倉敷とことこ 「倉敷の今」を伝えるWEBメディア
築山製パン所 〜 大正元年創業の岡山県屈指の老舗パン屋。「ケシパン」は”こしあん”にこだわる創業からの名物

築山製パン所 〜 大正元年創業の岡山県屈指の老舗パン屋。「ケシパン」は”こしあん”にこだわる創業からの名物

食品 , グルメ / 2020.10.10

21世紀になり、昭和の時代に比べオシャレな個人経営のパン屋さんが増えたと思いませんか?

いろいろなおいしい焼きたてパンが並ぶパン屋さんは、いいですよね。

でも、昔懐かしのクラシカルなデザインの袋に入った菓子パンを売っている店もノスタルジーを感じられ、惹かれませんか。

そんな懐かしい雰囲気の”街の小さなパン工場”のようなパン屋が、倉敷市玉島地区にあります。

それは「築山製パン所 (つきやま せいぱんじょ)」です。

築山製パン所は、タテソースの豊島屋や、おはぎ専門店のやまと、手づくりコロッケ南田支店など、老舗が並ぶ通りにあります。

築山製パン所は、なんと創業から100年を超える歴史があるパン屋なのです。

長年にわたり、懐かしいデザインのパッケージや、素朴な味わいのさまざまなパンをつくっています。

なかでも創業時からの名物「ケシパン」は、大人から子供までファンも多く、玉島住民のソウルフード的な存在です。

そんな老舗のパン屋・築山製パン所の魅力を紐解いてきましょう。

Ads by Yahoo! JAPAN

道順を確認

築山製パン所は大正元年創業の老舗パン屋

築山製パン所:外観

築山製パン所は、大正元年(1912年)に創業しました。
なんと100年以上の歴史を誇る、岡山県内でも有数の老舗パン屋です。

実は創業地は大阪で、玉島に移ったのは戦後となります。

以来、地元・玉島を中心に愛され、昔からのお客さんからは「築山パン」と呼ばれるなどして親しまれているのです。

▼外観も昔ながらの”街のパン工場”といった、たたずまい。

築山製パン所:外観

▼入口をくぐると、小さな販売スペースがあります。

築山製パン所:店内

▼その隣の部屋は、パンをつくっている工房です。

築山製パン所:工房

ここで人気のパンの数々が製造されています。

築山製パン所:工房

工房では、焼きたてのパンの香ばしく甘い良い香りが立ちこめていました。

築山製パン所:工房

従業員のみなさんが黙々とパンを製造し、袋詰めをしていきます。

築山製パン所:工房

▼おいしそうなできたてのパンが、たくさん並んでいました。

築山製パン所:工房

▼築山製パン所の看板商品は「ケシパン」です。

築山製パン所:ケシパン

創業以来の商品で、今でも圧倒的に一番人気のパンだそう。

築山製パン所:ケシパン

築山製パン所といえば、イコール「ケシパン」といってもいいほどです。

築山製パン所のパンは玉島周辺のスーパーなどで買える

築山製パン所は、玉島とその周辺のスーパーマーケットや商店にパンを卸すのが本業です。

玉島周辺のスーパーなどに行ってみると、築山のパンを販売している店があります。

ほかにも山陽自動車道の道口パーキングエリアでも築山のパンを扱っているので、気になる場合は行ってみてください。

さらに築山製パン所は卸(おろし)が本業ですが、築山製パン所の店内でもパンを購入できます。

▼築山製パン所の店内はこぢんまりとしており、陳列しているパンは一部のみ。

築山製パン所:商品

欲しいパンが陳列されていなかったら、従業員に伝えましょう。

築山製パン所:商品

横の工房からパンを持ってきてくれます。
タイミングがよければ、焼きたてをゲットできるかもしれません。

ただし、売り切れの場合もあります。

なお、もし従業員が近くにいない場合は、入口のインターフォンを鳴らしてみてください。

▼ちなみに陳列棚の上には、築山製パン所がつくっているパンの一覧表があります。

築山製パン所:商品一覧

注文するときの参考にしてください。

たくさんあって、迷ってしまいそうです。

築山製パン所のパン

築山製パン所:商品
令和2年(2020年)9月現在の情報。 価格は消費税込

築山製パン所では、たくさんの種類のパンをつくっています。

しかも「ケシパン」が1袋 235円(消費税込)、それ以外のパンは一律で1袋 105円(消費税込)!
リーズナブルで驚きです。

さらにどのパンも、包装のデザインが昭和中期を思わせる、懐かしい雰囲気のクラシカルなデザインなのにも惹かれてしまいます。

どのパンも気になるところですが、そのなかから人気のパン・おすすめのパンを紹介しましょう。

「ケシパン」は創業時からの人気商品

築山製パン所:ケシパン

築山といえば「ケシパン」!
それほど愛されている、築山製パン所の定番商品がケシパンです。

▼ケシパンは、小ぶりで球状のパン。

築山製パン所:ケシパン

直系は約6.5センチメートル、高さ約4センチメートルです。

▼1袋に5個、縦に並んで袋に詰められています。

築山製パン所:ケシパン

この入れ方も懐かしい感じがしていいではありませんか。

▼ケシパンの名前の由来は、パンの上部にケシ(芥子)の実が振りかけられているから。

築山製パン所:ケシパン

ケシパンを持ってみると、小ぶりのわりに意外とズッシリと重みが!
その理由は、食べてみるとわかります。

ケシパンを食べると、生地はフワッとしていました。

▼そしてケシパンの中には、こしあんがギッシリと詰まっているのです。

築山製パン所:ケシパン

築山製パン所では創業以来、こしあんの味わいにこだわっています。

こしあんはなめらかな舌触りで、甘すぎずちょうどよいです。
昔なつかしい感じの素朴な甘さがクセになります。

そこへケシの実のプチプチとした食感と香ばしさ。
これがいいアクセントになっています。

本当にちょうどいい甘さと舌触りのあんなので、まだまだ欲しくなります。

