倉敷とことこ
いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 ~ 美術作品から想像してフレグランスを作る、大原美術館のワークショップ

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 ~ 美術作品から想像してフレグランスを作る、大原美術館のワークショップ

イベント情報 / 2019.11.24

絵画の香りを想像したことはありますか?

2019年11月10日(日)、大原美術館でワークショッププログラム「静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~」が開催されました。

美術作品からイメージして香りを作るワークショップです。

3回ある開催日のうち、1回目のようすを取材しました。

大原美術館内は通常、撮影禁止です。今回は特別に撮影許可をいただいています。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会のデータ

名前いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会
地域
施設の分類
所要時間
所在地岡山県倉敷市中央1-1-15
電話番号086-422-0005
駐車場なし
開館時間2019年11月10日(日)、2019年12月8日(日)、2020年1月11日(土)
それぞれ午後2時~午後3時半
事前予約制
休館日
入館料(税込)2,000円(税込)
※会場となる大原美術館各館の入館料を含む
支払い方法現金
予約の可否
メールにて事前予約制
申込み方法は公式ページを参照
タバコ
トイレ

子育て


授乳室は工芸館にあり
オムツ替えシートは本館2階および工芸館にあり
バリアフリー


ホームページいこうdeオオハラ企画 静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~ | 大原美術館

いこうdeオオハラ企画 静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~ の概要

大原美術館

大原美術館は、「いこうdeオオハラ」と題したワークショップを企画・実施しています。

参加者が美術や美術館に親しみながら、豊かな発想を広げ表現することを目指す、体験型のプログラムです。

「いこうdeオオハラ」の企画のひとつが、「静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~」。

大原美術館の所蔵作品を鑑賞し、美術作品からイメージしてオイルフレグランスを作ります

計3回開催されるワークショップです。

各回共通の情報は以下のとおり。

企画名 静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~
開催時間 午後2時~午後3時30分
定員 各日15名 ※事前予約制
参加費 2,000円(税込)
講師 川田 里実(かわだ さとみ)さん

開催日によって、対象作品と対象年齢が異なります。

日にち 対象作品 対象年齢 会場
2019年11月10日(日) 19~20世紀の西洋絵画 中学生~一般 大原美術館本館
2019年12月8日(日) 19~20世紀の西洋絵画 小学生とその保護者 大原美術館本館
2020年1月11日(土) 日本の現代美術 中学生~一般 大原美術館分館

2019年11月10日時点の情報によると、2回目となる12月8日は、定員が残りわずか。
2020年1月11日はまだ空きがあるため、申込可能です。

申込み方法や最新情報は、公式ページを確認してください。

ワークショップのようす

2019年11月10日のワークショップのようすを、レポートします。

グループで作品を鑑賞しながら、香りを考える

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

まずはワークショップの説明を受けます。

それからグループに分かれて、スタッフと一緒にひとつの作品をじっくり鑑賞しました。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 グループ鑑賞

絵を見て、スタッフと対話しながら、感じたことを深堀りしていきます。

  • 何が描かれている?
  • 時間帯はいつだと思う?
  • どんな場所にいる?
  • 背景にはどんな色が使われている?
  • どんな香りがしそう?
  • どこから香っている?
  • 香りは1種類?

みなさん、悩みながらも楽しそうに答えていましたよ。

どんなシーンなのだろう、なぜこの色なのだろうと考えて、香りを想像しながら見ると、作品の見えかたが変わってくるのを感じました。

感じることは、人それぞれ。
他の参加者の意見を聞くことで、「そういう風に見えてきた」「なるほど、そんなとらえかたもできるんだ」などと発見がありましたよ。

好きな作品を鑑賞し、香りをイメージする

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

一度集まって、次の説明を受けます。

「作品が語りかけてくれることを、言葉に落としてみましょう」と、感じたことを書き留めるメモを受け取りました。

  • 何が描かれているか
  • どんな感じがするか
  • どんな香りを作りたいか

好きな作品を選んで、鑑賞しながら香りを考えます。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

絵を真剣に眺める参加者の皆さん。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

絵から何を感じ、どんな香りを作ろうとしているのでしょうか。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

香りについて学ぶ

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

作品を選んで、作りたい香りのイメージが固まったところで、部屋を移動します。

講師の川田里実さんより、説明がありました。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

このワークショップでは、3つのエッセンシャルオイルを選び、ブレンドしてオイルフレグランスを作ります

エッセンシャルオイルは、植物から採取した、香り成分が凝縮されたもの。

嗅覚は、視覚や聴覚よりも、より本能に直接作用するそうです。

「『なんかこの絵に合う気がする』で大丈夫です。直感を大切に選んでみましょう」とアドバイスがありました。

作品そのものから考えるだけでなく、“作品を感じている自分”から香りをひっぱってきてもいいとのこと。

「好きで選んだ香りによって、心の深い部分のメッセージをキャッチできるかもしれません。

香りと感情はリンクするので、今の気持ちで作品をどうとらえたかを見つめて、インスピレーションを大切にしてください」

と、おっしゃっていました。

香りを選ぶ

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

まずは、15種類のエッセンシャルオイルを、オイルの名前を伏せた状態で嗅ぎます。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

みずみずしい、すーっとする、スッキリなど、どんな印象かメモしていきました。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

