倉敷とことこ
有隣荘 外観

有隣荘 ~ 春秋限定公開の特等席から眺める倉敷美観地区

観光 / 2018.10.27

モノトーンの家が並ぶ倉敷美観地区に、緑色の瓦屋根が特徴的な建物があるのを知っていますか?

この美しく立派な建物は、「有隣荘(ゆうりんそう)」という大原家の旧別邸です。

ふだんは外観しか見ることのできない有隣荘ですが、年に春秋の2回だけ特別公開されます。

貴重な特別公開の様子を、取材しました。

有隣荘内は通常、撮影禁止です。今回は特別に撮影許可をいただいています。

大原美術館 有隣荘のデータ

有隣荘 外観
名前大原美術館 有隣荘
地域
施設の分類
所要時間
所在地倉敷市中央1-3-18
電話番号086-422-0005
駐車場なし
開館時間通常は外観のみ見学可能。
2018年10月19日(金)~11月4日(日)は、午前10時~午後4時30分でした。
※午後4時入場締切
※会期中無休
休館日不定休
入館料(税込)【有隣荘入場料】
大人:1,000円
学生:500円

【セット券】
※有隣荘と大原美術館(本館/分館/工芸・東洋館)に入場できます
大人:1,800円
学生:1,000円
支払い方法現金
※大原美術館でセット券を購入する場合のみ、クレジットカード払いが可能
予約の可否不可
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ大原美術館公式ページ

有隣荘とは

有隣荘 外観

有隣荘は、倉敷の経済と文化に大きな影響を与えた「大原家」の旧別宅です

1928年(昭和3年)、大原家七代目当主・大原孫三郎(まごさぶろう)が、病弱な妻のために建設しました。

その後迎賓館として使用され、1947年(昭和22年)には昭和天皇の宿泊所としても使用されたそうです。

現在は「大原美術館」の施設として使われています。

ふだんは外観のみが見学可能で、特別公開の時期を除き、内部は一般公開されていません。

倉敷駅から有隣荘へのアクセス

道順を確認

有隣荘が見学できるとき

有隣荘は、ふだん外観しか見ることができません。しかし、1997年(平成9年)から年に春と秋に1回ずつ、大原美術館主催の特別展示の際に内部が公開されています

2018年秋に公開されたのは、2018年10月19日(金)~11月4日(日)

三瀬夏之介(みせ なつのすけ)さんの「倣玉堂(ほうぎょくどう)」と題した展示が行われていて、それに合わせて有隣荘が見学できます。

春の公開は例年ゴールデンウィークのころ。

2019年春は、4月26日(金)~5月6日(月・祝)に特別展示「緑御殿的美緑(みどりごてんてきみりょく)―ミレー、セザンヌ、会田誠、ロスコ色々」が開催されます。

有隣荘の見どころ

2階からの倉敷美観地区の眺め

有隣荘 2階からの眺め

倉敷美観地区メインストリートの端のほうに位置する、有隣荘。

2階の窓からは、倉敷美観地区を見下ろすことができます

この眺めが、もう最高!

かつては大原家と来賓だけしか見ることができなかった、特等席からの眺望です。

有隣荘 2階からの眺め

倉敷美観地区の美しさに改めて感動しましたし、まるで大地主になったようなとてもリッチな気分になれました。

個人的には、この眺めだけでも特別展示入場料の元が取れる、と感じています。ぜひ見てほしい景色です。

大原美術館も見えましたよ。

有隣荘 2階からの眺め

緑色の屋根瓦

有隣荘 屋根瓦

有隣荘は、緑色の瓦屋根が目立つことで「緑御殿」とも呼ばれています。

この瓦は、画家の児島虎次郎(こじま とらじろう)が、中国で見た孔子廟などにインスピレーションを受けて、有隣荘のために瓦の産地である泉州谷川の窯で特注したものだそうです。

