とら醤油 〜 幕末より倉敷市民の台所を支える老舗。商品を通じて家族団らんを創り地域を元気に

知っとこ
倉敷美観地区から北西へ約2.5キロメートル。 岡山県三大河川のひとつ・高梁川(たかはしがわ)の近くにある醤油醸造所「とら醤油」は、倉敷市内でも有数の老舗企業です。 トラの顔のマークは、倉敷だけでなく岡山県内ではおなじみ。 筆者の生家で...・・・続きを読む

第13回倉敷春宵あかり2019 ~ ライトアップされた白壁のまち、新たな魅力に出逢える夜あるき

イベント情報
倉敷美観地区の夜を和のあかりで彩る「倉敷春宵あかり」。 緑の瓦の邸宅が素敵な有隣荘の前に並べられる和傘あかりや、倉敷物語館の庭や長屋門前に展示される切子あかりなど、美観地区の景観と調和するあかりたち。 また、その年ごとに工夫を凝らしたあ...・・・続きを読む

第16回倉敷雛めぐり2019 〜 たくさんのお雛さまと出会う華やかな春イベント

イベント情報
倉敷市内の施設・お店・ギャラリー・旅館などで、雛人形の展示を行う「倉敷雛めぐり」。春を感じられるイベントとして、親しまれています。 梅の花がほころび春の気配を感じるころ、モデルのアリスさんと、「倉敷雛めぐり」会場の一部をめぐりました。 ...・・・続きを読む

大原美術館 ~ 見どころは?モネ、エル・グレコなど有名作品だけじゃない、常に進化し続ける美術館

観光
倉敷が誇る、大原美術館。 わたしはアートが大好きで全国の美術館を訪れています。その中でも大原美術館は、特に好きな美術館のひとつです。 西洋美術から現代の国内外の作品まで、素晴らしい作品が展示されています。 しかし、大原美術館の魅力はそ...・・・続きを読む

春の美観地区で魅力発見!第1回「倉敷とことこ交流会」を4月6日に倉敷美観地区「カモ井」で開催します

くらとこからのお知らせ
いつも「倉敷とことこ」をご覧いただき、ありがとうございます。 2018年7月の西日本豪雨をきっかけに「倉敷とことこ(略称:くらとこ)」が立ち上がり、美観地区と真備町の情報を発信しながら、少しずつ「倉敷とことこ」を応援してくださるかたが増え...・・・続きを読む

真備復興希望のともしび ~ 平成30年7月豪雨をふりかえり、未来への願いをこめたあかりをともそう

知っとこ
2018年7月7日に発生した「平成30年7月豪雨」。 岡山県倉敷市真備町では、死者51名、全半壊した住宅は約5,000棟と、甚大な被害があり2019年3月現在も復興向けてさまざまな活動が行われています。 発災直後は、住民のかた・各種支援...・・・続きを読む

日本遺産 倉敷宝探し 〜 美観地区界隈をめぐる謎解きイベント【終了】

イベント情報
「日本遺産 倉敷宝探し」は、倉敷美観地区周辺を舞台におこなわれる無料イベントです。 2019年2月9日(土曜日)から同年3月17日(日曜日)まで毎日開催されていました。 倉敷市内には「一輪の綿花から始まる倉敷物語 ~和と洋が織りなす繊維...・・・続きを読む

倉敷物語館 ~ 美観地区の魅力を伝える、出会いと交流の場

観光
倉敷美観地区の入り口に位置し、江戸時代から受け継がれた長屋門が見事な場所を知っていますか? 2019年に開館10周年を迎えた「倉敷物語館」は、美観地区を観光で訪れた際に最初に寄っていただきたい場所です! 3月に行われる「春宵あかり」や、...・・・続きを読む

復興を支える若いチカラ、船橋から真備へ。7ヶ月滞在したボランティア ~ 佐々木傑さんインタビュー

知っとこ
美観地区の花形職人「人力車の車夫(しゃふ)」として働きながら、倉敷市真備町でボランティアを続ける佐々木傑(ささき すぐる)さん。 千葉県船橋市出身の現役大学生でもある佐々木さんは、2018年7月から2019年2月までほぼ真備町に滞在し、一...・・・続きを読む

キャンドルフェアリー 〜 美観地区の近くで世界に一つだけの手作りキャンドル体験ができるお店

体験
『キャンドルフェアリー』は、オリジナルキャンドルの手作り体験ができるお店です。 2017年3月に、12年間の営業を終えた倉敷アイビースクエアの「CandleWorld(キャンドルワールド)アンテナショップ」が行っていた、「手づくりキャンド...・・・続きを読む