倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
建築物としての「大原美術館 本館」 ~ 1930年当時は最先端。鉄骨鉄筋コンクリート造でエコなローマ神殿風建築(倉敷建築紀行 Vol.5)

建築物としての「大原美術館 本館」 ~ 1930年当時は最先端。鉄骨鉄筋コンクリート造でエコなローマ神殿風建築(倉敷建築紀行 Vol.5)

観とこ / 2022.09.15

倉敷が誇る文化施設である「大原美術館」。

大原孫三郎(おおはら まごさぶろう)が、パトロンとして援助していた洋画家の児島虎次郎(こじま とらじろう)に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術と児島の絵画を展示するために、1930年(昭和5年)に開館しました。

建設のきっかけは、前年(1929年)に児島虎次郎が死去し、酒津の地に美術館構想の想いを実現することであったといわれています。

現在「大原美術館 本館」と呼ばれている建物は、一般的に「ギリシャ神殿のような建築物」といわれ、江戸時代からの伝統的な木造建築が並ぶ美観地区においては、異質な存在のように感じられるかもしれません。

しかし、そこには倉敷の町並み、大原孫三郎と児島虎次郎に対する建築家の配慮など、さまざまな想いが詰まっています。

建築設計を担当したのは「薬師寺主計(やくしじ かずえ)」という人物です。

この記事では、建築物としての「大原美術館 本館」に着目して考察します。

大原美術館内は通常、撮影禁止です。今回は特別に撮影許可をいただいています。

記載されている内容は、2022年9月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

大原美術館とは

今橋と大原美術館

大原美術館は、1930年(昭和5年)に開館した、日本で最初の西洋美術を中心とした私立美術館です。

現在は本館、分館工芸・東洋館新児島館(仮称)にわかれています。

2022年9月現在は分館が休館中であるため、本館では近代日本の洋画や現代アートも展示されていますが、通常時は西洋美術を中心に展示されています

アトリウム
アトリウム

建物の基本的な構造は、1930年のオープン以来大きく変わっていませんが、1991年(平成3年)の増築工事で本館は以下の構成となりました。

  • 本館
  • 本館と管理棟の間に「ガラスのアトリウム」
  • 本館の裏側に「新展示棟」

エル・グレコ《受胎告知》、クロード・モネ《睡蓮》、ポール・ゴーギャン《かぐわしき大地》など、現代においては高い評価を得ている名画の数々は本館で展示されています。

このため、大原美術館は「近代の名画を収蔵する美術館」と思われがちですが、児島虎次郎の収集当時から、同時代の芸術家の作品を中心に収集してきています

現代においてもアーティストのレジデンスプログラム「ARKO」による制作支援、企画展・作品購入などで、今を生きる作家を支援しており、文化事業にも力を入れている美術館です

日本の美術の発展のために本物の西洋美術を見せたいと願った、孫三郎と虎次郎の想いが、現在も受け継がれています。

大原美術館 本館の設計は建築家「薬師寺主計」

薬師寺主計
薬師寺主計
写真:上田恭嗣氏 蔵

大原美術館 本館の建築設計は岡山県総社市出身の建築家「薬師寺主計(やくしじ かずえ)」が行いました

有隣荘第一合同銀行倉敷支店(中国銀行倉敷本町出張所、現在の「新児島館(仮称)」)も、薬師寺主計の設計です。

1909年東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、陸軍省の技師として活躍し、後に天皇から任じられた技師となっていましたが、大原孫三郎の要請に従う形で依願退職し、倉敷絹織(現在の株式会社クラレ)の取締役に就任します。

取締役になっていることから、薬師寺主計が建築の知識だけでなく、経理・施設管理など総合的な経営感覚を有し、今でいうマネージメント力も認められていたことがうかがえるでしょう。

その能力は、実は大原美術館 本館の建設にも活かされています。

工期はわずか「6か月」程度

今では考えられないような短期間で竣工しており、設計・見積・工程管理・予算管理などの実行力と能力の高さを感じさせます。

本館の建築はギリシャ神殿風ではなく「ローマ神殿風」

ローマ神殿風

大原美術館 本館の外観としてもっとも特徴的なものは、本館入り口の「柱」でしょう。

パルテノン神殿に代表される「ギリシャ神殿のような建物」

一般的にはこのように称されることが多いかと思います。実は筆者自身もそう思っていました。

しかし、正確には「ローマ神殿風の建築様式」です。理由は以下の4点です。

  • ギリシャ神殿は「柱の建築」で、丘の上に建てられることが多く、神殿の周囲には柱が立てられた
  • ローマ神殿は市中の広場や道路に面して建てられたため、正面のデザインが重んじられた
  • 正面のペディメント(上部の三角形屋根の壁部分)には、装飾がなく簡素なこと
  • ギリシャ神殿で建物の四方に設けられた石段が、ローマ神殿では正面にしかない

