇跡の味噌 750g 1,944円
奇跡の甘酒(白米) 300g 550円
奇跡の甘酒(玄米) 300g 648円

簡単・便利でおいしい「フリーズドライ味噌汁」

まるみ麹本店のフリーズドライ味噌汁

まるみ麹本店の糀味噌「美袋乃唄(みなぎのうた)」を使用した、即席味噌汁です。

化学調味料や保存料などが不使用の無添加商品で、具材は国産のものを使っています。
手軽においしい味噌汁が楽しめるのでおすすめです。

フリーズドライ味噌汁は、バラ売りセット売りがあります。

商品 内容量 価格(税込)
バラ売り 1個 162円
セット売り 12個 1,944円

まるみ麹本店の商品の取り扱い店

まるみ麹本店 店内のようす

まるみ麹本店の商品の取り扱い店には、おもに以下のとおりです。

天満屋百貨店と天満屋ストアは、岡山県内を中心とした店舗で販売されています。
なお、店舗により取り扱い商品数は異なり、一部取り扱いのない店舗もあります。

そのほか、一部の個人商店でも取り扱っている店があるとのこと。

 

魅力的な商品がそろうまるみ麹本店ですが、平成30年7月豪雨で被災しました。
まるみ麹本店の歴史や、災害時の状況などについて、まるみ麹本店の平田さんにお話を聞くことができました。

まるみ麹本店・平田さんにインタビュー

まるみ麹本店の歴史について

まるみ麹本店ののれん

まるみ麹本店の歴史や創業時のことについて教えてください。

平田
まるみ麹本店は、昭和25年(1950年)に現在地で創業しました。
およそ70年の歴史があります。

当時は麹専門店として、おもに地域の米農家から米を預かり、米麹をつくってお渡しする仕事をしていました。
現在は、麹のほか、味噌・甘酒などを中心に、麹を使った商品の製造・販売をおこなっています。

平成30年7月豪雨について

まるみ麹本店 店内に残る浸水跡

店内に残る浸水跡

平成30年7月豪雨では、総社の昭和地区でも大きな被害が出ました。お店に影響はありましたか?

平田
まるみ麹本店は高梁川の近くに店があり、山もすぐ近くにせまっています。

そのため、豪雨のときには高梁川や用水路が氾濫し、山から流れ落ちてきた水などもあって、浸水被害を受けました。
店内は、約1メートルも冠水しています。

商品や材料だけでなく、機材も水没して故障したりしました。
従業員が被災したり死傷したりしなかったのが、不幸中の幸いです。

その後は、従業員やボランティアの方々の力で、片付けや営業再開の準備ができました。

商品のこだわりや特徴について

まるみ麹本店 店内に飾られた表彰状等

まるみ麹本店は、数々の受賞歴がある

まるみ麹本店の商品のこだわりや特徴は何ですか?

平田
まるみ麹本店の商品のこだわりやコンセプトは、「健康作りのお手伝い」「健康につながる食づくり」です。

毎日の食が健康を支えているので、お客様の健康づくりのお役に立てるように、素材や製法にこだわって、おいしく安全な商品を提供しています。

そのために、創業以来「自然に学ぶ」という精神を大事にしているんです。
素材が本来もっている力を最大限に引き出して、麹や味噌をつくっています。

近年、麹や発酵食品の良さが見直され、たびたびブームも起きました。
そのため、まるみ麹本店の商品の注目され、お店に県外からのお客様も来ることがあります。

オンラインショップも運営しており、いまでは全国から問い合わせが来るようになりました。
たいへんありがたいことと思っております。

さいごに

まるみ麹本店 店頭

現代の日本では、食の欧米化などで麹を使った食品を食べる機会が少なくなったといわれています。

しかし、麹は昔から日本人の生活の一部としてとけこみ、私たちの健康を支え続けてきました。

まるみ麹本店は、伝統的な麹を今も販売するだけでなく、おいしく手軽に安心して食べられる商品をつくっています。

まるみ麹本店の商品は、公式オンラインショップでも購入可能です。
ぜひ、日本伝統の健康食を再注目してみませんか。

まるみ麹本店のデータ

まるみ麹本店の外観
名前まるみ麹本店
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県総社市美袋1825-3
電話番号0120-191-1028
駐車場あり
3台
営業時間午前8時30分〜午後5時
夜間営業
定休日日、祝日
支払い方法現金
PayPayによる支払い可
予約の可否
電話による商品の取り置き可
座席なし
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー段差なしのため車椅子での入店可
ホームページ麹、味噌の「まるみ麹本店」のこだわり無添加、国産、味噌。岡山県総社市
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。倉敷観光に深みとコクをあたえます!

まるみ麹本店の外観

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • まるみ麹本店 〜 素材本来の力を引き出す。材料や製法にこだわった自然に学ぶ麹・味噌づくり