作りたいイメージと合う香りはどれか、考えながら真剣に選んでいましたよ。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

ひととおり15種類の香りを確かめたら、香りの説明を読みます。

香りだけで決めてもいいですし、説明を読んで考えてもOK。

香りの名前だけでなく、効能や「清めの香り」「静かな祝福」「自己実現」といったキーワードが書かれていました。

選んだ香りから、自分の心に目を向けることもできます。
「『転換の香り』に惹かれたということは、何かを変えてみようかな」なんて考えられるかもしれません。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

あたたかい雰囲気のワークショップで、笑い声も聞こえてきました。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

3つの香りが決まったら、適切な配合でブレンドしてもらい、シールを貼って完成です。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

ロールオンタイプのボトルに入れるため、くるくるっと塗るだけで手軽に日常的に使えます。
手首や耳の後ろに塗るのが定番ですが、胸元に塗っても自分が香りを楽しめるそうです。

直射日光を避けて保管すれば、半年ほど香りを楽しめるとのこと。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 モネ『睡蓮』

モネ『睡蓮』

参加者の作った香りを、いくつか嗅がせてもらいました。

モネの『睡蓮』をモチーフにして香りを作った女性は、迷わず3種を選べたそうです。
著者には、清らかな爽やかさと華やかさを感じる香りだと感じました。

フォートリエ・ジャンの『人質』で香りを作った大学生は、どこかクールでかっこいい香り。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 ボナール『欄干の猫』

ボナール『欄干の猫』

ボナールの『欄干の猫』で香りを作った女性は、「猫の香りにしたい」と話してくれました。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

同じ作品をモチーフにした人でも、異なる香りができあがります。

できあがったフレグランスを「どんな香り?」と参加者同士でも確かめあい、「いい香り」「どのオイルを選んだの?」と盛り上がっていました。

じっくり考えて作った香りに、みなさん満足そう!

講師の川田さんにインタビュー

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

講師の川田里実さんに話を聞きました。

どんなふうに参加してほしいと思われましたか?

川田
作品に描かれたものだけにとらわれることなく、自由な発想で楽しんでもらいたいと思いました。
「こう感じた」という、自分の感覚を大切に、してもらえたら。

持ち帰った香りで、今日を思い返してもらえたらと思います。

参加者の反応を見ていかがでしたか?

川田
作った香りを気に入ってもらえて、楽しい時間を過ごしてもらえたようで嬉しいです。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

参加者の感想

参加者にも感想を聞くと、次のような声が挙がりましたよ。

  • なかなかない機会なので楽しかったです
  • 香りをブレンドしたのは初めてだったので、作れてよかったと思います
  • 選んだ香りを混ぜたらどうなるのか心配だったけど、素敵な香りになりました
  • 嗅覚を使うことで、ふだん見るのと違う感覚で面白かったです

著者も体験してみました

ワークショップがとても楽しそうだったので、著者も体験してみました。

「まとっていると”いい女”な気分になれそうな香り」にしたいなあと、方向性を絞って作品を選ぶことに。

気品があって、幸せそうでもあり、いい香りがしていそうで、心惹かれる作品を探しました。
モディリアーニもいいしマティスもいいなあ、と悩みながら、選んだのは、アマン=ジャンの『髪』。

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

楕円形のキャンバスに、髪を束ねているところが描かれています。

身支度を整えて、これから、さらに美しくなるのでしょうか。
香りを想像しながら眺めていると、むわん、と甘く華やかな香りが漂ってくような気がしました。

選んだ香りをブレンドすると、甘さの中に少し若さを感じる香りに。

ときどき、耳の後ろにくるっと塗っています。作品の優雅さを思い出してはリッチな気持ちになれるので、香りの力ってすごいなあと感じました。

思い出になる香りを作ろう

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

香りは記憶を呼び起こしやすい、といわれます。

日常的に楽しめるオイルフレグランスで、作品を思い出せたら素敵ですね。

あなただったら、どんな作品を選び、何を感じ、どんな香りを作るでしょうか。

ぜひ、嗅覚を使って作品を鑑賞して、イメージを膨らませた香りをつくってみませんか。

大原美術館 ~ 見どころは?モネ、エル・グレコなど有名作品だけじゃない、常に進化し続ける美術館

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会のデータ

名前いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会
地域
施設の分類
所要時間
所在地岡山県倉敷市中央1-1-15
電話番号086-422-0005
駐車場なし
開館時間2019年11月10日(日)、2019年12月8日(日)、2020年1月11日(土)
それぞれ午後2時~午後3時半
事前予約制
休館日
入館料(税込)2,000円(税込)
※会場となる大原美術館各館の入館料を含む
支払い方法現金
予約の可否
メールにて事前予約制
申込み方法は公式ページを参照
タバコ
トイレ

子育て


授乳室は工芸館にあり
オムツ替えシートは本館2階および工芸館にあり
バリアフリー


ホームページいこうdeオオハラ企画 静かに香る鑑賞会~あなただけの香りのお守りを作ろう~ | 大原美術館
吉野なこ

吉野なこ

写真と旅を愛する、倉敷そだちのデザイナー。
倉敷のときめくものや素敵なところをお届けします!

いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 観とこ
  • イベント情報
  • いこうdeオオハラ 静かに香る鑑賞会 ~ 美術作品から想像してフレグランスを作る、大原美術館のワークショップ