などの点を踏まえると、大原美術館 本館の建築はギリシャ神殿風ではなく、ローマ神殿風と理解できます。

本館は石造ではなく、鉄骨の入った鉄筋コンクリート造(SRC造)

壁はモルタル

「ローマ神殿風」の建物なので、石造と思っているかたも多いでしょう。

実は、大原美術館 本館は「鉄骨の入った鉄筋コンクリート造(SRC造)」でした。現代においては高層のビルなどではよく計画されますが、1930年当時としては最新鋭の建築方式です。

薬師寺主計は陸軍省時代に関東大震災を経験し、陸軍施設の復興に尽力したことから知識と経験を有しており、美術品を保管する場所としてより強固な建築方式を採用したと思われます。

また石のように見える壁は、モルタル(セメントに砂を混ぜたもの)で叩き仕上げになっています。

石が使われているのは、正面の階段がある基壇(きだん)部分のみで、ここには金光産(現在の浅口市金光町)の花崗岩(かこうがん)が使われているそうです。

基壇(きだん)
敷地面より一段高くつくった建物の基礎のこと

柱の上部にある飾り(デザインは「イオニア式」)もモルタルで仕上げられ、当時の大原家の財力をもってすれば、すべて石を用いて作ることは可能だったといわれています。

しかし、薬師寺はそれをあえて行わず建設費をいかに抑え、より素晴らしい建物を作り出すかを考えました

大原家への配慮と同時に、薬師寺主計の設計思想・経営感覚の表れといえるでしょう。

鉄骨

鉄骨が入っていることが明らかになったのは、1991年の増築工事時です。

現在の本館1階から、「アトリウム」と呼ばれるガラス張りの建物に入る際、鉄骨があらわになっています

鉄骨

これは何か意図を持って作られた「オブジェ」と思っているかたも多いそうですが、実はこれが本館に使われていた鉄骨です。

キレイに磨き上げられていますが、開館から90年以上経った現在も、建物を支え続けているのです。

自然採光を積極的に取り入れた「エコな構造」

2階展示室の天窓(現在は照明器具)

大原美術館 本館が建設された1930年と現在で大きく変わったのは、照明でしょう。

現在の美術館は大原美術館に限らず、人工照明が多いと思いますが、これは絵画の日焼け・色あせを防ぐためです。絵画にとって紫外線は大敵です。

しかし、1930年当時電気はもちろん、照明器具も貴重品で高価でした。

このため、「自然採光」を積極的に取り入れる構造となっており、現在の2階展示室には「天窓」が設けられていました

丸窓から採光
丸窓から採光
採光窓で1階に取り込む
採光窓で1階に取り込む

また、現在大原美術館の象徴的な存在である「丸窓」も、実は2階の階段室から取り入れた光を、1階の事務室(現在は使われていない)のガラス天窓に取り込む目的でも設置されたといわれています。

