倉敷とことこ
森のかくれんぼ ~ 開けば笑顔があふれ出す!時間を忘れて楽しめる西日本唯一のしかけ絵本専門店

森のかくれんぼ ~ 開けば笑顔があふれ出す!時間を忘れて楽しめる西日本唯一のしかけ絵本専門店

買っとこ , 雑貨 / 2019.12.02

分厚い本の表紙を開くと、見たこともないような景色が飛び出してくる「しかけ絵本」。

次から次へとページをめくりたくなり、気が付けば夢中で見入って時が経つのも忘れてしまうほどです。

しかけ絵本には、魔法のようなワクワクドキドキでいっぱいの魅力があふれています。

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼ」は、日本で2軒しかない、そして西日本唯一のしかけ絵本専門店です。

店内は、まさにしかけ絵本の海!

芸術品のように美しい本や、思わずプレゼントしたくなる楽しいしかけの本がいっぱいです。

ひとつひとつじっくり見ていると、まるで子供の頃に戻ったような楽しい時間が過ごせます。

お店にはどんなしかけ絵本がかくれんぼしているのか、探しに行きませんか?

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼのデータ

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼ 外観
名前しかけ絵本専門店 森のかくれんぼ
地域
お店の分類
ジャンル
住所岡山県倉敷市鶴形1-3-3
電話番号086-424-0696
駐車場なし
営業時間平日 午前10時~午後6時30分
日・祝日 午前10時~午後5時
定休日
支払い方法現金
クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express、Diners、Discover)
電子マネー(Suicaなど交通系ICカード、nanaco、楽天Edy)
PayPay
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページしかけ絵本専門店 森のかくれんぼ

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼまでの行き方

道順を確認

 

蔵書は圧巻の約1,300冊!ゆっくり時間をかけてお気に入りを探そう

森のかくれんぼ 店内全体図

しかけ絵本 森のかくれんぼ」の店内は、絵本好きにはたまらない楽しい空間です。

しかけ絵本やセレクトされた絵本、絵本にまつわる雑貨などがところ狭しと並んでいます。

森のかくれんぼ 店内全体図

壁一面のしかけ絵本。
こんなに種類があったのかと驚かされますね。

しかけ絵本の蔵書はなんと約1,300冊。
いまは絶版になったものや、海外の貴重な本も揃います。

森のかくれんぼ 店内全体図

奥の奥まで本がずらり。
どれも開いて見ることができますよ。

店主の森睦子(もり むつこ)さんが、お客さんと対話をしながら丁寧に本を選んでいる姿が印象的でした。

森のかくれんぼ 店内

▲外国の大人っぽい絵本もあります。こちらはしかけ絵本ではなく、切り絵の絵本。
繊細な切り絵が浮かび上がってくるようです。

芸術品のようなしかけ絵本にうっとり!かわいい雑貨も必見

森のかくれんぼ 店内

絵本は仕入れたあと、出版社に返品することはないため、全ての絵本に愛着があるのだとか。

「本が売れると嬉しい反面、寂しくもあるんです」と店主の森さん。

森のかくれんぼ 眠れる森の美女

「眠れる森の美女」の一幕。
見てください、この繊細な細工を!

本を大切にする森さんの気持ちが伝わるのか、オープンしてから4年間で本の破損は1冊だけだそうですよ。

森のかくれんぼ しかけ絵本

色づかいもシックで、子供用というよりはむしろ自分に欲しいと思った1冊。

こんな素敵な本を、惜しげもなくバンバン見せてくれます。

森のかくれんぼ しかけ絵本

女の子が夢中になりそうな、360度開くしかけ絵本。
お人形遊びも出来るので、プレゼントに買い求めるお客さんも多いそうです。

森のかくれんぼ しかけ絵本

男の子には、大迫力の飛び出す恐竜絵本がぴったり。
本から大きく飛び出した恐竜からは、鳴き声まで聞こえてきそうなリアルさですね。

森のかくれんぼ 雑貨

レオ・レオニの絵本や「パムとケロ」など、絵本ファンなら散財してしまいそうなコレクション。
食器がかわいすぎます!

森のかくれんぼ 雑貨

アンティーク雑貨は、主にイギリスやドイツのもの。
手仕事の良さが分かる、美しいマグカップに一目惚れしてしまいました。

森のかくれんぼ 雑貨

のぞき穴から美観地区!?ロンドン万博からアリスまで

森のかくれんぼ しかけ絵本

ひとくちに「しかけ絵本」といっても、種類はたくさんあり、歴史は17世紀にもさかのぼるのだとか。

森のかくれんぼでは、以下のような本をしかけ絵本としています。

  • 飛び出す絵本
  • ポップアップ絵本
  • からくり絵本
  • 穴あき絵本
  • 触れる絵本
  • 光る絵本
  • 音が出る絵本
  • 舞台絵本
  • 一般の絵本に何らかの工夫がされている絵本

森のかくれんぼ じゃばらタイプ

レジの横に、アンティークタイプのしかけ絵本がありました。
あれ?左下の絵本、どこかで見たことあるような景色ですね…?

