倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
パティスリー ラ・ビッシュ(patisserie La Biche) ~ 大変なときこそ、何ができるか考える。被災地にお菓子で支援を続けたケーキ店

パティスリー ラ・ビッシュ(patisserie La Biche) ~ 大変なときこそ、何ができるか考える。被災地にお菓子で支援を続けたケーキ店

グルメ / 2020.06.30

平成30年7月豪雨災害時、避難所にお菓子を送る支援活動があったことを知っていますか?

7月から12月までの半年間で計5回、約3,900個のお菓子が、避難所で生活されるかたに配られました。

支援活動の呼びかけ人は、新倉敷駅前にある「パティスリーラ・ビッシュ」の店主、西尾省吾さんです。

岡山県倉敷市玉島にお店を構え、2020年で7周年を迎えるパティスリーラ・ビッシュ。

岡山の果物たっぷりのケーキが口コミでじわじわと広がり、いまでは玉島になくてはならないケーキ屋さんとして親しまれています。

とにかく思い立ったらすぐ行動してしまうんです」という西尾さん。

平成30年7月豪雨災害当時のこと、そしてこれからをインタビューで紹介します。

パティスリーラ・ビッシュのデータ

パティスリーラビッシュ 外観
名前パティスリーラ・ビッシュ
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市新倉敷駅前1-23-111
電話番号086-526-8801
駐車場あり
新倉敷駅前再開発ビル共同駐車場8台
営業時間午前10時~午後7時30分
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
予約の可否
座席10席 テーブル数:4×1 2×3
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページラ・ビッシュ:Facebook