ケシパンは、小ぶりながら重量級の味わいが楽しめるパンです。

サイズ的にも小ぶりなので、子供のおやつにもピッタリではないでしょうか。

「揚げパン」は生地の味わいとこしあんのハーモニーがクセに

築山製パン所:揚げパン

揚げパン」もおすすめです。

築山製パン所の揚げパンは、独特のラグビーボール型をしています。

揚げているのでしつこいイメージがありますが、食べてみると案外しつこくなく、食べやすいです。

▼生地は厚めでフンワリしており、中にこしあんがタップリと入っています。

築山製パン所:揚げパン

実はこのこしあん、ケシパンに入っているのと同じこしあんだそうです。

でも、パンが変わると味わいがちょっと違うように錯覚します。

揚げられたパン生地の風味と、こしあんのなめらかな舌触りと甘みのハーモニーがクセになってしまいそう。

ちなみに揚げパンを電子レンジやオーブントースターなどで少し温めると、風味が増しておいしいです。

「メロンパン」の中にはバタークリームが

築山製パン所:メロンパン

クラシカルなデザインの袋がおもしろい、築山製パン所の「デリシャス メロンパン」。

▼一般的にメロンパンはドーム状のものが多いと思いますが、築山製パン所のメロンパンはやや変形のドーム型をしています。

築山製パン所:メロンパン

▼そして表面の筋模様がハッキリとしているのも印象的です。

築山製パン所:メロンパン

築山のメロンパンを食べると、サクサクとした食感と甘い風味が口の中に広がり、メロンパンらしい味わい。

築山製パン所:メロンパン

中の生地はフカフカです。

▼さらに、なんとパンの中にはバタークリームが入っているではありませんか!

築山製パン所:メロンパン

クリーム入りのメロンパンはめずらしく、豪華です。

築山製パン所:メロンパン

築山のメロンパンは、バタークリームの風味とやさしい甘さもポイントになっていると思いました。

「クリームパン」のカスタードはリッチでとろけるような味わい

築山製パン所:クリームパン

菓子パンの定番のひとつ「クリームパン」も築山製パン所はつくっています。

▼築山のクリームパンは、ちょっと独特の形です。

築山製パン所:クリームパン

そして生地は、とてもフンワリとしています。

▼パンの中には、黄色いカスタードクリームがタップリ。

築山製パン所:クリームパン

カスタードクリームはトロリとしたとろけるような舌触りで、リッチでコクのある甘さです。

どこか懐かしい味わいの、クセになるカスタードクリームだと思いました。

「チョコ&バター」はチョコクリームとバタークリームの両方楽しめてお得

チョコ&バター」は、実はファンの多い商品。

築山製パン所:チョコ&バター

▼見た目は、コロネのような渦巻状のパンです。

築山製パン所:チョコ&バター

商品名のとおり、パンの中は片側にチョコクリーム、もう片側にバタークリームが半分ずつ入っています。

築山製パン所:チョコ&バター
築山製パン所:チョコ&バター

これは、ちょっと得した気分になりませんか?

片方ずつの端の穴から、それぞれのクリームが見えています。

▼チョコクリームはチョコの風味がしっかりと感じられ、グッとくる甘さが特徴的でした。

築山製パン所:チョコ&バター

▼いっぽうバタークリームは、バターの風味がほんのりとするやさしい甘さです。

築山製パン所:チョコ&バター

チョコ&バターは、2つの味が一度に楽しめるお得なパンだと思います。

「カレーパン」は揚げておらず、中のカレーは絶妙な味

築山製パン所:カレーパン

築山製パン所は「カレーパン」もつくっています。

▼ドーム型をしたカレーパンです。

築山製パン所:カレーパン

そしてカレーパンといえば揚げている印象が強いですが、築山製パン所では、カレーパンを揚げず、焼いています。

店の話では、昔は揚げたカレーパンを出していましたが、現在のような焼きカレーパンに変えたそうです。

カレーパンの生地は厚みがあって、フンワリとしていました。

▼そして中のカレーは甘みがありながら、ほのかな酸味もあります。

築山製パン所:カレーパン

ピリ辛感はあまりしませんでした。

▼具材もタップリで、肉感もあっておいしいです。

築山製パン所:カレーパン

しかも、揚げていないので食べやすい。

築山のカレーパンは、2個目もペロリといけそうでした。

大正元年から、人気のケシパンをはじめとするさまざまなパンを製造してきた築山製パン所。

地元・玉島ではソウルフードといってもいいほど、住民のあいだで愛されています。

そんな築山製パン所の代表・築山 政美 (つきやま まさみ)さんにインタビューをしました。

インタビューを読む

築山製パン所のデータ

築山製パン所:外観
名前築山製パン所
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
消費税込
住所岡山県倉敷市玉島中央町1丁目5-8
電話番号086-522-3608
駐車場なし
営業時間午後1時〜午後3時
夜間営業
定休日水、日、祝日
支払い方法
  • 現金
予約の可否
電話にて商品の取り置き可能
座席なし
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー

Ads by Yahoo! JAPAN
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。倉敷観光に深みとコクをあたえます!岡山県から広島県東部までの"吉備エリア"の情報サイト『きびナビ』を運営。

築山製パン所:ケシパン

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 買っとこ
  • 食品
  • 築山製パン所 〜 大正元年創業の岡山県屈指の老舗パン屋。「ケシパン」は"こしあん"にこだわる創業からの名物