特殊な釉薬が使われていて、見る角度によって黄緑のようであったり、深い緑のようであったり。

また釉薬のかかり具合によって、オレンジっぽいところや白っぽいところもあり、均一でない屋根瓦が、なんとも美しく印象的なのです。

この有隣荘の屋根瓦は、現在の価格で1枚3万円ほどだったといわれています。

和洋折衷の建築

有隣荘 洋間

有隣荘の設計は、薬師寺主計(やくしじ かずえ)によるものです。

薬師寺主計は、大原美術館本館や、登録有形文化財に指定されている 元 中国銀行倉敷本町出張所(新児島館(仮称))などの建築を手がけました。

和風建築部分は、築地本願寺(東京)・明治神宮(東京)などを建築した伊東忠太(いとう ちゅうた)のアドバイスも受けています。

また、内外装の各所には、児島虎次郎の意匠も取り入れられています。

例えば龍模様の欄間(らんま)は、辰年生まれの大原孫三郎にちなんで児島虎次郎がデザインしたんだとか。

有隣荘 龍模様の欄間

テラスに置かれたテーブルと椅子も、児島虎次郎デザインだそうです。

有隣荘  椅子

近代日本庭園の先駆者による庭園

有隣荘 庭

有隣荘には2つの庭があり、それぞれ異なる雰囲気を見せています。1階の和室は開放的なガラス戸なので、屋内から庭を広く眺めることができました。

有隣荘の庭園は、近代日本庭園の先駆者である「七代目 小川治兵衞(おがわ じへい)」によるもの。

明治・大正期の最高の庭師であり、“水と石の魔術師”と呼ばれた作庭家です。

小川治兵衞は、平安神宮神苑(京都)、慶雲館(けいうんかん)庭園(滋賀)、無鄰菴(むりんあん・京都)などの庭を手がけました。

有隣荘 庭

また大原美術館の隣にある、「新渓園」も手がけています。

新渓園 ~ 眺めて歩ける日本庭園と、56畳の和室を持つ建物でのんびり

三瀬夏之介「倣玉堂」について

有隣荘 倣玉堂 小盆地宇宙(部分)

三瀬夏之介「小盆地宇宙」(2018)部分

2018年10月19日(金)~11月4日(日)の期間中、有隣荘では、三瀬夏之介さんによる「倣玉堂」という特別展示が開催されました

2018年の秋しか見られない、有隣荘だけの展示です。

画家の三瀬夏之介(みせ なつのすけ)さんは、日本の伝統的な素材を用いた絵画作品を手がています

若手作家の登竜門であるVOCA賞・第32回京都府文化賞奨励賞などを数々の受賞歴があり、日本各地で個展が行われてきました。

また、文化庁・金沢21世紀美術館・ドイツのザクセン州立美術館・ベネトン財団などに作品が収められています。

三瀬さんは、江戸期の文人画家で大原家にもゆかりのある浦上玉堂(うらかみぎょくどう)に惹かれていたそうです。

展覧会「倣玉堂」では、浦上玉堂作品にインスピレーションを受けて制作された三瀬さんの新作や、浦上玉堂の作品が公開されます。

有隣荘 1階和室

展示作品のうちの2つは、有隣荘に滞在して制作されました。

有隣荘で飾るのに最適なサイズで、日々の日差しの入り具合などを感じながら、作られた作品なんです。

大きな窓から自然光の入る部屋での展示は、天候や時間によっても見えかたが変わります。

しっかり見えるようにいつも均一な光を当てている美術館での展示とは異なるので、少し見づらいことがあるかもしれません。

それこそが作品が描かれた環境であり、おもしろいところでもあるんですね。

三瀬さんの作品は、力強くも有隣荘にしっくりと馴染み、昔からそこにあったかのように感じられました。

入場料(税込)は下記のとおりです。

入場料 一般 学生
有隣荘入場料 1,000円 500円
大原美術館(本館/分館/工芸・東洋館)セット券 1,800円 1,000円

大原美術館(本館/分館/工芸・東洋館)の入場料は一般1,300円、大学生800円、高校・中学・小学生500円。合わせていく場合、大学生以上であればセット券がお得ですね。

大原美術館でセット券を購入する場合のみ、クレジットカード払いもできます。

大原美術館 ~ 見どころは?モネ、エル・グレコなど有名作品だけじゃない、常に進化し続ける美術館

おわりに

有隣荘 2階からの眺め

特徴的な外観で目を引く「有隣荘」は、和洋折衷の建築と、豊かな庭園と、リッチな眺めが堪能できる、素晴らしい場所でした。

内部が見られる貴重な機会に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

大原美術館 有隣荘のデータ

有隣荘 外観
名前大原美術館 有隣荘
地域
施設の分類
所要時間
所在地倉敷市中央1-3-18
電話番号086-422-0005
駐車場なし
開館時間通常は外観のみ見学可能。
2018年10月19日(金)~11月4日(日)は、午前10時~午後4時30分でした。
※午後4時入場締切
※会期中無休
休館日不定休
入館料(税込)【有隣荘入場料】
大人:1,000円
学生:500円

【セット券】
※有隣荘と大原美術館(本館/分館/工芸・東洋館)に入場できます
大人:1,800円
学生:1,000円
支払い方法現金
※大原美術館でセット券を購入する場合のみ、クレジットカード払いが可能
予約の可否不可
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ大原美術館公式ページ

吉野なこ

吉野なこ

写真と旅を愛する、倉敷そだちのデザイナー。
倉敷のときめくものや素敵なところをお届けします!

有隣荘 外観

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。