倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
CAFE BRIDGE(カフェブリッジ) ~ 真備町でオーダーメイドの一杯を。おいしい珈琲とダッチベイビーが魅力的なカフェ

CAFE BRIDGE(カフェブリッジ) ~ 真備町でオーダーメイドの一杯を。おいしい珈琲とダッチベイビーが魅力的なカフェ

食べとこ , グルメ / 2020.06.22

CAFE BRIDGE(カフェブリッジ)のオーナー・竹内雄哉(たけうち ゆうや)さんインタビュー

おいしい珈琲と出会い、おいしい珈琲を伝えるかけ橋となりたいと思うようになった

CAFE BRIDGE 竹内雄哉さん

カフェを始めようと思ったいきさつを教えていただけますか。

竹内
もともと喫茶店やカフェに行くのが好きで、趣味で岡山県内外のお店へ行ってました。そこで、今から約5~6年前においしい珈琲に出会ったのが始まりですね。

珈琲ってこんなにおいしいんだと、どんどんハマっていって、珈琲の勉強のためにいろんな珈琲のお店を巡るようになりました。

そして、岡山県真庭市にある「富岡珈琲」で今の師匠と出会い、「いつか自分もおいしい珈琲を伝えたい、かけ橋となりたい」と思うようになったんです。

CAFE BRIDGE 外観

真備町でお店を開いたキッカケは?

竹内
自分のお店を出すことになって、倉敷市内のいろんな物件をまわりました。なかなか納得できる物件がなくて、最後に出会った不動産屋のかたがいい人で、この人から借りようと思いました。

そのかたが、「真備町はどうですか?」と提案されたのがキッカケです。

真備町へは平成30年7月豪雨後すぐに、友人の実家があったのでボランティアへ訪れてからしばらく行けてなかったんですね。

物件をすすめられてから、真備町のことを考えるようになって。実際にこの場所に訪れてみて、雰囲気的にもいいなと思って決めました。

お店のこだわりは、1杯ずつのオーダーメイドの珈琲。ぜひダッチベイビーと一緒に味わって

CAFE BRIDGE コーヒーを淹れるようす

珈琲に対する竹内さんのこだわりを教えてください。

竹内
珈琲は、ハンドドリップ、フレンチプレス、エアロプレスの3種類で提供していますが、お客さんの好みを調節しやすいのでほぼハンドドリップで提供しています。

お店のこだわりは、一杯ずつのオーダーメイド。その日の気分や天気、珈琲のお好みに合わせてお出ししてるんです。

例えば、雨の日だと心がどんよりしがちですよね。なので、刺激の強い珈琲にしないように、温度も少し下げるようにしてるんです。

珈琲は繊細で奥が深いですね。

CAFE BRIDGE チョコバナナと安納芋のモンブランクリームのダッチベイベー

お店の看板メニュー、ダッチベイビーを提供しようと思ったのは?

竹内
岡山でダッチベイビーの専門店がなかったからですね。

あと、珈琲がメインのお店なので、珈琲に合うスイーツ系とお食事系の両方を提供できるからです。

ダッチベイビーを目当てで来てくれるお客さんも結構いらっしゃいますよ。

真備町でオープンして約半年、たくさんのひとに助けてもらった

CAFE BRIDGE ベリーベリーソーダ(テイクアウト)

ベリーベリーソーダ(テイクアウト)

お店がオープンしてから半年経ちましたが、新型コロナウイルスの影響などで大変だったことなどお話いただけますか。

竹内
2020年4月は、新型コロナウイルスの影響があって、お客さんがかなり減って厳しかったですね…。でも本当にありがたいことに、5月のゴールデンウイークから忙しくなりました。

5月はテイクアウトを利用するかたが多かったですね。

CAFE BRIDGE ローストビーフ自家製ソース添えのダッチベイベーとコーヒー

真備町でお店を始めてよかったことを教えてください。

竹内
一番ここでお店を始めてよかったのが、周りの飲食店のオーナーのかたがいい人ばかりで仲良くさせてもらってることです。

私は真備町外からきたよそ者なのに、それこそお店の工事のときからよく声をかけてもらって。

たまたま同じ敷地内の「讃岐うどん かわはら」の川原社長が遊びにきてくれたとき、自分のお店が忙しくて。バタバタしていたところ、川原社長が手伝ってくれたこともあったんです。ありがたかったし、嬉しかったですね。

CAFE BRIDGE 店内

また、真備のお客さんもあたたかいかたが多くて。コロナウイルスの影響でお店が大変な時期は、真備の常連のかたが毎日来てくれました。

「大変な時期だから毎日来るね」、「応援してるよ」の言葉にすごく救われました。

本当にこの真備町でお店を出してよかったと思います。

今後のCAFE BRIDGE(カフェブリッジ)について

CAFE BRIDGE 竹内雄哉さん

最後に、今後のお店の展望があればお話ください。

竹内
先のことはまだあまり考えられてないのですが、もっとこのお店「CAFE BRIDGE(カフェブリッジ)」を多くのかたに知ってもらいたいですね。

引き続き珈琲に特化したお店として、いろんなかたにいろんな楽しみ方をしてもらいながら、その人にあったものを提供していけたらと思います。

さいごに

CAFE BRIDGE 珈琲豆

お店に訪れるお客さんに気さくに声をかけるオーナーの竹内さん。

いろいろなかたが集まれる場所として少しずつ広まりつつある、真備町の新たなスポット「CAFE BRIDGE」。

ひとりひとりに真心をこめて食事と飲み物を提供するカフェへ、自分好みの味を求めて行ってみてはいかがでしょうか。

きっとあなだだけの「お気に入り」が見つかるはずですよ。

CAFE BRIDGE(カフェブリッジ)のデータ

CAFE BRIDGE 外観
名前CAFE BRIDGE(カフェブリッジ)
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
住所岡山県倉敷市真備町有井94
電話番号080‐7102‐9785
駐車場あり
営業時間午前8時~午後7時(ラストオーダー午後6時30分)
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
予約の可否
座席14席
カウンター席:4席
テーブル席:10席
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページCAFE BRIDGE(Instagram)
まつこ

まつこ

生まれも育ちも倉敷、結婚を機に現在は真備町在住。
食べ歩きと美観地区散策が大好きなのんびり屋の30代。
豪雨災害で自宅は浸水から免れ、真備町の復興へ少しでも貢献したいと猫好きな夫に支えられつつ奮闘中。
竹の子の里・真備町の「今」をお届けいたします!

CAFE BRIDGE ローストビーフ自家製ソース添えのダッチベイベーとコーヒー

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • グルメ
  • CAFE BRIDGE(カフェブリッジ) ~ 真備町でオーダーメイドの一杯を。おいしい珈琲とダッチベイビーが魅力的なカフェ