倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
手仕事の店 倉敷民芸 ~ 本通り商店街で道具をとおして日本の文化と生活を伝えるお店

手仕事の店 倉敷民芸 ~ 本通り商店街で道具をとおして日本の文化と生活を伝えるお店

買っとこ / 2022.07.27

民芸品と聞くと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。

民芸品とは日常生活に必要なものを、つかいやすく長くつかってもらうためにつくられたものです。

毎日つかうからこそ、つかいやすさが追及され、用の美という言葉が生まれました。

当たり前に思える道具ひとつをとっても、今の姿になったのには理由があるのだとか。

日本文化と生活をつなぐ民芸品のお店、「手仕事の店 倉敷民芸」を訪ねました。

記載されている内容は、2022年7月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

手仕事の店 倉敷民芸のデータ

名前手仕事の店 倉敷民芸
住所岡山県倉敷市阿知2-17-25
電話番号086-425-3184
駐車場あり
利用料金に関わらず1~2時間無料(商店街提携駐車場)
営業時間午前10時から午後7時まで
コロナ禍は午後6時までの時短営業(臨時的措置)
定休日
祝祭日は営業(振替休日の場合は水曜日)
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • Suicaなど交通系ICカード・iD・QUICPay・PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払い・au PAY

道順を確認

手仕事の店 倉敷民芸とは

阿智神社西参道入口から、美観地区に向けて少し歩くと、右手に趣のある佇まいのお店が見えてきます。

お店の名前は手仕事の店 倉敷民芸(以下:倉敷民芸)。主に木と竹の民芸品を扱うお店です。

開業は1980年1月1日。今年(2022年)で開業43年目を迎える店内には、店主が職人さんを訪ね集めた品が並んでいます。

もとは、本通り商店街の別の場所ではじまった倉敷民芸。

開業から10年経ったころ、知人から譲り受けた現在の場所へ移転しました。

お店の外観として再利用された武家格子

茶褐色の腰壁と白い壁の建物がつづく商店街。そのなかでもひときわ堂々とした看板と外観が、訪れた人々を迎えてくれます。

お店入り口の両側にある窓には、倉敷代官所でつかわれていた武家格子が再利用されているのだそう。

過去の襲撃事件でつけられた弾痕が残る武家格子
過去の襲撃事件でつけられた弾痕が残る武家格子

お店の外装をリニューアルする際、廃棄予定だった武家格子をつかってほしいという声があり、現在の姿になりました。

歴史を紡いできた武家格子のお話が、長くつかわれるように出会いを待っている民芸品のお店をより趣深くしています。

店主の目利きと知識であつめられた民芸品

店内のようす ~ あちこちで出会いを待つ民芸品たち

倉敷民芸 店内の様子②

店内に入ると、汁椀(しるわん)や箸などのなじみ深い日用品が出迎えてくれます。

豊富な種類のキッチンツールと表情豊かな山ぶどうのカゴバッグ
豊富な種類のキッチンツールと表情豊かな山ぶどうのカゴバッグ

親しげな器の表情を思わずじっと見つめた後、店内を見渡すと、左手に台所で活躍するキッチンツールが見えました。

一本ずつ色合いが異なる竹のキッチンツール 奥のカゴにはいろんな形をした箸置きが
一本ずつ色合いが異なる竹のキッチンツール 奥のカゴにはいろんな形をした箸置きが

整然と並んでいるようで、ひとつひとつがまったく違う表情を見せてくれるので、ここでも商品を見つめてしまいました。

節の位置や色味など、手に取ればきっと自分だけのものが見つかるという気さえします。

木製のフリーカップが並ぶ 手になじみやすそうな絶妙なシルエット
木製のフリーカップが並ぶ 手になじみやすそうな絶妙なシルエット

キッチンツールの向かい側には、木製のカップがありました。

漆器の色味を楽しめるものもあれば、木目が面白いものも。

優しい稜線(りょうせん)や波打つような細かい畝(うね)は、持ちやすそうだなと感じさせてくれます。

それと同時に職人さんの手仕事の細やかさが思われ、思わず声がこぼれました。

木の器の代表的存在 曲げわっぱ 木の加工では曲げ物というそう
木の器の代表的存在 曲げわっぱ 木の加工では曲げ物というそう

店内をぐるりと見渡した最後には、レジ前に陳列された曲げわっぱに目が留まりました。