森のかくれんぼ じゃばらタイプ

アンティークのしかけ絵本はじゃばらになっていて、丸い穴から中をのぞき込んで楽しみます。

この本は、どんな景色を見ることが出来るでしょう。
もう分かりましたか?

森のかくれんぼ 倉敷美観地区

柳に白鳥、そして小さな舟、橋…。
これはまさしく倉敷美観地区!

じゃばらの遠近法を使って奥行きを出しているんですね。
お土産にも良さそうです。

森のかくれんぼ しかけ絵本

ちなみにこちらは18世紀に開かれた、第1回ロンドン万国博覧会のようすを表したしかけ絵本です。

奥行きが素晴らしく、行き交う人々や天井まで、あまりの細やかさに感動です。

森のかくれんぼ しかけ絵本

18世紀のじゃばら状絵本から、しかけ絵本は飛躍的に進化を遂げました。

特に、2006年に発売された『不思議の国のアリス』は、見たことがあるかもしれませんね。

森のかくれんぼ ロバート・サブダ

しかけ絵本『不思議の国のアリス』の作者ロバート・サブダは、アメリカ人のしかけ絵本作家です。

日本では、まだ数えるほどしかいない「しかけ絵本作家」。

アメリカ、イギリス、フランスなどは数多くのしかけ絵本作家を輩出し、森のかくれんぼでも多数の蔵書をそろえています。

プレゼントにもおすすめ!クリスマスのしかけ絵本

森のかくれんぼ クリスマスブック

取材当時は11月下旬。
店の中央にクリスマスツリーがあり、店内はクリスマスの本でいっぱい。

クリスマスにおすすめの、しかけ絵本を選んでもらいました。

森のかくれんぼ クリスマスブック

まずは『クリスマスのまえのよる』。英題の「The Night Before Christmas」が有名ですよね。

実は、現在の「クリスマスのサンタクロース」のイメージを作ったお話だということを知っていますか?

森のかくれんぼ クリスマスブック

赤い服のサンタさん、空からそりに乗ってやってくる、そりはトナカイが…。

絵柄を変えて、国を超えて、何年も語り継がれているクリスマスのお話です。

森のかくれんぼ クリスマスブック

クリスマスをワクワク待ちわびるのに、ピッタリな1冊がこちら『誰も知らないサンタの秘密』。

サンタさんのお家では、クリスマスに向けて準備の真っ最中。
家の外に回ると…

森のかくれんぼ クリスマスブック

こっちにもいっぱい!
お家の中と外、1ページで2度美味しい、絵本の回りをぐるぐる眺めたくなる本ですね。

森のかくれんぼ クリスマスブック

ほかには、小さな人形劇のようなベツレヘムのお話の絵本。

森のかくれんぼ クリスマスブック

アンティークとしても素敵な五角形のしかけ絵本など、本当にバラエティ豊かです。

しかけ絵本を読みながら、クリスマスを待ちわびたいですね。

素敵なしかけ絵本を扱っている店主、森睦子(もり むつこ)さんにインタビューをしました。

インタビューを読む

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼのデータ

しかけ絵本専門店 森のかくれんぼ 外観
名前しかけ絵本専門店 森のかくれんぼ
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市鶴形1-3-3
電話番号086-424-0696
駐車場なし
営業時間平日 午前10時~午後6時30分
日・祝日 午前10時~午後5時
夜間営業
定休日
支払い方法現金
クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express、Diners、Discover)
電子マネー(Suicaなど交通系ICカード、nanaco、楽天Edy)
PayPay
予約の可否
座席
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページしかけ絵本専門店 森のかくれんぼ
あまむらみちえ

あまむらみちえ

甘味、辛味、お肉が大好きな食いしん坊ライター。チーズケーキと担々麺に目がありません。2児の母でもありますが、子どもと争って食べている大人げないアラフォーです。
大好きな倉敷美観地区の、美しくて美味しい魅力をお届けいたします!

森のかくれんぼ 店主 森睦子さん

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 買っとこ
  • 雑貨
  • 森のかくれんぼ ~ 開けば笑顔があふれ出す!時間を忘れて楽しめる西日本唯一のしかけ絵本専門店