倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
綿花で彩るしめ飾り!半年かけて自家栽培した綿花を使った、しめ飾りづくりの講座に参加しました

綿花で彩るしめ飾り!半年かけて自家栽培した綿花を使った、しめ飾りづくりの講座に参加しました

伝えとこ / 2022.12.29

倉敷市には日本遺産として3つのストーリーが認定されています。

その1つは、「一輪の綿花から始まる倉敷物語~和と洋が織りなす繊維のまち~」です。

「もちろん知っていますよ」と答えるかたもいるかもしれませんが、実際に綿花を育てたことはありますか?

倉敷市日本遺産推進室の取り組みで、2022年の春先にもらった綿の種をプランターで育て、自らの手で収穫したコットンボールを持ち寄ってしめ飾りを制作する講座が開催されました。

「オリジナルしめ飾り」をつくってきましたので紹介します。

倉敷とことこのLINE始まりました!

記載されている内容は、2022年12月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

2022年春〜:綿花栽培

しめ飾りパンフレット

2022年4月某日、10~20粒ほどの綿花の種が倉敷市日本遺産推進室から送られてきました。

種まき

さっそくプランターなどに植え付けると5月にはかわいい双葉が芽を出します。

すくすくと育って背丈は50センチメートルを超えました。

最初に綿花が花開いたのは7月

コットンボール

可憐(かれん)なその姿は鑑賞用としても申し分ない美しさです。

花びらが落ちたあとには、ラグビーボール状の緑の球が現れました。

そしてある日、緑が弾けて「コットンボール」が出現

コットンボールって、そのまんま綿なのですね。

当たり前ですが、新鮮な驚きでした。

2022年12月:収穫したコットンボールでしめ飾り講座に参加

開始前

2022年12月22日、収穫したコットンボールを小脇に抱えて講座に参加しました。

なんだか通常の講座よりも力が入ります。

机の上には材料が準備されていました。

上部にあるのが持参したコットンボールで、右下には広報くらしき新年1月号が置いてあります。

そう!まさにこの講座の成果物が表紙を飾っているんです。

はやる気持ちを抑えて、講座の最初は倉敷物語の復習をしましょう。

倉敷物語
  • 倉敷のまちの多くは江戸時代に干拓によって開発されました
  • 塩分の多い干拓地では、すぐにはお米を作ることができません
  • そこで始まったのが塩分に強い綿花の栽培です
  • 今日(こんにち)のデニム産業につながる倉敷物語はこうして始まったのです

という内容を、倉敷の小学生はまんがで勉強しているのだそうです。

しめ飾りづくり その1:コットンボールへのワイヤー掛け

綿花の固定

いよいよ、しめ飾りづくりの始まりです。

最初に行なったのは、主役のコットンボールへのワイヤー掛けです。

コットンをしめ縄に取り付けるためのワイヤーをコットンに掛けておきます。

グルーガンでの固定は、しなくても大丈夫でした。

松葉を固定

しめ縄は神聖な神の領域と、不浄な外界を区分する結界に用いられます。

新年に門口に張るのは、わざわいの神が内に入らないようにするためです。

そのしめ縄を飾っていきましょう。

しめ縄の飾り付ける場所を見定めて、そこに松葉をしっかりと縛り付けます。

綿花の位置決め

続いて主役の位置決めです。

私のしめ縄は真っ白だったので、コットンを4つ束ねてしめ縄と被らない位置に取りつけることにしました。

ワイヤーのとめかた

コットンを取りつけるといっても、ワイヤーのとめかたにはコツがありました。

図のように束ねた側をくるっと回したり、ワイヤーの先をつまんでくるくる回したり。

▼飾り付けの全体手順は、こんな感じです。

手順書き

しめ飾りづくり その2:色づけ

主役の位置が決まって、ワイヤーのとめかたもわかってきたら、あとは気がおもむくままに赤や青や緑を使って色づけていきます。

デコレーション

えいや!と飾り付けてみました。

しかし、私がやるとこの程度です……。

なんだか落ち着きません。

そんなとき頼りになるのが先生です。

フラワーアレンジメントの浅野智子先生が手取り足取り教えてくださいました。

浅野先生

アクセントの青をまとめたり、デニム生地のリボンをつけたり、水引きは干支にちなんでうさぎの耳をイメージしたものに仕上げてくださいました。

▼そしてできあがったのがこちらです。

完成

見違えるばかりのしめ飾りが完成しました。

Ads by Google

おわりに

まとめ

「一輪の綿花から始まる倉敷物語」が日本遺産に登録されて、2022年で5年が経過しました。

この間に以下のような取り組みが行われたそうです。

  • 小学生は倉敷物語マンガに振れる
  • 高校生は魅力発信動画を撮影する
  • 老若男女が参加して日本遺産カルタが制作される

綿花の復活栽培と、子ども服づくりなども行われていると聞きます。

あらためて綿花が倉敷に根付いてきたように思います。

綿花は倉敷を訪ねてくれる多くの人々の旅の思い出にもなっていると思いますし、倉敷に住む私たちのアイデンティティにもなりつつあるのではないでしょうか。

2023年2月にはこどもまつりのカルタ取りもあるようです。

ゆかりの地を巡るもよし。ぜひ、倉敷の綿に触れてみてください。

そして2023年の春先から、綿花を育ててみませんか?

情報提供者:ふみさん

全3回の無料講座「倉敷市民レポーター教室」を受講することで、記事の寄稿資格が得られます(薄謝あり)。

あなたも「市民レポーター」として活動してみませんか?

倉敷のイベント情報を探すなら「とことこおでかけマップ」

倉敷で開催されるイベント情報を、マップ上から確認できる「とことこ おでかけマップ」を是非ご利用ください。

▼画像タップでマップを確認する

綿花で彩るフレッシュなしめ飾り講座のデータ

名前綿花で彩るフレッシュなしめ飾り講座
期日2022年12月22日
場所
参加費用(税込)1,000円
ホームページ綿花で彩るフレッシュなしめ飾り講座
Ads by Google
倉敷市民レポーター

倉敷市民レポーター

イベントや復興に向けた活動など、「倉敷の今」をコンパクトにレポートします

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 倉敷市民レポーター教室
  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集
綿花で彩るしめ飾り

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 伝えとこ
  • 綿花で彩るしめ飾り!半年かけて自家栽培した綿花を使った、しめ飾りづくりの講座に参加しました