道順を確認

玉島の街のケーキ屋さん「パティスリーラ・ビッシュ」

パティスリーラビッシュ 外観

新倉敷駅前すぐの場所にある「パティスリーラ・ビッシュ」。玉島のお客さんを中心に、口コミで評判のお店です。

ラ・ビッシュのオーナーパティシエは、地元玉島出身の西尾省吾(にしお しょうご)さん。

倉敷市内のパティスリーで11年の修業を経て、2013年にオープンしました。

パティスリーラビッシュ 外観

白とピンクを基調とした、かわいらしい街のケーキ屋さん。

2019年10月にはお店をリニューアルし、イートイン席も設けられています。

パティスリーラビッシュ 外観

新型コロナウイルスの対策で、入店制限がなされています(2020年6月取材時)。

パティスリー ラビッシュ 駐車場

駐車場はお店の裏側、ビル共同の駐車場が8台完備されています。

パティスリー ラビッシュ 駐車場

こちらが新倉敷再開発ビルの共同駐車場です。間違えないように駐めましょう。

イートインも新設された、パティスリーラ・ビッシュの店内

ラビッシュ 内観

ポップで明るいラ・ビッシュの店内。360度、どこを見てもお菓子でいっぱいです。

パティスリーラビッシュ 店内

お店の四方には、かわいらしいラッピングのギフトセットや焼菓子が並びます。

ラビッシュ 内観

入り口正面にある、色鮮やかなショーケース。

ラビッシュ イートイン

お店のリニューアルにともない、イートインも新設されました。

新幹線や電車の待ち時間に使いたい」と、以前からイートインを望む声が多かったそうです。

ラビッシュ イートイン

イートインのテーブルは岡山県新見(にいみ)市のヒノキ、イスは真備町にある家具メーカーテオリのものを使用しています。

水害のあった土地に少しでも貢献したい」との思いから、新見市と真備町の家具が選ばれました。

ラビッシュ イートイン

壁に飾られている作品は、倉敷市真備町在住の陶芸家、原在加(はら ありか)さんの作品です。

テーブルにイス、そして原さんの陶芸と、お店の優しい雰囲気にぴったりで素敵ですね。

自分の作品を手にして、楽しい気持ちになってほしい ~ 真備町の陶芸家・原在加(はら ありか)さんインタビュー

旬のフルーツがたっぷり、ラ・ビッシュのフレッシュケーキ

ラビッシュ ショーケース

いつお店に行っても新しいケーキがあるから飽きない、通いたくなる」と評判のフレッシュケーキ。

地元の果物をふんだんに使い、お客さんを飽きさせません。

種類は20~25種類、そのうち季節のケーキは5、6種類ほどが並びます。

ラビッシュ ショーケース

オーナーパティシエである西尾さんのご実家は、イチゴ農家を営んでいました。

ケーキ屋さんへイチゴを卸す手伝いをしているうちに、お母様にすすめられてパティシエの道へ進んだそうですよ。

ラビッシュ ショーケース

お客さんひとりひとりが食べて美味しいと思うケーキを大事にしてほしいから、全部手を抜かずに作っています

1番人気は作りたくない、と語る西尾さん。自分の味覚を頼りに、お気に入りを見つけたいですね。

1種類のケーキだけを、ずっと買い求めている常連さんもいるのだとか。

ラビッシュ ショーケース

ちょっと気になるお菓子を発見!季節のおすすめ「甘酒ジンジャー」400円(税込)。

宮城県にある田中酒造店の甘酒と、岡山県産ジンジャーシロップを使用とありますが、一体どんなジュレなのでしょう。

ラビッシュ ショーケース

季節のタルトは「西表(いりおもて)島産完熟ピーチパインタルト」450円(税込)、そのおとなりは「高根(こうね)島みかんジュレ」400円(税込)。

岡山県にも果物はたくさんあるのに、「なぜ西表島?」「高根島ってどこ?」と思いませんか。

ラビッシュ ショーケース

実は西表島のピーチパイン、甘酒、みかんジュースは、新型コロナウイルスの影響で出荷ができない、在庫が余っているメーカーのものを使用しています。

Facebookの助け合いページ経由で、西尾さん自らが注文をし、ケーキを作る支援をしているそうですよ。

ラビッシュ ショーケース

もちろん岡山県足守(あしもり)産のメロンも!みずみずしい足守メロンがたっぷりとデコレーションされています。

ギフトセットも充実、焼菓子と季節の商品

ラビッシュ 生ブッセ

ショーケースの横には、「生ブッセ」と書かれた冷蔵スペースも。

ラビッシュ 生ブッセ

生ブッセは、玉島白桃、瀬戸内レモン、宇治抹茶、高梁(たかはし)ピオーネの4種類。

ふんわりとした生地に生クリーム入りの、ラ・ビッシュ特製生ブッセです。

ラビッシュ 抹茶バターサンド

玉島らしいお菓子を」との思いで、新たに作られた「抹茶バターサンド」300円(税込)。

宇治抹茶クリームと焙煎した岡山県産黒豆が挟まれた、「お茶の町玉島」らしい一品です。

ラビッシュ 焼菓子

バラ売りの焼菓子もたくさん!常時20~30種類の焼菓子があるそうですよ。

ラビッシュ 焼菓子

手土産にちょうど良いサイズのクッキー。

ラビッシュ 焼菓子

ギフトセットも充実しています。箱詰めは約1,500円~5,000円と、値段に幅があるのも嬉しいですね。

ラビッシュ 焼菓子季節商品

お店中央のテーブルは季節のギフトセット。取材日から近かった母の日や父の日は、贈り物を買い求めるお客さんでいっぱいです。

ラビッシュ 缶バッチ

レジ横には、ラ・ビッシュのかわいらしい缶バッチが販売されています。

1つ100円(税込)、全額平成30年7月豪雨災害で被災した写真の洗浄ボランティア、真備洗浄への寄付となります。

見た目も味も大満足!丁寧に作られたラ・ビッシュのケーキ

パイナップルのタルト

せっかくなので、気になるケーキを食べてみました。こちらは「西表島のピーチパインタルト」450円(税込)。

ザクザクとしたタルト生地に、ジューシーなピーチパインがたっぷり!

木なり(木に成らせたまま完熟させること)の完熟パインは驚くほど甘く、こんなに美味しいパイナップルは初めて食べました。甘すぎないカスタードの相性も素晴らしいです。

ラビッシュ みかんゼリー

オレンジと白の色合いが愛らしい、「高根島のみかんジュレ」400円(税込)。

広島県尾道市高根島にある、永畠農園の100%みかんジュースを使った爽やかなゼリーです。

みかんの味が濃い!甘味と酸味、滑らかな口当たりであっという間になくなりました。

ラビッシュ 甘酒ゼリー

こちらは純白のゼリー「甘酒ジンジャー」。筆者が特に気になっていたお菓子です。

優しくクセのない味わいの甘酒に、ピリッとしたジンジャーの刺激……。なんて美味しいゼリーでしょう。

甘酒の魅力が存分に引き出された、他にはない味わいのスイーツです。

ラビッシュ モンブラン

最後は子どもたちが大好きな「モンブラン」400円(税込)。

穏やかで丸みのある栗ペーストがたっぷり!かなり大きめサイズですが、ペロリと食べてしまいますね。

こんな美味しいケーキを日々作り続けている、パティスリーラ・ビッシュ店主の西尾さんは、平成30年7月豪雨災害において、継続して支援を続けています。

災害当時のこと、その後のボランティア活動などを中心にインタビューしました。

インタビューを読む

パティスリーラ・ビッシュのデータ

パティスリーラビッシュ 外観
名前パティスリーラ・ビッシュ
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市新倉敷駅前1-23-111
電話番号086-526-8801
駐車場あり
新倉敷駅前再開発ビル共同駐車場8台
営業時間午前10時~午後7時30分
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
予約の可否
座席10席 テーブル数:4×1 2×3
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページラ・ビッシュ:Facebook
あまむらみちえ

あまむらみちえ

甘味、辛味、お肉が大好きな食いしん坊ライター。チーズケーキと担々麺に目がありません。2児の母でもありますが、子どもと争って食べている大人げないアラフォーです。
大好きな倉敷美観地区の、美しくて美味しい魅力をお届けいたします!

ラビッシュ ケーキ

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • パティスリー ラ・ビッシュ(patisserie La Biche) ~ 大変なときこそ、何ができるか考える。被災地にお菓子で支援を続けたケーキ店