大原美術館 本館の外観・内部をチェック

それでは、建物に着目して大原美術館 本館を見てみましょう。

本館の外観
本館の外観
ローマ神殿風の建物
玄関灯は児島虎次郎が美術館建設を夢見て手に入れていたものといわれている。
ローマ神殿風の建物
玄関灯は児島虎次郎が美術館建設を夢見て手に入れていたものといわれている。
当初の設計から変更し、児島が所有していた玄関灯を設置したのは、薬師寺主計の児島に対する想いが表れたものかもしれない
当初の設計から変更し、児島が所有していた玄関灯を設置したのは、薬師寺主計の児島に対する想いが表れたものかもしれない
本館入り口
本館入り口
扉を開けると、児島虎次郎の「和服を着たベルギーの少女」が見える
扉を開けると、児島虎次郎の《和服を着たベルギーの少女》が見える
1991年の増築工事で登場した鉄骨
1991年の増築工事で表にあらわれた鉄骨
キレイに磨きあげたそう
キレイに磨きあげたそうです
アトリウム
アトリウム
アトリウム内の、本館側の壁はモルタル造
アトリウム内の、本館側の壁はモルタルの叩き仕上げ
壁庇(かべひさし)が設けられている。これがあるだけで、建物の耐久性は大きくかわるとか
壁庇(かべひさし)が設けられている(当初はこの下に窓があった)。これがあるだけで、建物の耐久性は大きくかわるとか
本館1階の事務室(現在は使用されていない)
本館1階の事務室(現在は使用されていない)
開館当時は、事務室のある場所から2階にあがることができた(現在はアトリウムを通るため利用不可)
開館当時は、事務室のある場所から2階にあがることができた(現在はアトリウムを通るため利用不可)
2階の丸窓
ステンドグラスの入っていない2階の丸窓
現在では大原美術館の象徴的な存在となった「丸窓」
現在では大原美術館の象徴的な存在となった「丸窓」
丸窓のロックは独特の形状
丸窓のロック金物は手になじむ独特の形状
丸窓からはイオニア式の柱がよく見える
丸窓からはイオニア式の柱頭がよく見える
2階展示室の扉上部にも採光用の窓がある(現在は使われていない)
2階展示室の扉上部にも採光用の天窓があった。現在は人工照明
増築工事後は観覧ルートになっているが、本来は「裏口」であったため階段の作りは質素
増築工事後は観覧ルートになっているが、本来は屋上の点検管理用であったため階段の作りは質素

なぜヨーロッパ建築なのか?

大原美術館本館はヨーロッパ建築

ちなみに、ギリシャ神殿風・ローマ神殿風という違い以前に、「大原美術館 本館がなぜ西洋建築なのか?」と疑問を持ったことはありませんか。

倉敷美観地区は江戸時代からの伝統的な町並みが残る場所で、それは1930年当時も変わらなかったはずです。

薬師寺主計は、有隣荘、第一合同銀行倉敷支店(現在の「新児島館(仮称)」)など、当時主流だった洋風・和風建築も手がけています。おそらく技術的にはなんでもできたはずです。

ローマ神殿様式という西洋の建築・芸術の原点に戻った建物を設計することによって、美術・芸術作品についてもすべての時代を超越した建物として受け入れられる」と考えたのではないでしょうか。

そのように、ノートルダム清心女子大学名誉教授の上田恭嗣(うえだ やすつぐ)氏は語ってくれました。

おわりに

大原美術館を訪れると、アート作品を見てしまいますが、本館も建設から90年以上経過し建物そのものに歴史的な価値があるといえます。

さらにいえば、大原美術館の前にかかる「今橋」も実は薬師寺主計が設計しており、児島虎次郎による龍が彫られています。

今橋に描かれた龍
今橋に描かれた龍

大原美術館前の石垣は「龍がうねるようなカーブ(身体)」で既存のものを改修し、今橋との一貫したデザインコンセプトでなされたものではないかと上田先生は語られていました。

今橋と大原美術館
今橋と大原美術館

設計者は同じでも時代が異なるものを、一体感を持って設計することは、倉敷美観地区らしいまちづくりとも感じます

薬師寺主計は建築家としてあまり知られていませんでしたが、今につながる美観地区の礎(いしずえ)を築いた人物といえるでしょう。

大原美術館で展示されている美術作品だけでなく、建物にも視野を広げてみると、普段とは違った見え方になるかもしれません。

取材協力
  • 記事監修:ノートルダム清心女子大学名誉教授 上田恭嗣、株式会社浦辺設計
  • 撮影:吉野なこ(一部)
Ads by Google
戸井健吾

戸井健吾

1979年生まれ、倉敷市在住
2児の父親

システムエンジニアの仕事に携わりながら、ブログ・イベント運営など様々な仕事を行っています。

現在は当メディアを運営する一般社団法人はれとこの代表理事を務めつつ、フリーランスとしても活動中。

自分自身が美観地区を楽しみながら、「行ってみたい」と思える情報を発信することをモットーにしています。

信頼できるWEBメディアになれるように、メンバーが一丸となって運営しています。

建築物としての「大原美術館 本館」

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 倉敷市民レポーター教室
  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集
  • ホーム
  • 観とこ
  • 建築物としての「大原美術館 本館」 ~ 1930年当時は最先端。鉄骨鉄筋コンクリート造でエコなローマ神殿風建築(倉敷建築紀行 Vol.5)