曲げわっぱの二段重を見たのは初めてで、思わず目が点になります。

木でこんなにもきれいな曲線が描けるのは、まさしく職人技だ!と感嘆したのでした。

職人技!と、うなりたくなる品は他にもあります。

山ぶどうのカゴバッグ

ひとつひとつが、ていねいにあまれた山ぶどうのカゴバッグ
ひとつひとつが、ていねいにあまれた山ぶどうのカゴバッグ

倉敷民芸で人気の商品といえば、山ぶどうのカゴバッグ

ひとつひとつ手仕事でていねいにつくられる品は、100年つかえるのだそう。

山ぶどうのカゴバッグ 編み方にもいろいろなものがある
山ぶどうのカゴバッグ 編み方にもいろいろなものがある


山ぶどうのカゴバッグをつくるのは、もともとは寒さの厳しい北国での冬の手仕事だったそうです。

つかわれている山ぶどうの蔓(つる)は寒冷地で育ったものでないとうまく編めないのだとか。

編み方も、さまざまなものが並んでいました。

以前、筆者の子どもが通っていた保育園の先生がたが、藤の花の蔓をつかってクリスマスリースの土台をつくってくれていたことがありました。

園庭に毎年咲く藤棚を再利用したものです。

乾き過ぎれば堅くなって扱いが難しくなるんです、と保育園の先生が話してくれたことを思い出しました。

改めて、目の前の規則正しい編み目に魅了されます

100年つかえるものをつくる人がいるとすれば、わたしたちは親子代々でつかい、長く後世へ伝えたいと感じました。

木の器

栃の木 白木 小鉢
栃の木 白木 小鉢
漆塗装された木器 光沢が美しい
漆塗装された木器 光沢が美しい

店奥に、木の器が並ぶスペースがあります。

木の質感をそのまま魅せた白木の器と、仕上げ塗装が施された器。

どちらも同じ木の器ですが、仕上げ方によってこんなにも表情が違うのかと驚かされます。

木器~飯椀、汁椀が表情豊かに並ぶ
木器~飯椀、汁椀が表情豊かに並ぶ

同じ汁椀でも、つかわれた木の部分が違うため、木目がまったく違うのが見てとれます。

実は、趣味が高じて木でお皿をつくろうとしたことがあるのですが、とても普段づかいになるようなものには仕上がりませんでした。

木というのは、節目があったり木目の向きがあったりして、同じように彫れないこともよくあります。

ざらざらの木肌が、手に触れても気にならないところまで磨き上げるには、機械をつかったとしても力と時間が必要です。

陳列された汁椀の縁は、口元に合わせてか、ふんわりと丸く整えてありました。

ひとえに、つかいやすくするために力と時間をかけて受け継がれてきた、職人さんのこだわりを垣間見た気がします。

栃の木 七寸 平皿ほか
栃の木 七寸 平皿ほか

日本で古くからつかわれていたのは、木の器なのだそうです。

木の器でなければ、できたてのものを入れた器を持ち上げたり、直接口をつけたりする日本特有の食事マナーはなかったかもしれません。

軽くて、持ちやすく、冷めにくいという多機能な点が木の器、ひいては民芸品の魅力だといいます。

あらためて、民芸品の魅力やそれぞれの品に関わる逸話などについて、店主の野嶋雅弘(のじま まさひろ)さんに聞きました。

インタビューを読む

手仕事の店 倉敷民芸のデータ

名前手仕事の店 倉敷民芸
住所岡山県倉敷市阿知2-17-25
電話番号086-425-3184
駐車場あり
利用料金に関わらず1~2時間無料(商店街提携駐車場)
営業時間午前10時から午後7時まで
コロナ禍は午後6時までの時短営業(臨時的措置)
定休日
祝祭日は営業(振替休日の場合は水曜日)
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • Suicaなど交通系ICカード・iD・QUICPay・PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払い・au PAY

倉敷とことこ からのお知らせ

Ads by Google
あおましいろ

あおましいろ

倉敷市在住、三姉妹(あお・まし・いろ)のアラフォーかあさん。なんでもかんでも活かしてみたくて、DIY、ハンドメイド、家庭菜園などなどにチャレンジ中。倉敷市の魅力がより活きるような情報を発信します。

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 倉敷市民レポーター教室
  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 買っとこ
  • 手仕事の店 倉敷民芸 ~ 本通り商店街で道具をとおして日本の文化と生活を伝えるお店